フリーランス

悲報:フリーランスエンジニアになるなら地方はオススメしない

地方でフリーランスエンジニアはオススメしません
フリーランスになりたい人
フリーランスになりたい人
  • フリーランスエンジニアになるのに地方は良いだろうか?
  • 地方でフリーランスエンジニアになる上でなにを意識すべきだろう?

地方在住の方や地方へ移住を計画していて、フリーランスエンジニアになろうと思っている方もいるかと思います。
ただ悲報ですが、フリーランス歴6年の経験から言って地方でフリーランスエンジニアになるのはオススメできません。

ミツキ
ミツキ
というわけで本記事はフリーランス歴6年のミツキが解説していきます。

僕はこれまでエンジニアを9年・Webマーケターを2年ほどやってきました。
ずっと東京で仕事をしてきて、地方への移住も検討しなかったわけではないですが、現時点で地方で仕事をすることは考えていません。

地方でフリーランスエンジニアをやるのがオススメできない最大の理由は2つありますが、状況によっては地方で仕事をせざる得ない方もいるかと思います。
なので、本記事では地方がオススメできない理由を解説しつつ、地方で生き抜くなら心得ておくべきことについても紹介していきます。

\地方なら登録必須のフリーランス向けエージェントPe-BANK/

フリーランスエンジニアは地方でやるのはオススメしない2つの最大の理由

それでは、まず始めに地方でフリーランスエンジニアをやるのがオススメしない理由を2つ紹介していきます。

1.圧倒的に仕事が少なく単価が低い

まず一つ目の理由は仕事が少ない上に、仕事があっても単価が低いという点です。
フリーランス向けのエージェントに登録すると本当に実感するのですが、地方の案件は限りなく少ないです。

実際にフリーランス向けの求人情報を一番多く掲載しているフリーランススタートで検索すると下記の通りとなっています。(2020年8月29日時点)

北海道・東北
  • 北海道 (522)
  • 青森県 (4)
  • 岩手県 (3)
  • 宮城県 (197)
  • 秋田県 (55)
  • 山形県 (1)
  • 福島県 (98)
甲信越・北陸
  • 新潟県 (25)
  • 富山県 (18)
  • 石川県 (5)
  • 福井県 (2)
  • 山梨県 (1)
  • 長野県 (64)
東海
  • 愛知県 (667)
  • 岐阜県 (8)
  • 静岡県 (87)
  • 三重県 (35)
関西
  • 大阪府 (18,022)
  • 滋賀県 (270)
  • 京都府 (1,925)
  • 兵庫県 (3,362)
  • 奈良県 (28)
  • 和歌山県 (36)
中国・四国
  • 鳥取県 (12)
  • 島根県 (4)
  • 岡山県 (101)
  • 広島県 (442)
  • 山口県 (8)
  • 徳島県 (3)
  • 香川県 (23)
  • 愛媛県 (8)
  • 高知県 (1)
九州・沖縄
  • 福岡県 (3,687)
  • 佐賀県 (14)
  • 長崎県 (34)
  • 熊本県 (32)
  • 大分県 (12)
  • 宮崎県 (1)
  • 鹿児島県 (3)
  • 沖縄県 (13)

大阪も少なくないですが、東京は138,296件と桁違いです。
単価に関しても、東京と比べると地方の方が10万円以上低いです。

フリーランス向けの案件=上記のフリーランススタートの案件が全てというわけではないですが、他の求人サイトを見ても地方の案件は少ないと言えます。

「地方の案件がなくても、リモートの案件を見つければ良いんじゃないか?」と思う方もいるかと思います。
ただ、残念なことに新型コロナウイルスの影響でリモート案件は増えたものの、未だに常駐案件が多いというのが実情です。

2.スキルアップしづらい

続いて2つ目の理由としては、スキルアップがしづらいという点があります。
逆に東京だと、下記の要素によりスキルアップがしやすいです。

  • 周りの人が全体的にスキルが高い
  • 交流会や勉強会が毎日のように開催されている

もちろん、スキルアップできるかは個人のやる気次第となりますが、地方よりは圧倒的にスキルアップしやすい環境が整っています。
フリーランス未経験の方やエンジニア経験が少ない方は、特に若いうちにしっかりとスキルを積み上げることができるかはその後の人生に大きく影響します。

なので、スキルをしっかりと身につけたいという方は少なくとも若いうちは東京、もしくは大阪で働くことをオススメします。

それでも地方でフリーランスエンジニアをやる上で収入を安定化させる方法

とはいえ、こどもの学校の関係や家族の介護など様々な要因で地方で働かないといけない方もいると思います。
なので、地方でフリーランスエンジニアをやる上で収入を安定させるための方法を4つ紹介します。

地方に強いフリーランスエージェントに登録する

まず一つ目は地方に強いフリーランスエージェントに登録するという方法です。
地方に強いフリーランス向けのエージェントは下記で紹介しています。

フリーランスエージェント
フリーランスエージェントおすすめ16選と選び方の注意ポイントフリーランス向けのエージェントについて、選び方やおすすめの16社を紹介!エンジニア/Webマーケターとしてフリーランス6年の経験・口コミを元にした選りすぐりです。本記事を見れば登録すべきエージェントがわかります。...

地方に強いフリーランスエージェント

一番オススメは地方展開の先駆けとなった、PE-BANKです。
今となっては、フリーランス向けエージェントの大手のレバテックフリーランスやギークスジョブも大阪や名古屋などの主要都市に展開していますが、一番早かったのはPE-BANKです。

なので、地方の企業から一番信頼を集めているエージェントと言っても良いでしょう。

フリーランス向けの案件サイトでリモート可能な案件を探す

続いて、2つ目の方法はフリーランス向けの案件サイトでリモート可能な案件を探すという方法です。
フリーランス向けのエージェントの大半は常駐がほとんどですが、エージェントのクラウドテックや案件サイトであればリモート可能な案件もあります。

僕は現在フルリモートで週3日の案件をもらっているのですが、上記の3つ目のAnother Worksにて仕事を獲得しました。
地方に強いエージェントを使う場合もそうですが、次に挙げる自分で仕事を見つけるよりも仕事は安定しやすいです。

フリーランスは途中で収入が止まらないかというのが懸念する部分かと思います。
ただし、エージェントなどで代わりに仕事を探してもらえるサービスは契約が切れる前から仕事を探してもらうことができます。

地方の中小企業へ直接営業する

東京や大阪の場合、企業も人材を探す際に求人サイトやエージェントに求人情報を出すのが主流ですが、地方の場合は求人情報を出す余裕がない企業もあります。
求人情報を求人サイトやエージェントに出すと数十万~数百万円取られることもありますからね…。

なので、求人情報を出す余裕がないものの人材を探している企業があれば、そういった企業に営業をすることで高確率で仕事をもらえます。

ここで一つワンポイントアドバイスとして、直接企業へ営業をするのもありですし、人づてで紹介してもらうのもありです。
実際に僕は直接仕事を受けていたものの多くは人づてでもらった仕事でした。

「自分は○○○ができる」と周りの人に伝えておくだけでも、なにかのきっかけで仕事に繋がることもあるので、積極的に周りに伝えておくのは大事ですね。

仕事は一つではなく案件を掛け持ちする

最後に大事なこととして、案件を掛け持ちするというのがあります。
下記記事でも解説しているのですが、仕事を安定させるには仕事を掛け持ちするのが不可欠です。

フリーランスはエージェント使わない/案件掛け持ちをゴールにせよフリーランスとして生きるならエージェントを使わない、複数案件を掛け持ちするのを一つの目標とすると良いです。その際にエージェントの違法行為に注意しつつ断り方も大事。フリーランスとして生きる上で重要なことを解説しています。...

一つの仕事に依存していると、仮になにかのタイミングで契約が終わった際に収入がゼロになってしまいます。
実際に新型コロナウイルスの影響で職を追われた人も少なくないと思います。

・・・僕もコロナ前は1社に依存していましたが、その会社がコロナの影響をかなり影響を受けてしまったことで契約が終了となりました…。
そういった不測の事態に備えるためにも複数の仕事を掛け持ちしてやっている方が仕事が安定します。

自信がないなら地方はあきらめて主要都市でフリーランスエンジニアになろう

地方でフリーランスエンジニアとして仕事を獲得する方法を紹介しましたが、正直東京や大阪などの主要都市に比べると仕事を見つけるハードルは高いです。
周りに一人もエンジニアがいないならまだしも、他にもエンジニアがいる場合は必ずスキルや営業力などで競争になってしまいます。

東京や大阪でも競争がないわけではないですが、需要が多いので供給が間に合わない時期もあります。
なので、東京や大阪であればロースキルの方であっても仕事を受注することが可能です。

実際に僕も現在受けている仕事に関しては、ほとんど実務経験なしなので、かなりのロースキルで仕事を受けていることになります。

ちなみに、東京や大阪でフリーランスエンジニアをやるのであれば、下記3社のエージェントに登録をしておけば仕事を受注できる可能性が高いです。

詳細は下記の記事にて解説をしています。

フリーランスエージェント
フリーランスエージェントおすすめ16選と選び方の注意ポイントフリーランス向けのエージェントについて、選び方やおすすめの16社を紹介!エンジニア/Webマーケターとしてフリーランス6年の経験・口コミを元にした選りすぐりです。本記事を見れば登録すべきエージェントがわかります。...

まとめ

今回は地方でフリーランスエンジニアをやることについての考え方や仕事の獲得方法について解説をしてきました。
繰り返しとなりますが、フリーランスエンジニアとして下記のように考えている方は東京や大阪で仕事をすることをオススメします。

  • 安定して収入を稼ぎたい
  • しっかりスキルアップしていきたい

東京や大阪で仕事をする場合に関しても、最初はエージェントを使うのが良いです。
特にフリーランス初心者の方はフリーランス生活に慣れるのに時間がかかるため、仕事以外の部分で変なわずらわしさをなくすのにエージェントを使うのが効果的だからです。

上記でもあげたように下記3社に登録して、あなたの理想が叶えられる仕事を選ぶようにしましょう!

※エージェントは複数社の登録がオススメです。

フリーランスエージェントに複数登録せずに搾取された話【実話】フリーランスエージェントは複数登録しないとエージェントに搾取されます。その理由について解説をしつつ、逆に複数登録することでどのようなメリットがあるのかを実体験を元に解説しています。フリーランスで搾取されたくない方は参考にしてみてください。...
SEライフログの人気記事