SEの仕事力向上

【結論】SEはやめとけと言われる5つの理由【世間の目は気にするな】

フリーランスWebマーケターのミツキ(@ptnimz1987)です♪

「SEはやめとけ」という世間の目に流されてSEになるかどうか迷ってる下記のような方は多いのではないでしょうか?

  • 「SEはやめとけ」ってよく言われるからSEになるのやめようかなぁ・・・
  • 「社内SEはやめとけ」って言われるけどその本質って何なんだろう・・・
  • 文系出身でSEになるのはやっぱり世間で言われるようにやめておいた方が良いのかなぁ・・・

SEはやめとけと世間的に言われる理由について見ていきますが、ぶっちゃけ世間で言われる言葉を鵜呑みにする必要はありません。

ただSEはやめとけという世間の目を本当にするか嘘にするかはあなた次第で、これからSEになろうとしている方は下記のように行動していくことで世間の目と違う現実にすることができるでしょう。

SEとしてキャリアを積み重ねていきたい方
  • プログラミングスクールでプログラミングを勉強する
  • 積極的に転職・フリーランスとして生きる道を選択する
  • 会社以外で副業を通じて自分の市場価値を上げていく
SEになろうか迷っている方
  • まずはどのように生きていきたいかを考える
  • 考える上で転職エージェントに相談してみる
  • 無料のプログラミングスクールや無料体験のあるプログラミングスクールでプログラミングに触れてみる

ちなみに僕は世間がSEはやめとけと言われるような事を現実的に会社員時代に感じてました。

なので、本記事では実際に体験したことを踏まえて解説しつつ、どうすればそのような状況を抜けられるのか、どういう意識をすべきかについてお伝えしていきます。

ミツキ
ミツキ
現在はWebマーケターへ転身しましたが、SEとして9年間働いてきました。

会社員時代の4年間は本当に辞めたいと思ってましたが、フリーランスになってからの5年間は大分生きやすくなっていた経験があります。

今SEとしての一線を退いてはいますが、当時の体験を踏まえてわかりやすく解説していきます。

 

SEはやめとけと言われる5つの理由

冒頭で書いた通り、SEはやめとけと言われる理由は5つあります。僕の実体験を元にそれぞれについて解説していきます。

SEはやめとけと言われる理由①仕事がきつい

まず一つ目は仕事がきついという理由によるものです。特に未経験からSEになると感じることとして下記が挙げられます。

  • 専門用語が多すぎてよくわからない
  • 技術革新が早くてついていけない
  • 先輩が忙しそうで全然教えてもらえない
  • 後述にあるように残業が多い・給料安い・パワハラが多い等々

これらはSEという仕事を始めようとする際に想定されるものであり、実際に仕事をしてみても感じることです。

SEはやめとけと言われる理由②残業が多くて帰れない

2つ目は残業が多くて帰れないという理由です。残業が多いことに関しては下記記事で詳しく書いています。

SEが残業なしの仕事をするための心得!転職することが最短ルートでおすすめSEで残業が多いと悩みを抱えている方向けに残業なし・少ない仕事に就く方法、残業を減らすコツをまとめました。残業200時間から0時間に減らした経験からわかりやすく解説します。...

SEが残業なしの仕事をするための心得!転職することが最短ルートでおすすめ

上記の記事で詳しく書いている通り、僕のMAX忙しいときは残業200~300時間くらいやってましたし、土日や深夜関係なく働いていました。

SEはやめとけと言われる理由③給料が安い

僕が会社員SE時代の給料は本当に少なかったです。下記の記事に会社員からフリーランスSEになってどれくらい変化したかなど詳しく掲載していますが、会社員時代は手取り20万ほどでした。

フリーランスエンジニアの年収
フリーランスエンジニアの年収のリアル【実際のSE時代の収入公開】フリーランスエンジニアの年収について、会社員SE4年とフリーランス5年の実体験から実際の数値を公開して解説しています。実際の手取りや単価交渉のコツなど年収周りのことを網羅的に書いているので是非参考にどうぞ。...

フリーランスエンジニアの年収のリアル【実際のSE時代の収入公開】

SE以外で働いている方で手取り20万と聞いて多いと感じる方もいるかもしれませんが、正直SEの仕事で20万は割に合いません。

僕の場合でいうと残業代がなかったのが一番の問題で残業代があれば手取り40万はいっていたと思います。

SEはやめとけと言われる理由④パワハラが多い

続いては世間的にも問題になっているパワハラが多いというのがSEの仕事としての特徴ではないでしょうか?僕も会社員時代は下記のようにパワハラのようなことを受けてました。

  • ほぼ毎日怒られる
  • 怒られることにより会議の時間が1時間→5時間に膨張
  • 「生きてる意味は?」と聞かれる
  • 趣味を強要される

他にも色々とパワハラを受けた経験がある方がいるかと思います。

SEはやめとけと言われる理由⑤人身売買のように扱われる

表現の仕方が悪いかもですが、SEのことを人身売買と言う人も中にはいます。それは下記のような理由からです。

  • 決められた時間に出社する必要がある
  • 仕事が終わらないと残業せざるをえない
  • システムや顧客依存であなたの行動が左右される

このような行動の制限があり人身売買と言われるようなことが世間的にあります。

SEはやめとけというのは結局自分次第で変えられる

ここまでSEはやめとけと言われる理由5つについて見てきました。

  1. 仕事がきつい
  2. 残業が多くて帰れない
  3. 給料が安い
  4. パワハラが多い
  5. 人身売買のように扱われる

ただ言えることとして、上記はあくまでも僕が会社員時代に体験してきたことでフリーランスになってからはこれらの事象に関しては全て解決していました。

具体的に言うと下記のような状況の変化があり、あなたが行動するかどうかで同じような状況になるかどうかは変わってきます。

  • 覚えることが多すぎて仕事がきつい→覚えることが多いけど成長に繋がって楽しい
  • 残業が多くて帰れない→毎月の残業時間がゼロ
  • 給料が安い→時給換算で7倍くらいになった
  • パワハラが多い→パワハラなくなった
  • 人身売買のように扱われる→嫌な仕事は断れるようになった

なので、結局のところSEはやめとけと言われるのは、あくまでも客観的な視点でしかないのでこれからSEになろうとしている方はまずはチャレンジしてみるのがいいと思います。

ちなみにチャレンジする際の注意するべき点は、下記3点になります。

  • 転職エージェントに相談して今後のキャリアを考慮の上で会社を選択すること
  • フリーランスになることも視野に入れて選択していくこと
  • プログラミングスクールをうまく活用してSEへキャリアチェンジすること

これらを考慮してあなたが行動に移していけばSEとしてうまくいくでしょう。

 

社内SEはやめとけという考えの本質

続いてSEの中でも社内SEはやめとけという考えの本質について見ていきます。

僕自身は社内SEとして働いたことはありませんが、見聞きした内容や近くにいて感じたことペースで期待できることとしてその考え方の本質は2点あります。

社内SEはやめとけと言われる理由①成長できない

一つ目は社内SEは成長できないという点です。SEとして成長していくために必要な条件は下記であると僕は考えています。

  • 顧客と折衝をしてコミュニケーション能力を上げること
  • しっかり顧客ニーズを満たしたサービスを提供していくこと
  • 知識の差がある顧客としっかりコミュニケーションを取れること
  • 様々な現場で経験を積み重ねること
  • 色々な経験を積んで柔軟に対応できること

これら5点に関しては社内SEでも実践できるところはありますが、やはり顧客を相手に仕事することで経験できることが格段と上がってくるので社内SEじゃない方が成長しやすいです。

社内SEはやめとけと言われる理由②会社の便利屋さんになるだけ

2つ目の理由は社内SEになると会社の便利屋さんになってしまう可能性があるという点です。

社内SEは基本的に各会社のシステムの運用保守や開発などをメインにやっていきますが、つまりは会社で必要とされるものを柔軟に対応していく必要が出てきます。

なので、下記のような感じで会社の言いなりになってしまう可能性が高いです。

  • 会社から必要な作業を頼まれる
  • 淡々と指示された作業をこなす
  • 追加情報を言われたらその通りに作業をこなす

大体はこんな感じでルーチンワークのように仕事を進めていくのが一般的です。
※僕の偏見があるかもしれないので、会社によっては若干違うかもしれません。

 

文系でSEはやめとけは勘違い

続いてよく言われがちなのが文系出身からSEになるのはやめとけと言われることです。

僕自身も文系出身からSEになりまして、これに関しては完全に勘違いによるものなのでその勘違いについて解説していきます。

文系でSEはやめとけが勘違いである理由

まず文系出身でSEはやめとけというのが勘違いな理由は学生時代に学んだことはそれほど社会人になってから役に立たないという点です。

もちろん全く役に立たないというわけではなく、大学で情報系などでプログラミングを勉強していた場合は多少最初のスタートダッシュは早く切れますが、努力次第ではいくらでも追い越すことは可能です。

実際文系出身で活躍しているSEの方はいっぱいいますし、文系出身かとか理系出身かとかを気にしていたら仕事にはなりません。

基本的に文系出身か理系出身かで判断するような人は仕事ができない人と思っていいでしょう。

文系でSEはやめとけを勘違いにする方法

上記で文系出身であってもSEになることは問題ないことを解説しましたが、文系出身でSEはやめとけを勘違いにするにはあなた自身が行動する必要があります。

具体的に言うと、下記のようにしていくと良いでしょう。

  • 転職・就職サポートをしてくれるプログラミングスクールに通う
  • 転職のフットワークを軽くしてブラック企業に就職したらすぐに転職する
  • 日々勉強を繰り返してスキル不足がないように行動していく
  • フリーランスになることも考慮して将来的なキャリアプランを考えていく
  • 会社の仕事だけでなく副業も積極的に行っていく

上記のように柔軟に対応していく姿勢が大事になってきます。

 

まとめ

ここまでを見て頂いてSEはやめとけと言われるのは完全に勘違いであることがわかったと思われます。

SEはやめとけと勘違いされる理由は下記のような偏見があるからです。

  • 仕事がきつい
  • 残業が多くて帰れない
  • 給料が安い
  • パワハラが多い
  • 人身売買のように扱われる

ただこれらをあなたにとっても偏見とするかどうかはあなた次第で、あなたが行動していくかどうかにかかっています。

冒頭でも書いている通り、ケース別におすすめするのは下記の行動です。

SEとしてキャリアを積み重ねていきたい方
  • プログラミングスクールでプログラミングを勉強する
  • 積極的に転職・フリーランスとして生きる道を選択する
  • 会社以外で副業を通じて自分の市場価値を上げていく
SEになろうか迷っている方
  • まずはどのように生きていきたいかを考える
  • 考える上で転職エージェントに相談してみる
  • 無料のプログラミングスクールや無料体験のあるプログラミングスクールでプログラミングに触れてみる

このように行動していくことであなた自身の今後の人生の選択肢が広がってきます。

SEはやめとけと言う世間の上に惑わされることなくあなた自身の理想の人生に向かって走っていきましょう。

ABOUT ME
ミツキ
⭐️Love:Webでの発信,自己探求⭐️人生のテーマ:ポテンシャルを開花し周りの人と自分が生きたい人生を生きる⭐️経歴:文系四大卒→某SIerに就職し社畜SE4年→フリーランスエンジニア5年→フリーランスWebマーケター⭐️目標:2020年にWebマーケターとして法人化!⭐️プロフィール詳細はこちら⭐️コンサル等お仕事の依頼はこちら
SEの転職におすすめの記事