テックアカデミー

テックアカデミーのWordPressコースはコスパ悪い?プロが解説

WordPressコースの特徴や評判を徹底解説

  • テックアカデミーのWordPressコースはどのようなことが学べるだろう?
  • WordPressコースは学ぶ価値があるのだろうか?

WordPressは、Web上の約40%のサイトで使われていると言われる、サイトやブログを構築するプラットフォームです。
Webサイト制作を仕事にしている個人や企業の多くも、WordPressを活用しています。

そのようなWordPressのスキルを身につけたい方も多いでしょう。
テックアカデミーは、数多くのコースがあり、WordPressを学べるコースがあります。

そこで、テックアカデミーのコース概要や実際どうなのかを徹底解説していきます。

ミツキ

というわけでこんにちは、フリーランス歴8年以上のミツキです。
僕は現在、WordPressを軸としたWebサイト制作やSEOコンサルの仕事をしています。

WordPressに関してはプロと自負しており、WordPressをベースに月50万円以上の売上をコンスタントにあげています。

WordPressを軸に稼げてはいますが、正直WordPressのスキルだけではそれほど稼げません。
JavaScriptやWebデザインのスキルも必要になることが多いため、WordPressコースは以下のような方にオススメです。

WordPressコースがオススメな方

  • WordPressで構築されているサイトを担当するWeb担当者
  • 小さい仕事から副業を始めたい方
  • JavaScriptやWebデザインはわかるけど、WordPressがよく理解できない方

具体的にどういうことか詳しく解説していくので、上記に該当する方はとくにぜひ参考にしてみてください。

テックアカデミーのWordPressコースの特徴

まずは、テックアカデミーのWordPressコースの概要から見ていきましょう。

WordPressコースのカリキュラム概要

WordPressコースは、以下のようなことを学べます。

WordPressコースのカリキュラム

WordPressは、HTML/CSSやPHP・JavaScriptをベースに作られています。
JavaScriptはサイトに動きをつけるもので必須ではないため、それ以外のプログラミング言語を学ぶ環境が準備されているわけです。

HTML/CSSだけではサイトが静的になってしまいますが、PHPを使うことで動的なサイトを作ることが可能となります。

参考

  • 静的なサイト:いつ誰が見ても、基本的に見え方は同じ
  • 動的なサイト:見る人や見るタイミングなどによって、表示を変えられる

WordPressコースで身につくスキル

上記のようなカリキュラムを学ぶことで、以下のようなスキルが身に付きます。

WordPressコースで身につくスキル

  • WordPressの仕組みや基礎スキル
  • Webサイト制作を行う一連の流れの理解
  • WordPressのカスタマイズ方法
  • プラグインの作成方法
  • PHPの基礎知識の理解
  • WordPressテーマの作成方法

仕事ベースで考えると、次に挙げるような仕事の遂行が可能となります。

仕事としてできること

  • WordPressで構築されたサイトの保守・メンテナンス
  • WordPressやHTML/CSSで構築されたサイトの軽微な改修
  • デザインが決まっているサイトの制作

WordPressコースのコース料金・プラン

それでは、上記のようなことが学べるWordPressの料金はどのようになっているでしょうか?
公式サイトにも書かれている通り、WordPressコースは以下のプランが用意されています。

料金(税込) メンタリング 学習時間の目安
(1週間)
4週間プラン
  • 社会人174,900円
  • 学生163,900円
7回 40~50時間
8週間プラン
  • 社会人229,900円
  • 学生196,900円
15回 20~25時間
12週間プラン
  • 社会人284,900円
  • 学生229,900円
23回 14~18時間
16週間プラン
  • 社会人339,900円
  • 学生262,900円
31回 10~13時間

どのプランがよいか迷う方もいるかもしれません。
基本的には、以下のように学習できる時間から期間を選ぶのがオススメです。

プランの選び方

  • 毎日しっかりと時間が確保できる→4週間
  • 週末しっかり+平日も毎日数時間確保できる→8週間
  • 週末しっかり+平日も週2-3時間確保できる→12週間
  • 時間を確保できるのは週末のみ→16週間

※詳細は、テックアカデミーのオススメ受講期間参照

続いて、テックアカデミーのWordPresコースを実際に受講した方の口コミを見ていきましょう。

テックアカデミーのWordPressコースを実際に受講した方の口コミ

以前、テックアカデミーの受講コースについて、以下のようにアンケートを取りました。

アンケート概要

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査時期:2020年5月~6月
  • 調査対象:5年以内にテックアカデミーを受講した25名

25名のうち、5名の方がWordPressコースを受講したという結果でした。
それぞれの方がどのような感想をもっているのか紹介します。

副業で仕事が取れるようになった

10代男性(副業のために受講)

クラウドワークスでお仕事を取れるようになり、副業としてビジネスを展開できました。
現在も副業として、プログラミングスキルを活かしてお仕事をしています。

プログラミングは独学でやろうとすると挫折する可能性が高いです。
テックアカデミーでは質問もしやすい環境なので、スキルを早く身に着けられます。

ブログを立ち上げる基礎知識が身についた

40代男性(副業のために受講)

ブログサービスを立ち上げたくてWordPressの講座を受講しました。
WordPressの概要から、WordPressの導入方法、サイト制作方法など、ブログを立ち上げるための基礎知識を身につけることが出来ました。

WordPressの基本をマスターできたと感じている

10代男性(教養のために受講)

企業での長期インターンで、WordPressを使用するために受講しました。
このコースの受講後にはWordPressの基本はマスターできたと感じたため満足しています。

コース毎に分類されていたことで、学習計画を組みやすかった点がよかったです。
逆にメンター制度等のプランがわかりにくい点が少し気になりました。

わからないところを直接聞ける環境がよかった

40代女性(フリーランスになるために受講)

WordPressを使ってサイトを作りたかったのですが、わからないことだらけだったのでコースを受講しました。
受講をしたばかりのころはわからないことが多かったのです。

ですが、ビデオチャットを使って質問でき、直接わからないところを聞けてよかったです。

わからない点を解消しながら進められた

20代男性(転職のために受講)

期間が短く決まっているので、真剣に取り組まざるを得ないのがよいです。

チャットをつかっていろいろと質問できるし、メンタリングではさらに突っ込んでやり取りできます。
そのため、わからないままにして箇所はほとんどありません。

やる気のある人には、よいコ-スだと思います。

ポジティブな感想が多いのが印象的ですね。
それでは、続いて具体的にどのようなメリットやデメリットがあるか見ていきましょう。

プロ目線でみるテックアカデミーのWordPressコースのよい評判・メリット

まずは、WordPressコースを受講するメリットから解説していきます。
メリットとして挙げられるのは、主に以下3点です。

メリット

  • WordPressの基礎が理解できる
  • テーマやプラグインの自作の仕方が理解できる
  • HTML/CSSやPHPの基礎が学べる

一つひとつ見ていきましょう。

WordPressの基礎が理解できる

冒頭でも書いた通り、WordPressは世界の約40%のWebサイトに使われています。
サイトの構築や運用がしやすく、費用があまりかからない点が特徴です。

初心者でも簡単に運用できますが、それでもITスキルの低い方にとっては難しいと感じるかもしれません。
そのため、次に挙げるようなスキルが身につくのはメリットと言えます。

  • WordPressの基本的な使い方
  • オリジナルのテーマやプラグインの作成方法
  • HTML/CSSやPHPの理解による、カスタマイズ

とくに、WordPressに触れたことがない方や少し触れてみたけどよくわからない方には、WordPressの基礎が理解できるのは強いですね。

テーマやプラグインの自作の仕方が理解できる

WordPressコースでは、テーマやプラグインの自作の仕方が理解できます。
正直、テーマやプラグインを自作する方法は、ググればわかることも多いです。

しかし、情報があふれており書かれていることもサイトによって違うことがあり、何が正解かわからないこともあるでしょう。
テックアカデミーのWordPressコースでは、テーマやプラグインのベストな作成方法が学べます。

  • オリジナルのWebサイトを作りたい
  • 複数サイトで同じ追加機能を実装したい

という方にとって、メリットであると言えるでしょう。

HTML/CSSやPHPの基礎が学べる

Web系のサイトやアプリケーションを作る際、HTML/CSSのスキルは必須です。
また、PHPが用いられるケースも多くあります。

そのため、HTML/CSSやPHPを学ぶことで、Webで仕事をする上での強い味方となります。
正直、HTML/CSSやWordPressレベルのPHPなら、独学でも可能です。

ミツキ

実際に僕もHTML/CSSやPHPは独学です。

しかし、独学だと必要な知識が欠けてしまったり、効率よく学習ができなかったりといったデメリットがあります。
そのため、カリキュラムに基づいて体系だって学ぶことで、確かなスキルを身につけられる可能性が上がります。

プロ目線でみるテックアカデミーのWordPressコースの悪い評判・デメリット

続いて、デメリットについても見ていきましょう。

デメリット

  • Webデザインのスキルが学べない
  • Webサイト構築でよく使われるJavaScript/jQueryが学べない
  • PHPのスキルも物足りなさがある
  • 結果、WordPressのスキルだけだと案件を受注しにくい

一つひとつ解説していきます。

Webデザインのスキルが学べない

Webサイトを制作するには、コーディングスキルに加えてWebデザインのスキルも必要です。
WordPressは既存のテーマが充実しているので、そのテーマを導入すればある程度デザインが整ったサイトは作れます。

参考

参考までに、オススメのWordPressテーマは僕の別ブログで解説しています。

>>目的別のオススメWordPressテーマ

しかし、既存のWordPressテーマはあくまでテンプレートです。
要するに、作りたいサイトに合うデザインのテーマがない場合、自作する必要があります。

テーマを自作する際に、デザインスキルがないと以下のような点に悩まされることになるでしょう。

  • どのようなデザインを基本に作っていけばよいかわからない
  • 適切な配色がわからない
  • 文字サイズや余白・線の太さなど何pxにすればよいかわからない

細かいところを見ていけば、ほかにもたくさん出てきます。
そのため、品質にこだわったWebサイトを作るにはWebデザインスキルが必要となるわけです。

Webサイト構築でよく使われるJavaScript/jQueryが学べない

すでに触れた通り、WebサイトはHTML/CSSやPHPに加えて、JavaScript/jQueryがよく使われます。
しかし、WordPressコースはJavaScript/jQueryに関するカリキュラムがありません。

そのため、サイトに動きをつけていきたい場合、以下いずれかの選択肢となります。

  • JavaScriptを独学 or またスクールで学ぶ
  • CSSでできる範囲の動きのみにする
  • WordPressのプラグインを使う

3つのプラグインでよいと思う方も多いと思います。
しかし、プラグインは入れれば入れるほど、セキュリティリスクが上がりパフォーマンスも悪くなります。

ミツキ

僕の感覚では、WordPressよりもJavaScriptの方が、難易度が高いと感じています。
なので、JavaScriptやWebデザインが学べるはじめての副業コースを受講し、WordPressは独学でもよいと思います。

PHPのスキルも物足りなさがある

上記でも触れている通り、WordPressコースはPHPを学ぶことが可能です。
しかし、さまざまなサイト制作や改修に触れている身から言うと、WordPressレベルのPHPスキルは少し物足りなさがあります。

テックアカデミーはほかにPHP/Laravelコースという、PHPが学べるコースもあります。
PHP/Laravelコースと比較する際に考えるべきは、流用のしやすさです。

流用のしやすさを見ると以下のようなイメージです。

  • WordPressコース受講→PHP/Laravelへ流用は大変
  • PHP/Laravelコース受講→WordPressへ流用は割と楽

なので、応用のしやすさで考えるなら、PHP/Laravelコースの方がオススメです。

結果、WordPressのスキルだけだと案件を受注しにくい

上記でデメリットとして挙げた点をまとめると以下の通りです。

  • Webデザインのスキルが身につかない
  • JavaScript/jQueryのスキルが身につかない
  • PHPの応用が利きにくい

要するに、プログラミングを仕事にすると考えた場合、スキルとして物足りなさを感じます。
WordPressのスキルを身につけたい明確な理由がない限り、微妙と言えるかもしれません。

テックアカデミーのWordPressコースがオススメな方

冒頭でも少し触れた通り、WordPressコースがオススメな方は以下のような方です。

WordPressコースがオススメな方

  • WordPressで構築されているサイトを担当するWeb担当者
  • 小さい仕事から副業を始めたい方
  • JavaScriptやWebデザインはわかるけど、WordPressがよく理解できない方

デメリットの最後に書いているように、「WordPressを学ぶ目的が明確な方」が対象と言えます。

逆に、副業や転職・フリーランスになることが目的とするなら、別のコースの方がよいかもしれません。
それでは、具体的にどのコースがよいでしょうか?

WordPressコース以外でテックアカデミーのオススメなコース

テックアカデミーでオススメなコースについては、以下の記事で解説しています。

こちらもCHECK

テックアカデミーオススメコースを厳選
テックアカデミーのオススメコース3つ厳選!失敗しないコースの選び方

続きを見る

目的によってオススメなコースは違うので、これ!と言い切ることはできません。
ですが、3つに絞るならオススメは以下の3つです。

とくにオススメな3コース

もし、WordPressを触れるようになりたい&応用の利くスキルが身につけたいのであれば、PHP/Laravelコースの方がオススメです。

こちらもCHECK

テックアカデミーのPHPLaravelコースは難しい?
テックアカデミーのPHP/Laravelコースは難しい?評判をプロが解説

続きを見る

目的に合わせて、最適なコースを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、テックアカデミーのWordPressコースの概要や受講価値について解説してきました。

個人的には、WordPressのスキルを身につけたい明確な理由がある方のみオススメです。
短期的なことを見ることも大事ですが、長期目線で見る方がより重要です。

  • 1年先ではなく、5年先を見たら何が効果的か?
  • 目的に合っているのか?

という観点でしっかり見極めるようにしましょう。

プログラミングに興味がある方必見

おすすめプログラミングスクール7選

  • プログラミングスキルで手に職をつけたい
  • スキルを体得して副業をはじめたい
  • 今より年収の高い仕事へ転職がしたい

時代が経つにつれてよくも悪くもたくさんのプログラミングスクールが増えました。
スクール選びで迷ってしまう方も多くいるので、実際に体験した経験をもとに現役エンジニアが本当にオススメしたいスクールをまとめました。

  • この記事を書いた人

ミツキ

フリーランスエンジニア兼Webディレクター【信念】『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』【経歴】学習院大学経営学科→独立系SIerでSE4年→フリーランスエンジニア5年→現職。>>お仕事のご依頼 >>プロフィールの詳細

-テックアカデミー
-