フリーランス

【保存版】フリーランスエンジニアになるには?自信は必要なし!

フリーランスWebマーケターのミツキ(@ptnimz1987)です♪

これからフリーランスエンジニアになろうとしている方で下記のような疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • フリーランスエンジニアになるにはどうすればいいんだろう?
  • エンジニアがフリーランスになる流れってどうなってるんだろう?
  • フリーランスエンジニアはやっぱり学歴大事なのかな?
  • 文系出身だとフリーランスエンジニアは厳しいのかな?
  • どんな道のりでフリーランスエンジニアになるのが良いだろう?

本記事の内容を結論からまとめると下記5行にまとめることができます。

フリーランスエンジニアになる方法を5行で解説
  • 会社員でエンジニア経験を経てフリーランスエンジニアになるのが効率的
  • 学生時代に文系だったとか学歴はフリーランスエンジニアになることに関係なし
  • フリーランスエンジニアになる道のりは人によってさまざまでなんでもOK
  • フリーランスエンジニアになる最適なタイミングはエンジニア経験1年以上であればあなたのタイミングでOK
  • フリーランスエージェントを使って案件探すのが効率的

本記事を全てくまなく見ようと他ページへのリンクも合わせると少し時間かかるかもですが、必要なことなので網羅的に書かせてもらっています。

これからフリーランスエンジニアになるあなたが必要なところをかいつまみながら読んでもらえればと思います。

ミツキ
ミツキ
僕がフリーランスエンジニアになった道のりについては本文で書いていますが、社会人4年目で会社員からフリーランスエンジニアになりました。

フリーランスエンジニアになって下記のようなメリットがあったので、是非これからなろうとしている方は参考にしてみてください。

  • 年収が最終的に300万円強アップ
  • 残業時間200時間/月→0時間に減った
  • 生きる視野が広がった→結果として現在Webマーケターへ転向

 

フリーランスエンジニアになる方法

本記事でフリーランスエンジニアになる方法をメインに解説していきます。

他の記事で解説しているものについてはリンクを貼りつつの解説となりますが、簡単にフリーランスエンジニアになる道筋をまとめると下記パターンがあります。

フリーランスエンジニアになる方法
  • 未経験から独学を経てフリーランスエンジニアになる
  • 未経験からプログラミングスクールを経てフリーランスエンジニアになる
  • 大学でプログラミングを勉強してフリーランスエンジニアになる
  • 会社員の経験を経てフリーランスエンジニアになる

未経験からフリーランスエンジニアになるというパターンについては、正直現実的には難しいと僕は考えています。

【結論】フリーランスエンジニアになるには現実的には会社員を経てからが良い

上記でフリーランスエンジニアになる方法を4つあげましたが、結論を言うと会社員を経てフリーランスエンジニアになるのが現実的かつ早く稼ぎやすいです。

参考資料として、元フリーランスエンジニアのインフルエンサー「マナブさん(@manabubannai)」が下記インタビューをされています。

そして、簡単に僕がインタビュー内容をまとめたものが下記です。

結論から言うとインタビューを受けてるイチタさんは未経験からフリーランスエンジニアになろうとしてまだちゃんと仕事の受注はできていないですよね。

話してる感じを見るとすぐ仕事の受注できそうな感じはしますが、正直僕みたいな営業が苦手な人にとっては実績やスキルがほとんどなくて営業するのはかなりハードルが高いです。

フリーランスエンジニアになるには、会社員でエンジニア経験を積んでからが現実的!

会社員の経験を経てフリーランスエンジニアになることで僕は下記のような恩恵をあずかることができました。

  • 会社の実績を元に案件獲得することができた
  • 既にある経験を元にフリーランスになったので収入が上がった
  • エンジニアとして仕事の仕方を体得した状態でフリーランスエンジニアになれた
  • フリーランスエージェントに仕事を取ってきてもらうことができた(未経験ではできない)
  • 会社員のうちに賃貸契約など会社の恩恵を受けることができた(大学生からいきなりフリーランスだと難しい)

というわけで、圧倒的に会社員でエンジニア経験を積んでからフリーランスエンジニアになる方法が現実的で受けられる恩恵が多いのですが、具体的にどのように案件獲得するかなども解説していきます。

 

エンジニアがフリーランスになる流れ【効果的な会社員エンジニア→フリーランスで解説】

ここまで見てきたようにエンジニアがフリーランスになるのは会社員からエンジニア経験を経てが一番効率的が良いと解説してきました。

その流れを簡単に表すと下記のようになっています。

  • STEP01
    スキル習得

    エンジニアとして就職するためにプログラミングスクールに通う。(STEP02で未経験OKな会社に就職できれば通わなくてもOK)

  • STEP02
    会社でエンジニア

    最低1年は会社員でエンジニアとして経験を積み重ねていく。プログラミングで実際に開発できるとベスト。

  • STEP03
    フリーランスエンジニアになる

    最初はフリーランスエージェントを使うのが確実かつ楽にフリーランスエンジニアになることが可能。

現在エンジニアをやってない方でも最短1年から1年半くらいあればフリーランスエンジニアになることは可能です。

フリーランスエンジニアが案件獲得する方法

続いてフリーランスエンジニアが案件を獲得する方法について解説していきますが、詳しくは下記の記事にて解説しています。

【初心者向け】フリーランスエンジニアが案件獲得する方法を解説しますフリーランスエンジニアが案件獲得する方法について解説しています。特に初めてフリーランスになるという方が仕事をどう探せばいいのか?効果的な仕事の探し方はなにか?という観点で実体験を元に解説していますので、是非参考にしてみてください。...

フリーランスエンジニアが案件獲得する方法

簡潔に案件獲得する方法をまとめると5つあります。

  1. 営業する
  2. 知り合い経由で仕事をもらう
  3. 新たな出会いから仕事をもらう
  4. クラウドソーシングサービスを利用する
  5. フリーランスエージェントを利用する

僕はエンジニアに限らずWebマーケターとして全ての方法やったことありますが、フリーランスエージェントを使う方法が一番楽で良いと感じています。

エンジニアがフリーランスとしてクラウドソーシングで仕事を獲得する方法

上記の中でエンジニアがフリーランスとしてクラウドソーシングで仕事を受注することもできると書きました。詳細について下記でも解説しています。

クラウドソーシングで仕事受注する方法

中でも一番案件獲得しやすいのは、クラウドテックですね!

 

フリーランスエンジニアの始め方と最高の独立タイミング

フリーランスエンジニアになる際にどのような手続きを経て始めるのか、どのタイミングが良いのかについて下記の記事にて解説しています。

フリーランスエンジニアの始め方とスタートダッシュ切るためのハウツーフリーランスエンジニアの始め方として、準備しておくべきことや手続きについてまとめました。これからフリーランスになる方が迷うことなく一歩を踏み出せるように書いているので是非参考にしてみてください。...

フリーランスエンジニアの始め方

上記の記事はこれからフリーランスエンジニアになる方が必要なことについて書かれているので、まだフリーランスになる気がない方は退屈してしまうかもしれません。

タイミングとしては、あなたがフリーランスエンジニアになると決めた時がベストタイミングなので、是非行動したい方は参考にしてみてください。

 

フリーランスエンジニアとして備えておきたい必要スキル

フリーランスエンジニアとして備えておきたい必要スキルについては下記にまとめてあります。

フリーランスエンジニアに必要なスキルセットを5年の実体験から解説フリーランスエンジニアに必要なスキルセットとスキルアップする方法を中心に解説しています。資格の必要性やスキル不足を感じた時にやるべきことをフリーランスエンジニア5年の経験を元に書いてるので参考にどうぞ。...

フリーランスエンジニアの必要スキル

必要なスキルは大きく5つあるのでまだ身についていないと感じるスキルがある方は是非上記の記事を参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアの必要スキル
  • コミュニケーション能力
  • セルフブランディング
  • 交渉力
  • マネジメント能力
  • 自己管理能力

 

フリーランスエンジニアになるのに学歴は不要

フリーランスエンジニアになるにあたって「学歴って必要ないの?」と気になる方もいるかと思います。

結論から言うとフリーランスエンジニアになるのに学歴は全く関係ありません。

その理由について解説していきます。

フリーランスエンジニアに学歴が不要な理由

フリーランスエンジニアに学歴が不要な理由は2つあるのでそれぞれ解説します。

(1)学歴を見る企業はブラックな会社ばかり

まず学歴をみる企業ってどんな会社が多いでしょうか?

一概には言えないかもですが大企業で世間体を気にする会社が多いか思います。そういう会社に蔓延る文化としてブラック企業体質というのも多くありますよね。

あなた自身が社員として働くのもクライアントとして相手に働くのもブラック企業は微妙です。

ブラック企業をクライアントにすることで下記のような弊害が生まれます。

  • 無理な納期を強いられる
  • 急に要件が変わって過酷な労働環境になる
  • 最初と言ってることが違うということが起こり得る

上記は実際に僕がクライアント相手に感じたこともあり、クライアントになると結構面倒です。

(2)見られるのは学歴ではなく実績

結局フリーランスエンジニアが見られるのは学歴ではなく実績です。

  • これまでどんな案件をこなしてきたか
  • 逆境をどう乗り越えてきたのか

が重要になってきます。

仮に東大とか京大を卒業していたとしても実績がないとフリーランスエンジニアとして仕事を取るのは難しいです。

フリーランスエンジニアは大卒から即なるのはNG

実績が大事というところでお分かりかもしれませんが、大卒ですぐにフリーランスエンジニアになるのは正直微妙ですね。ただ例外もあって下記のように分けられます。

大卒でもOKなパターン

大学時代からエンジニアとしてバリバリ仕事をしている人

大卒でNGなパターン

就活が始まったくらいに就職が嫌だからフリーランスエンジニアになろうと考えている人

上記でNGなパターンとして書きましたが、そういう方にも朗報として既に解説した下記のような流れであればフリーランスエンジニアになることは可能です。

  • STEP01
    スキル習得

    エンジニアとして就職するためにプログラミングスクールに通う。

  • STEP02
    会社でエンジニア

    最低1年は会社員でエンジニアとして経験を積み重ねていく。プログラミングで実際に開発できるとベスト。

  • STEP03
    フリーランスエンジニアになる

    最初はフリーランスエージェントを使うのが確実かつ楽にフリーランスエンジニアになることが可能。

大卒じゃダメかとあきらめる前に是非行動に変えてみてくださいね。

学歴に縛られずにフリーランスエンジニアとして活躍するために大切なこと

僕自身も大学は文系でプログラミングとか特に勉強せずにIT業界へ就職した人間ですが、最初は結構学歴を気にしながら生きていました。

とは言え、学歴は過去です。

過去をどんなに変えようと思っても変えることはできませんし、これからどう行動していくかがとても重要になってきます。そのうえで重要なことは下記です。

  • 学び続ける姿勢を持つこと
  • 自己投資することを怠らないこと
  • スキルは狭く深く体得しておくこと
  • 学歴を気にする人たちと付き合うのはやめること
  • リモートワークしたいならWeb系のスキルを身につけること

僕がエンジニアを9年やって感じたことで本当に重要な5つになるので、是非胸に留めておいてもらえればと思います。

 

フリーランスエンジニアになるのは文系出身でも問題なし

フリーランスエンジニアに学歴は関係ないという話をしましたが、中にはまだ自分は文系だけど大丈夫だろうか?と気にされる方もいるのではと思います。

僕自身も文系出身ですし周りに文系出身でフリーランスエンジニアをやっている方もいますが、文系出身であってもフリーランスエンジニアになるのは全く問題ありません

フリーランスエンジニアが文系出身でも問題ない最大の理由

文系出身でもフリーランスエンジニアになるのが問題ない理由は大きく下記3点があげられます。

  • 上記で見た通り、学歴は関係ないこと
  • 実際に文系出身で活躍しているフリーランスエンジニアが多くいること
  • 結局のところ、学生時代に学んだことは社会人になって活かせないこと

この3つが大きな要因ですが、文系出身であることは別にフリーランスエンジニアになることに何の影響もないので気にしないようにしましょう。

フリーランスエンジニアに文系出身がなる利点と注意点

逆に文系出身がフリーランスエンジニアになる利点として挙げるとしたら下記のような感じですかね。

  • 理系かつ情報系出身→同じようにエンジニアになる人が多い
  • 文系→エンジニアになる人は全体の母数から見ると少数

という前提のもと、

文系の場合は就職先が多岐にわたるため、中にはエンジニアを必要としている企業に就職・もしくは起業する人もいます。

そういった時に仕事を受注することが可能に!

ただ、知り合いから仕事を受注する際の注意点として、「友達価格で安く提供しすぎない」というのがあります。

あなたの価値を下げて友達価格で提供することで消耗することにも繋がりかねないので、価格設定や契約はしっかりするようにしましょう!

 

フリーランスエンジニアになるための知恵袋

Yahoo知恵袋でフリーランスエンジニア関連の質問をしている方も多くあるので抜粋して紹介します。

  • どれくらいの期間働いてフリーランスになりましたか?(参考:Yahoo知恵袋
  • フリーランスエンジニアって本当に稼げるの?(参考:Yahoo知恵袋
  • プログラマーでフリーランス案件取るならどこが効率的?(参考:Yahoo知恵袋

既に回答について本ブログで書いてるところが多いですが、参考までにそれぞれの答えを書くと下記になります。

  • 期間→最低1年エンジニアとして働けばOK
  • 稼げるか→フリーランスエンジニアの年収参照
  • プログラマーの案件獲得→フリーランスエージェントで探してもらう

 

フリーランスエンジニアになった道のりを簡潔に解説

最後に僕がフリーランスエンジニアになった道のりを簡潔に解説していきます。

これからフリーランスエンジニアになろうとしている方の参考になれば幸いです。

大した事なくね?って思ってもらったら幸いです。

事実僕は大した実力もなくフリーランスエンジニアになれたので、ある程度エンジニア経験している人であれば余裕でフリーランスエンジニアになれます

 

まとめ

フリーランスエンジニアになる方法をまとめると下記4パターンがあり、最も現実的かつ確実なのは「会社員でエンジニア経験を経てフリーランスエンジニアになる」という方法です。

  • 未経験から独学を経てフリーランスエンジニアになる
  • 未経験からプログラミングスクールを経てフリーランスエンジニアになる
  • 大学でプログラミングを勉強してフリーランスエンジニアになる
  • 会社員の経験を経てフリーランスエンジニアになる

未経験からいきなりフリーランスエンジニアになりたいという気持ち自体は良いと思いますが、現実的なところを考えるとやっぱり少なくとも1年は会社でエンジニア経験積んだ方が良いです。

ただ学生時代は文系だったとか、学歴に関しては特に関係ないので過去は気にせずにこれからどうしたいかで考えて行動していきましょう!

既にエンジニアとして1年以上の経験を積んでいる方であれば、下記記事を参考に一度フリーランスエージェントに登録して相談してみるのもありです。

フリーランスエンジニア向けエージェントのおすすめ3社【2019年更新】SE必見!フリーランスエンジニア向けのエージェントを比較して3社に絞りました。評判の良い大手を中心に名古屋など地域で比較した結果やプログラマーなど職種毎比較など網羅的にまとめています。転職検討中の方も是非参考にどうぞ。...

フリーランスエージェントおすすめ

まだエンジニアとしての経験ゼロという方であれば、プログラミングスクール転職エージェントを活用してエンジニアとして経験を積むと良いですね。

フリーランスエンジニアになると各段と人生が楽しくなるのが僕の体感としてあるので、一歩ずつ確実に積み上げていきましょう!

ABOUT ME
ミツキ
Webでの発信や自己探求が好きです。『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』というのが人生のテーマで、今は妻に「仕事をしない選択をしてもらう」ことを目標に仕事をしています。これまでの略歴としては、東京の四大の文系学科を卒業後、独立系SIerに就職し社畜SEを4年した後にフリーランスエンジニアを5年。現在はフリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立てています。プロフィール詳細こちら広告掲載やコンサル等お仕事の依頼こちら
SEライフログの人気記事