IT

フリーランスエンジニアとして在宅ワークする方法[効果的な3つの手法]

在宅ワークしたい人
在宅ワークしたい人
在宅で仕事したいけどフリーランスエンジニアになれば実現するのかなぁ?実現するとして自分に向いているのかどれくらい稼げるのか知りたいな。

会社勤めや朝晩の満員電車が嫌になった方で上記のように考える方多いのではないでしょうか?

僕も在宅でのフリーランスエンジニアに憧れはありまして、現時点は常駐型でフリーランスエンジニアとして5年ほど働いているのですが、年内には在宅・ノマドワーク化していく予定で動いています。

今回はフリーランスエンジニアとしてどうすれば在宅ワークできるのか、どれくらい稼げるのかなど夢の在宅ワークに向けて実現可能なことを現実的に紹介します。

結論から言うと、初めてフリーランスエンジニアになって在宅で仕事をするのはスキルか営業力が必要です。逆に言うとスキルと営業力を併せ持っていれば初めてフリーランスになる方でも在宅で年収600万とか余裕でいけます。
※スキルは実績込で必要

もしスキルや営業力が自信ないという方はエージェント経由で常駐型のフリーランスエンジニアになることをおすすめします。本記事では下記目次の流れでフリーランスエンジニアとして在宅ワークするためのポイントを紹介していきます。

 

フリーランスエンジニアで在宅ワークを実現する方法

フリーランスエンジニアで在宅ワークを実現すると一口に言っても、人それぞれ経験やステージが違うのでアプローチの仕方が変わってきます。ここでは下記3分類に分けて在宅ワークを実現する方法を見ていきます。

  • 営業力に自信有りの人
  • 実績含むスキルに自信有りの人
  • 営業力もスキルも自信なしの人

フリーランスエンジニアで在宅ワーク実現方法①:営業力に自信有りの人

営業力に自信のある方は在宅ワークできる仕事を直接顧客より受注してしまえばOKです。一つ注意点としては営業力に自信があって受けた仕事をしっかりこなせるスキルは最低限必要になってきます。

また直接顧客から仕事を受注すると言ってもどうすれば受注できるか疑問に持つ方もいるかと思います。大きく2つ方法がありまして、【元々の知り合い経由でコネクションを作る】と【新たな人脈からコネクションを作る】です。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで探すと言う方法もありますが、これに関しては次に紹介するスキルがかなり求められるので中途半端なスキルの方はおすすめしません。

元々の知り合い経由でコネクションを作る方は、今まで知り合った方…今勤めている会社でもなんでも良いですが、仕事をお願いしたいと思っている人とあなたが求めるスキルが合えば必然的にマッチしていきます。その時在宅ワークで担える代表的なものは後述する「在宅ワークで活躍する言語やスキル」の通りです。

「新たな人脈からコネクションを作る」に関しては、主に東京では色々なところでIT系の交流会や勉強会がやっているので、そこに参加してみると良いです。色々な人と出会えますし、中には仕事出来る方を探してる人もいます。

フリーランスエンジニアで在宅ワーク実現方法②:実績含むスキル自信有りの人

スキルに自信があって、これまでに仕事としての実績もある方についてはクラウドソーシングで仕事を受注するのが良いですね。最初は比較的安価になってしまいますが、一度仕事を受注してその顧客と信頼関係が築いていければ単価も上がりますし、年収1千万円も夢ではないと思います。

代表的なクラウドソーシングはクラウドワークスとランサーズがありまして、両方掲載されている案件もありますが、中には片方にしか掲載されていない案件もあるので両方登録するのがおすすめです。

フリーランスエンジニアで在宅ワーク実現方法③:営業力もスキルも自信なしの人

営業力やスキルも自信がない人、元々の僕と同じタイプですね。

このタイプの方が在宅でフリーランスエンジニアになるにはまず自分の強みと言える分野の力をつけることです。力をつける内容のおすすめは後述しますが、力をつける方法は色々とあります。会社員として力をつけていっても良いですし、思い切ってフリーランスになってしまって常駐型案件からチャレンジする、副業として小さく初めてみるなどです。

僕は思い切ってフリーランスになって、かつ副業で色々と力をつけてきたのですが、力をつけると色々と選択肢が増えてくるので生きやすい世の中になってきます。個人的にはMidworksギークスジョブでフリーランスとして仕事をやりつつ、副業かプログラミングスクールで力をつけていくのがおすすめです。

※副業はスキルある方同様クラウドソーシングで探せばOK

2年ほど仕事を通じて在宅ワークできるようなスキルを身につければ十分在宅ワークで稼いでいけるようになるので、まずは力をつけていくことをおすすめします。

 

フリーランスエンジニアとして在宅ワークで活躍する言語やスキル

フリーランスエンジニアとして在宅ワークするための道筋を3通り紹介しましたが、闇雲にやっても在宅ワークはできません。

在宅ワークに向いた言語やスキルがあります。今後ITに業界も変化していくことを顧みても下記の言語やスキルを身につければ通用していく人材になれます。

在宅ワーク対応の言語
  • Java
  • Ruby
  • PHP
  • Python
在宅ワーク対応のスキル
  • 最低限のコミュニケーション能力
  • Webマーケティング
  • Webデザイン

上記のような言語やスキルができると強いなと思うのですが、在宅であれど最低限のコミュニケーション能力がないと円滑に仕事を進める上で弊害になってしまうので最低限は必要です。上記の言語に関してはWebアプリケーションなどを開発する上で必要なスキルでして、C言語やVBAなど常駐型の案件で使えても在宅で使えない言語があります。

Web系の言語は無料で学ぶことができまして、GEEK JOBなどがおすすめです。その他もプログラミングスクールは下記にまとめてあるので参考にしてみてください。

プログラミングスクール(教室)のおすすめ比較!無料/有料1社厳選SE歴9年の経験からおすすめのプログラミングスクールを紹介します。有料4社と無料3社を比較しつつおすすめする教室を紹介しているので参考になれば幸いです。プログラミングできると人生変わる可能性大です。...

Webデザインなどは今後インフルエンサーが仕事を外注することも増えてくるので仕事のチャンスは増えてきます。僕はまだインフルエンサーとは言えないですが、デザインセンスとか乏しい人は結構多いです。

 

フリーランスエンジニアで在宅ワークするためのまとめ

ここまで見て頂いたようにフリーランスエンジニアで在宅ワークするためには各経験やスキルによってアプローチの仕方が違います。まとめると下記になります。

  • 営業力に自信有りの人→元々の知り合いや新しく出会った人脈のコネクションで仕事を受注すればOK
  • 実績含むスキルに自信有りの人→クラウドワークスランサーズで仕事を受注しつつ関係を築いて単価を上げていく
  • 営業力もスキルも自信なしの人→Midworksギークスジョブでフリーランスとして働きつつ、プログラミングスクールやクラウドワークスやランサーズで週末できる案件を探して力をつけていく

各経験やスキルでそれぞれチャレンジしていく必要があると思いますが動かないことには始まりません。今はチャレンジと思うことも経験を積んでいくと大したことなくなってきます。

夢の在宅ワークするためにも今すぐ動いていきましょう!

ABOUT ME
ptnimz
凡人でも変化できることを証していきたいと思いながら生きています!新卒で某SIerにSEとして就職→4年後にフリーランスSE→昨年5月に結婚→公私ともに順調な生活。来年法人化するに向けてブログやコンサルとしての仕事を頑張っています。 こんな人 長野県出身東京育ち在住/31歳/フリーランスSE 趣味→飲食店開拓,猫観察,野球,自己啓発(読書,人間関係中心)