IT

SEは文系で未経験でもできるか?【結論】問題ないことを経験から解説

SEは理系の仕事で自分には関係ないと下記のように考えている方多いのではないでしょうか?

SEは文系の未経験者には難しいでしょ?活躍できるようなことありえない気がする。

結論から言うと文系出身の未経験者でもSEとして活躍していく余地は十二分にあります!むしろ、時によっては理系の方よりも活躍することだってあるんです♪

と書いている僕はIT業界でSEとして、会社員で4年、フリーランスで4年半働いていますが、大学の専攻は経営学科でした。元々パソコンは好きでしたが、仕事として使うSEの知識はほぼ0の未経験の状態で社会に出て日々勉強しながらお仕事させて頂いています♪

そして31歳の現時点(2018/10/27)で年収は600万円を超えています。

 

ガメラ
ガメラ
過去の経歴ってそんなに関係ないんだね!
プトニムズ
プトニムズ
うん、具体的なところを詳しく見ていくね。

 

 

文系出身の未経験者がSEとして活躍できる理由

冒頭に文系出身の未経験でもSEとして活躍していく余地は十二分にあり、特には文系出身の方が活躍することがあると書きましたが、まずはその理由を見ていきます!

①スキルも大事だがコミュニケーション能力も重要

IT業界とかSEの仕事をイメージするとずっと無言でパソコンをカタカタしながら仕事やってそう・・・という印象を持っている方もいるかと思いますが、SEの仕事が全部が全部そういう感じではありません。

SEと言っても幅広く、お客様とシステムの要件を刷り合わせる仕事からプログラミングを書いたりテストをしたりといろいろな仕事があります!いろいろな仕事ありますが、どんな仕事でも最低限のコミュニケーション能力は必須です!

僕の体感ですが、コミュニケーション能力は理系出身の方より文系出身の方のほうが長けているのではないでしょうか。単純に僕の周りの理系出身の方がコミュニケーション苦手な人が多いだけかもしれませんが…。

ガメラ
ガメラ
あれっ、プトニムズは文系出身だけどコミュニケーション苦手じゃなかったっけ?
プトニムズ
プトニムズ
うん、ご察知の通り(笑) スキルもコミュニケーションもできなかったら両方頑張る必要があるね。

でも一般的に文系出身の方がコミュニケーション能力高いからその点でアドバンテージあるよ。

 

②相手の立場で考えられる

コミュニケーション能力に関連しますが、SEとして働いているとお客様が一般企業の情報システム部門であることもあれば、ITに疎い文系の方ということもあります。

その時にいかにお客様にわかっていただけるように話を進められるかは文系出身の方のほうがはるかに優位です♪理系の方がついついやりがちなのは専門用語を連発してしまうというのがありますが、専門用語使って話を進めていたけど実はお客様にまったく理解頂けてなかったなんてことも珍しくないです。

ガメラ
ガメラ
お客さんはシステムに詳しい人が多いんじゃないの?
プトニムズ
プトニムズ
ううん、そうとも限らないよ。実際僕の経験から解説するね。

前の会社のとき、複数のお客さんを受け持ってたのはもう話したかな?その中で、情報システム部門で細部に渡って僕よりも詳しい人もいることにはいた。

でも大体はたまたまシステムの管理をする部署にいるからSEである僕たちと話す必要があるというお客さんが多いのが現実。10社受け持ってたうちの8社はITに疎い方だったかな。

 

SEとして活躍するために心得ておくべきこと(文系や未経験は関係なし!)

ここまで文系の方がSEとして活躍できる理由を書いてきましたが、ここではSEとして働いていく上で心得ておくべきことを書いていきます。入社時は理系の方のほうがアドバンテージあるかもしれませんが、それは微差です。ここで紹介することをしっかり実践すればすぐに差を縮めて抜くことだってできちゃいます♪

①最後までやり遂げる気持ち

まず何事においても大事だと思いますが、最後までやり遂げる気持ちは大切です!文系からITへ挑戦すると途中で心が折れることもありますが、そういう時でもやり遂げるという意志を持っておくことが大事になってきます。

そのためには、自分が何故IT業界で働きたいのか、SEとして働きたいのかを明確にしておくことがとても重要になってきます♪

詳しくは、文系SEがついていけない時に考えるべき4ステップをSE9年目が語るをご覧下さい。

 

②新しいものを吸収する好奇心・姿勢

今までパソコンとかにあまり触れてこなかった方は特に異次元と言ってもいいような世界でのチャレンジとなります!その時に大事になるのが新しいものを吸収する好奇心であったり姿勢になります。

スポンジが水を吸収するように何事も吸収していくぞ!という姿勢でいると飲み込みは早いです!

僕は文系出身ですが、この新しいものを吸収しようという好奇心がある方なのが良かったです。そう考えると若干ミーハーな人の方が良いですね!

ガメラ
ガメラ
新しいものって言うならやっぱりAIとか勉強した方が良いの?
プトニムズ
プトニムズ
勉強できるなら絶対にした方が良い!これからはAIが何でもできる時代になるからね。Pythonとか使えるようになるとSEとしての市場価値は大分上がるよ♪

 

③学び取る気持ち

新しいものを吸収するときに大事になってくるのが学び取る気持ちです。そんなの当たり前と思われるかもしれませんが、学び取る気持ちは年上や経験ある方からのみではなく、自分より経験が浅い方や若い方からもしっかり学ぼうという姿勢がとても重要です!

社会人2年目、3年目、、、と年数を重ねたり、役職が上がるに連れてこの気持ちは段々薄れていきます。IT業界は特に技術革新が早いので若い方や経験が浅い方のほうが知識があったり斬新な知恵を持っていることも少なくありません。

謙虚に何からでも学ぼうという姿勢は仕事を吸収するにも役立ちますし、人間関係をうまく築いていく上でもとても重要な要素です♪

ガメラ
ガメラ
自分より若い人から学ぶってなんか気がすすまないなぁ…。
プトニムズ
プトニムズ
とは言ってもね、誰からも学ぶ姿勢がある人って人として魅力があるよ。僕の師匠がそうだけど。

目の前の人を敬っていく気持ちってすごい大事だと思うんだ。

 

文系出身の未経験でIT業界で働いている有名人

IT業界・SEとして働いていくことに対してイメージは湧いてきたでしょうか??

ホントに文系出身でも活躍できるの?!という方に向けて、IT業界で活躍している方を3名紹介させていただきます。どの方も文系出身で今や大企業で活躍する方になります!

三木谷浩史氏(楽天)

言わずと知れた楽天の社長ですね!一橋大学の商学部出身、且つ最初は銀行で働いていたと言うのでバリバリの文系ですね。中学生のときにスパルタ教育でノイローゼにかかったり、阪神淡路大震災で祖父母をなくされた経験などをバネに奮起して起業を決意されたようです。

公式HP→楽天株式会社 – トップメッセージ

三木谷浩史氏の本
  

 

藤田晋氏(サイバーエージェント)

アメーバブログで有名なサイバーエージェントの社長です。青山学院大学の経営学部の出身で本を読む限り元々ITに強かったわけではないみたいですね。

決めたものを達成する執着心が強いのが印象的で、その執着心と努力で当時最年少の26歳でサイバーエージェントを上場した方になります♪

公式HP→藤田晋のOwnd

藤田晋氏著の本
   

 

 

南場智子氏(DeNA)

最後に紹介するのは女性経営者の南場智子氏です。DeNAの創業者であり社長になります♪元々は津田塾大学の英文学科卒なので、ど文系出身ですね!

一時期南場さんが書かれた「不恰好経営」という本も有名になりましたし、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀などにも出演されています♪

公式HP→DeNA – 役員紹介

南場智子氏著の本
 

 

最後に

文系の方が少しでもIT業界・SEにチャレンジできるようになればと思いながら書きましたが、いかがでしたでしょうか??SEが難しいというイメージが少しでも払拭して頂けたなら幸いです!

僕は新卒の頃、配属された部署でどこからどう見ても一番仕事の出来が悪そうというところから2ヶ月経った頃には1位2位を争うくらいになりました。今やフリーランスでSEやってるなんてスゴイですねとよく言われるようになっています。

自慢と言うわけでなく、継続して努力すれば誰だってできるようになれることを伝えたくて最後に僕の経験を書かせていただきました。自分の理想の道筋にITがあるのであれば、一緒にがんばって行きましょう!!

ABOUT ME
ptnimz
凡人でも変化できることを証していきたいと思いながら生きています!新卒で某SIerにSEとして就職→4年後にフリーランスSE→昨年5月に結婚→公私ともに順調な生活。来年法人化するに向けてブログやコンサルとしての仕事を頑張っています。 こんな人 長野県出身東京育ち在住/31歳/フリーランスSE 趣味→飲食店開拓,猫観察,野球,自己啓発(読書,人間関係中心)