SEの仕事力向上

SEに将来性はない?SE9年の経験でわかるこれからやるべきこと

フリーランスWebマーケターのミツキ(@ptnimz1987)です♪

SEやってる方の中には将来に不安を持っている方も多いのではないでしょうか?僕自身も下記のような不安を抱えていました。

  • SEずっとやってて将来大丈夫なのかなぁ?
  • プログラミングできないSEで価値あるのかなぁ?
  • SEで将来も生きていく方法を知りたいなぁ?

恐らく同じような疑問を感じている方多いのではないかと思います。

僕は会社員で4年とフリーランスで5年間SEをやってきました。下記ツイートの通りSEとしてどん底も味わってきました。

社畜時代つらかったことを洗い出したら酷い😇w

✅残業は常時100時間以上/月
✅残業多い時は200時間以上/月
✅残業代は0円
✅4年勤めて給料はほぼ横ばい
✅パワハラ上司に怒られない日はなし
✅先輩はストレスでメンタルやられる
✅辞めたいと言って3回引き留められる

人生変えて良かったです😌

これだけの経験をしていたので将来が不安になるのは当たり前と言えば当たり前ですよね(笑)

上記の状態でフリーランスへ転身、会社員としてのSEとフリーランスとしてのSEの現実について知っている僕だからこそわかることについてわかりやすく解説していきます。

SEの将来性に関するポイントは下記5点です。

  1. SEの仕事自体はまだまだ需要がある
  2. 力をつけていく必要がある
  3. プログラミングができた方が良い
  4. 同じ会社でずっと働くは120%NG
  5. 会社への依存はNG

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

SEは将来性ないと不安視される原因は大きく3つ

まずはSEは将来性ないと不安視されてしまう原因を見ていきましょう。大きく3つあります。

SEの将来性が不安視される原因①クラウド化で仕事がなくなっていく

実際にSEとして働いている方は実感としてあるかと思いますが、今まで使っていたものがどんどんクラウド化されているという現実があります。僕も実際に体験したものとしては下記です。

  • サーバー→AWSなどでクラウド化
  • ExcelやWordなどのMicrosoft Office製品→Googleのスプレッドシートやドキュメント
  • HP作成ソフト:ホームページビルダー→Wordpress

上記は一例として挙げていますが、他にも数えきれないくらいのものがクラウド化されてきていると思います。

そこで不安になるのが元々クラウドでなかったシステムやソフトウェアを運用保守などしていたSEの方達の存在ですね。

上記の例でいうとサーバーやMicrosoft Office製品はまだ使用されていますが、ホームページビルダーはもう知らない人もいますよね?僕が学生時代に主流だったホームページ作成ソフトです。

ホームページビルダーも形を変えて残ってはいますが、確実に規模は小さくなっているでしょう。(元々はIBMのサービスだったが2010年に別会社へ権利が移行)

規模が小さくなると必然的に携わるSEの人数が減ってきます

ただとは言え、クラウドへ移行した先でもSEとしての仕事は残っているので、別にクラウド化で仕事がなくなるという心配は必要ありません

SEの将来性が不安視される原因②AIによって仕事がなくなっていく

続いてはAIによって仕事がなくなるという心配点です。これに関しては下記の記事で詳しく書いているので見て頂きたいですが、後述している通り生き残るSEには特徴があります。

SEの仕事はなくなる?

簡単に言うと生き残れるのは成長していくことをコミットしているSEのみですね。

SEの将来性が不安視される原因③歳取ってSEを続けるのがしんどい

SEやっていると歳を重ねた方が今でも倒れそうな状態で仕事をしている・・・なんていうのを目撃したことある方も多いかと思います。

僕の場合はでいうと、別にディスるわけではないのですが、40を越えて同じ会社に20年くらいい続けて大した役職もつかずに元気なさそうに仕事をしている方がいました。

正直全然尊敬できなかったですし、同じ時期に入った人は部長以上になっているのが当たり前だったので、誰から見ても「よく続けられるな」という感じでした。

同じような感じで歳を重ねて毎日楽しいのかよくわからず働いている方が周りにいないでしょうか?

そういう姿を見ていると将来が不安となってしまうのは当然のことですよね。

 

客観的に見たSEの将来性:SEという職種に終わりはない

SEの仕事の将来性について不安視されることについて見てきましたが、見てもらってわかる通り、SEの仕事は形が変わるかもですが残っていきます

ただ後述する将来性のあるSEの特徴を満たさない場合、SEとして生き残っていくのは正直難しいです。

特に古くからの会社で会社が体質を変えていない場合は特に危険でしょう。中でもいわゆるSIerで昔の考えを変えない企業はとても危険、というか確実に将来はないですね。

一応これからの時代でもSEが必要な理由をまとめると下記の通りです。

  1. AIが入ってきてもシステムを管理・運用していく人は必要
  2. システムがある限りはSEの仕事が絶えることはない
  3. パソコンスキルがあればわからない人に教えるという仕事はあり続ける

それではどのようなSEが将来も生き残っていくのか?について見ていきます。

 

将来性のあるSEの特徴は5つ

僕が肌感覚でも感じている将来でも有望なSEの特徴は5つです。

将来性のあるSE①常に力をつけていく姿勢がある

一番重要な要素ですが、常に力をつけていく姿勢はSEとして必須です。逆にいうと今の仕事に満足していたり楽したいという発想でいるとSEとして生きていくのは難しいでしょう。

仮にSEを続けられたとしても最低賃金レベルの安い給料しかもらえなくなるので、確実に消耗していきますしSEというスキルを使った仕事をしていく意味がなくなります。

先にも書いている通り、これから先SEの仕事は刻一刻と変化していきます。僕が会社員でSEをしている4年間でも、専用サーバーからクラウドサーバーへの変更がありました。

もちろん専用サーバーとクラウドサーバーでは使い方が違うので、違いを把握して使いこなしていく必要が出てきます。そういった変化に柔軟に対応して力を磨いていく必要があります

将来性のあるSE②同じ会社に留まらない

2つ目は同じ会社に留まらないということです。

1つ目に関連して、力をつけていくなら同じ会社に固執していると完全に効率が悪いのと必要な力はついていきません。

SEに必要なスキルは下記記事にまとめていますが、同じ会社にいることによる良い事もあれば力をつける面で見ると悪い事の方が多くあります

SEに必要なスキル

同じ会社にいるデメリット
  1. 自分が担う仕事範囲が狭い
  2. なれ合いで仕事の質が低くなってしまうことがある
  3. その会社固有の考えで頭が洗脳されてしまう
  4. 上司や先輩のいうことが絶対という考えになってしまう

逆に自分のタイミングで会社を移ったりフリーランスになったりすると下記のようなメリットがあります

同じ会社にいないメリット
  1. 幅広いスキルを身につけることができる
  2. 面接や面談を重ねてコミュニケーション能力が磨ける
  3. いつでも次に移れる姿勢が作れる
  4. ③によって会社に変に固執しなくなる
  5. 転職や案件変更の都度自分の適性市場価格で収入が決まる

同じ会社にい続けますか?

将来性のあるSE③会社に依存しない

こちらも②と若干関連していますが、会社への依存は絶対にNGです。依存してないと思う人多いかもですが、そう思っている方に質問します。

会社が明日から給料払わないと言ったらどうしますか?

この質問に対して途方に暮れてしまうという人がいたとしたら、それは会社へ依存していることになります。仮に僕が会社員だったら、「よし、じゃあ次の職場探そう!」と言う考えになりますね。

どんな状況であれ、0から仕事を受注したり次の職場にいったりして自分で稼いでいく力が必要なわけです。

将来性のあるSE④社内SEではない

世間的に社内SEが楽だから良いという発想があるみたいですが、僕個人的な意見として社内SEは辞めた方が良いです。理由はいくつかありまして、大きくは下記3つですね。

  1. 社内であるがゆえに多少仕事の質が低くても許されることがある
  2. 仕事がルーチンワーク化することが多い
  3. 顧客とのやり取りが少ないから、そこからの学びがない

お気づきかもですが、3つ全てをそうひっくるめて言うと社内SEは成長の速度が遅すぎます。

現場に出ているからこそ経験できることが沢山あるので、状況は色々とあるかもしれますが、極力現場で自分で磨いていくことが重要です。

将来性のあるSE⑤プログラミングスキルがある

最後は、できればつけておいた方が良い能力として、プログラミングスキルがあります。

SEでプログラミングできない人って結構多いですよね?僕もSE時代はほとんどプログラミングしなかったので、「何の言語使えるの?」という質問にいつも面倒くささを感じていました。

ただ2020年から小学校でのプログラミング必修化も始まるので、プログラミングスキルは必須と考えても良いでしょう。逆にSEやっててプログラミングできないと仕事がなくなる可能性は起こりえます。

今6歳の子供が大学出て社会人になるのは16年後。多分あなたもまだ働いていますよね?仮にプログラミングができないままだと確実に比較したらプログラミングできる人の方に仕事がいってしまいます。

僕も31歳でWebマーケターへ転身しましたが、これからまた新たにプログラミングを勉強しようと思っています。今からでも遅くないので、余力ある今のうちからプログラミングは勉強しましょう!

ちなみにTech Academyなら1週間オンラインで無料体験できるので、無料体験で勉強の仕方だけ身につけて後は独学で全然問題ないと思います。

他のおすすめなプログラミングスクールを見る

 

まとめ:SEとして将来性を考えるなら行動あるのみ

ここまで見てきて頂いたように、SEの将来性としては、あなたがこれからどう行動していくか次第で変わってきます。おさらいとして将来有望なSEの特徴は下記5点です。

将来有望なSEの特徴!
  1. 常に力をつけていく姿勢がある
  2. 転職・フリーランスへ転身のフットワークが軽い
  3. 会社に依存しない
  4. 成長しない社内SEは避ける
  5. プログラミングスキルがある

今20代30代の方であれば、定年くらいまでSEの仕事は残っていますが、形が変わっていくのは間違いない事実です。

とは言え、現状維持や保守的な考えでいると確実に会社の奴隷のような形で幸せな生活を送ることはできないので、常に変化に柔軟に対応して上を目指し続けていく必要があります

僕自身もこれからまた新たにプログラミングを勉強しようと思っているので、ともに上を目指していきましょう!

ABOUT ME
ミツキ
Webでの発信や自己探求が好きです。『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』というのが人生のテーマで、今は妻に「仕事をしない選択をしてもらう」ことを目標に仕事をしています。これまでの略歴としては、東京の四大の文系学科を卒業後、独立系SIerに就職し社畜SEを4年した後にフリーランスエンジニアを5年。現在はフリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立てています。プロフィール詳細こちら広告掲載やコンサル等お仕事の依頼こちら
SEライフログの人気記事