プログラミング

【一目瞭然】プログラミングスクールを徹底比較【転職で成功する】

フリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立ててるミツキ(@ptnimz1987)です♪

数多くのプログラミングスクールがある中、下記のように比較したいということはないでしょうか?

  • 結局のところ、プログラミングスクールで受ける価値のあるのはどこだろう?
  • 無料と有料を比較するとどちらのプログラミングスクールが良いだろう?
  • 転職するならどこのプログラミングスクールが最適だろうか?

小さいところも入れれば何百ものプログラミングスクールがあるので上記のように悩むのは当然ですよね。そこでエンジニア10年の経験から24社を徹底比較しました

徹底比較した結果、各目的別におすすめなプログラミングスクールは下記となっています。

確実に無料で学びたいのであれば、東京限定ですがサービスの質や転職サポートの質を考えるとGEEK JOBが良いです。

正直大手であればそれほど差異ないのですが、上記のプログラミングスクールは比較ポイントとして下記の点で比較して優秀と言えます。

  • 実践に近い自己学習型の学習スタイルであること
  • 講師のクオリティが高いこと
  • 将来に通用可能なスキルを習得できること
  • 転職のサポートがしっかりしていること
  • 費用対効果の合った料金体験であること

なお、受講する際にオンラインで学ぶべきかオフラインで学ぶべきか迷うかと思いますが、しっかり自走できる方であれば

  • いつでもどこでも学習可能
  • 通学より安価で受講可能
  • 通学の時間も学習時間に充てることができる

という理由よりオンラインの方が良いです。

詳細について本記事で解説していきますが、徹底比較して個人的に一番良いと思うのはテックアカデミーです。

ミツキ
ミツキ
僕はエンジニア歴10年。会社員で4年間とフリーランスエンジニア6年の経験から実践通用なプログラミングスクールということで徹底比較して選定しました。

プログラミングスキルを身につければ5年で年収800万とか平気で行ける世界なので是非本記事を参考にチャレンジ頂ければと思います。

\比較No.1のスクールを今すぐチェック/
1週間無料体験できるテックアカデミーはこちら

 

目次

プログラミングスクールを徹底比較して必須でおさえておきたい3社

本記事では色々な観点でプログラミングスクールを比較して見ていきますが、トータルで見て必須で抑えたい3社をまず三つ紹介しておきます。

プログラミングスクールを徹底比較1位、テックアカデミー

一番豊富なコースを用意しているコスパNo.1のスクールです。
本ブログで一番申し込みが多く実際人気があります。オンラインで学ぶことが可能なので、場所や時間問わず現役エンジニアのサポートを受けながらスキル習得することができます。
1週間無料体験をすることも可能なので、プログラミング未経験の方でも感覚を掴むためには最適な環境が整っています。卒業しても半永久的にカリキュラムが見れるのも魅力の一つですね。
総合評価
受講スタイル完全オンライン
講師の質現役エンジニアでスピードと質が良い
コースの豊富さ業界トップクラスの豊富さで様々なスキル習得が可能
コスパの良さ本ブログで紹介する中で無料の次に安くてコスパ最高
カリキュラムの質オリジナルで卒業しても半永久的に見れるのは業界一
転職サポート
  • 企業の評価も高いスクールで転職にも強い
  • 転職保証コースなら転職に失敗しても全額CBがあって安心!
受講が向いてる人
  • エンジニアへ転職したい方
  • プログラミングに触れてみたい方
  • 副業から稼いでいきたい方

テックアカデミーまとめ無料体験を受ける

プログラミングスクールを徹底比較2位、テックエキスパート

知名度の高いテックエキスパートは部活のように自分を鼓舞しながらプログラミングスキルを身につけたい方に最適な環境を用意しているスクールです。
費用としては高めの設定がされていますが、講師陣のクオリティが高く世間での評判も良いという特徴があります。
転職先として通常SESへの就職が多い中、テックエキスパートは6割以上が自社サービス開発の会社へ就職することが可能なのでエンジニアで大成したい方に最適です。
総合評価
受講スタイル通学&オンライン(渋谷,名古屋,大阪,福岡いずれかに通学必須)
講師の質厳選されたプロがしっかり教育を受けた状態でサポートしてくれる
コースの豊富さRubyに特化
コスパの良さ価格としては少し高めの設定になってる(59.8万円~)、
ただ6割が自社サービス開発の会社へ就職できるのでコスパ良し!
カリキュラムの質都度受講生の反応を見ながら改善しているのでクオリティが高い
転職サポート
  • 転職成功率が99%と異常に高い
  • 転職に失敗しても全額CBがあって安心!
受講が向いてる人コミットしてエンジニアとして稼いでいきたい方

評判まとめ無料カウンセリングを受ける

プログラミングスクールを徹底比較3位、侍エンジニア塾

※Amazonギフト券プレゼントは終了してます
侍エンジニア塾はマンツーマンレッスン×一人ひとりに合った完全オリジナルカリキュラムが魅力のスクールです。
カリキュラムの中であなたオリジナルのサービス開発経験を積むこともできるので、転職にも有利になります。
最近ではサービスの改善を高速に行っていてスクール受講中に仕事を受注する人が現れるほどクオリティの高いサービスです。
総合評価
受講スタイル完全オンライン(希望者はオフラインも可)
講師の質現役エンジニアでプロ意識が高い
コースの豊富さオリジナルカリキュラムなので柔軟に対応してくれる
コスパの良さ料金にしっかりと見合ったカリキュラムでコスパ良し
カリキュラムの質一人一人オーダーメイドカリキュラムで業界トップクオリティ
転職サポート
  • 転職保証コースなら転職に成功したら全額CB!
  • 転職に向けたサポートがアツい
受講が向いてる人エンジニア転職にコミットしている方

評判まとめ無料カウンセリングを受ける

色々と比較してみるのがめんどくさいということに関しては、上記のプログラミングスクールにまずは無料体験や無料カウンセリングに行ってみると良いでしょう。

実際にご自身で無料カウンセリングなどに行くことによってリアルに触れて比較するのが1番です。

 

プログラミングスクールを比較して次に見ておきたい3社

続いて上記のプログラミングスクールに若干劣るもののしっかり見ておきたい3社についても紹介しておきます。

テックブースト【一貫したサポートが魅力!】

テックブーストは運営会社がTech Stars Agent(転職エージェント)やMidworks(フリーランス向けエージェント)を運営しており、一貫してエンジニアの成長を後押ししてくれるスクールです。
オーダーメイドのカリキュラムと専属メンターである現役エンジニアのサポートであなたがエンジニアとして転職すること、フリーランスとして生きていくことの手助けになります。
フリーランスを見据えている方は要チェックなスクールですね。
総合評価
受講スタイルオンライン or 通学選択可能
講師の質現役エンジニア
コースの豊富さ柔軟に対応してくれる
コスパの良さテックアカデミーに次ぐコスパの良さ
カリキュラムの質オリジナルのカリキュラムを提案してくれる
転職サポート運営会社が転職もフリーランスもしっかり対応してくれる
受講が向いてる人
  • 転職したい方
  • フリーランスになることも見据えてる方

無料説明会に参加する

ポテパンキャンプ【スキルアップにこだわる!】

ポテパンキャンプは入講する難しさは若干あるものの、壁をしっかり乗り越えればWEBエンジニアとして大成するためのサポートがしっかりしたスクールです。テックブースト同様に転職エージェントやフリーランス向けのエージェントを同じ会社が提供しており、そちらのサービスを使って仕事に就けば受講料が全額キャッシュバックされます。
WEBエンジニアになりたい方は必見のスクールです。
総合評価
受講スタイル完全オンライン
講師の質現役エンジニアのレビューが受けられる
コースの豊富さRubyを中心とするWebエンジニアのためのスキルに特化
コスパの良さスキルアップのためには安いくらいのコスパの良さ
カリキュラムの質現場で実践できるレベルのオリジナルカリキュラム
転職サポート
  • 同じ会社の転職やフリーランスエージェントがサポート
  • 転職に成功すれば全額キャッシュバック
受講が向いてる人WEBエンジニアとして活躍したい方

評判まとめ無料カウンセリングを受ける

GEEK JOB【このクオリティで0円!?】

GEEK JOBは20代限定の完全無料のプログラミングスクールです。
現役プログラマーによるサポートがあり、オリジナルの制作実績を作ることにより優良企業への就職支援をしっかりやってくれます。
無料でありながら、エンジニアとして生きていくための知識や経験・スキルを身につけることが可能なので、お金がない方は今すぐ無料体験に行くべきですね。
総合評価
受講スタイル通学&オンライン(東京での通学が必須)
講師の質現役エンジニア
コースの豊富さ基本的に転職に最適なコースのみ
コスパの良さ0円なのでコスパ最強
カリキュラムの質オリジナルカリキュラム
転職サポート
  • 転職を前提としたスクールなのでサポートが厚い!
  • 未経験からの就職率が97.8%
受講が向いてる人お金をかけずにエンジニア転職したい方

評判まとめまずは説明会から参加

それではなぜ上記のようなプログラミングスクールをまず紹介したのか、各比較ポイントで見てどのように上記スクールが優れているのか見ていきましょう!

 

プログラミングスクールを比較するポイント

それでは上記プログラミングスクール選定する上で比較するいくつかポイントがあるので、そちらの比較ポイントについて見ていきます。

  • 受講スタイル
  • 授業形式
  • 講師
  • 学べる言語
  • 受講期間

大きく上記の5点が比較ポイントとしてあるのでそれぞれについて解説していきます。

プログラミングスクールを比較ポイント(1)受講スタイル

プログラミングスクールの比較ポイント一つ目は受講スタイルです。

これからプログラミングスキルを身につけようとしている方の中には下記のように様々な形がいるかと思います。

  • 働きながらキャリアチェンジしたいと考えている方
  • 仕事を既に辞めていてスクールでがっつり通ってキャリアチェンジしたいと考えている方
  • 学生で時間に余裕があって勉強したいと考えている方
  • 副業でプログラミングスキルを活用したいと考えている方

状況は様々なため、上記以外にもいろいろな理由があるかと思います。その際に考えるべきはどのようなスタイルで受講するかです。

オンライン or オフライン

大きくはオンライン、もしくはオフラインの教室で受講型に分かれます。

  • オンライン限定のもの
  • 教室受講限定のもの
  • オンラインと教室受講併用のもの

という形で分かれるのですが、代表的なプログラミングスクールでいうと下記のようになっています。

テックアカデミーオンラインのみ
テックエキスパート教室&オンライン(教室必須)
DMM WEBCAMP教室&オンライン(教室必須)
ポテパンキャンプ教室orオンライン
侍エンジニア塾基本オンライン(希望者は対面も可)
テックブースト教室orオンライン
GEEK JOB教室&オンライン(教室必須)
プログラマカレッジ教室&オンライン(教室必須)
0円スクール教室のみ
コードキャンプオンラインのみ

良し悪しはあなたがどのように学びたいかによって変わってきますが、個人的なおすすめとしては移動の手間がないオンラインのみのものが一番コスパがいいです。

それぞれの受講タイプを比較してみると下記の表の通りになっています。

オンライン限定教室&オンライン教室orオンライン
受講スタイルオンラインでのみ受講可能教室は必須としてオンラインでも受講可能自分の都合でどちらでも選択可能
メリット
  • どこでも学べる
  • 教室より安価
  • 自分のペースで学べる
  • 仲間が作りやすい
  • 競争が好きな人は向いてる
  • 自分の都合で選べる
  • 自分のペースで学べる
デメリット
  • 仲間が作りづらい
  • 通う手間がある
  • 最初にどちらかを選ぶ必要がある
特におすすめな
スクール
テックアカデミーテックエキスパート
GEEK JOB
テックブースト

プログラミングスクールを比較ポイント(2)授業形式

続いては授業の形式による比較です。

どのようにプログラミング学習を進めていくかもスクールによって変わってきます。どのような違いがあるかと言うと下記のように分かれます。

  • 週1~2回のマンツーマンレッスンで課題をこなしていく形式
  • 学校のように授業スタイルですすめ形式

それぞれメリットデメリットがあるので、それぞれについてみていきましょう。

プログラミングスクール比較(1)授業型のメリットとデメリット

授業型のメリットとデメリットに関していうと下記の通りになります。

授業型のメリット
  • 一緒に学ぶ仲間ができる
  • 競い合いながら成長できる
授業型のデメリット
  • 周りよりも遅れていると焦る
  • 自分のペースで進めることが難しい
  • 決められた時間に授業に行かなければならない

プログラミングスクール比較(2)自己学習型のメリットとデメリット

続いて自己学習型のメリットデメリットでいうと下記の通りです。

自己学習型のメリット
  • あなたのペースで進めやすい
  • エンジニアになった時の実践に近い
  • 自走する力がつく
自己学習型のデメリット
  • 同じように頑張る仲間が作りづらい

上記の通りで個人的に言うと自己学習型の方が将来を考えたら優れていると言えます。

各プログラミングスクールを授業形式別で比較

授業形式別にプログラミングスクールを比較すると下記の通りになっています。

授業形式別
授業型
  • 0円スクール
  • プログラマカレッジ
自己学習型
  • テックアカデミー
  • テックエキスパート
  • DMM WEBCAMP
  • ポテパンキャンプ
  • 侍エンジニア塾
  • テックブースト
  • コードキャンプ
  • GEEK JOB

授業型も結局は自己学習が必要となるのですが、大きく見て分けると上記のようになります。

プログラミングスクールを比較ポイント(3)講師

三つめのプログラミングスクールを比較するポイントとしては講師です。

他のスクールと比較して講師がどのように評価されているかという点もありますが、大事なポイントとしては現役エンジニアが教えてくれるか?質にこだわってるか?が重要となります。

どんな講師が教えてくれるかHPなどで記載されていないスクールはちょっとマイナスと言えますね。

テックアカデミー現役エンジニア
テックエキスパート厳選されたプロのみ(教育がしっかりしてる)
DMM WEBCAMP記載なし
ポテパンキャンプ現役エンジニア
侍エンジニア塾現役エンジニア
テックブースト現役エンジニア
GEEK JOB現役エンジニア
プログラマカレッジ記載なし
0円スクール記載なし
コードキャンプ現役エンジニア

プログラミングスクールを比較ポイント(4)学べる言語

プログラミングスクールによって学べる言語も変わってきます。代表的な各スクールを比較するために学べる言語を一覧で示すと下記となっています。(太字がメインもしくはおすすめ言語)

テックアカデミーRuby / PHP / Laravel / Java / jQuery
Swift / Kotlin / C# / HTML / CSS
Python / Scala / Node.js / Scratch / GAS
テックエキスパートRuby / HTML / CSS / JavaScript / jQuery
DMM WEBCAMPHTML / CSS / JS / jQuery / Ruby / Rails
ポテパンキャンプHTML / CSS / JavaScript / Ruby / Rails
侍エンジニア塾Ruby / PHP / Python / Java / WordPress
HTML / CSS / JavaScript他
テックブーストHTML / CSS / Ruby / Rails / PHP / Laravel
GEEK JOBPHP / Java / Ruby
プログラマカレッジJava / PHP / HTML / CSS
0円スクールJava
コードキャンプHTML / CSS / JavaScript / Bootstrap / Swift
Android / PHP / Ruby / Rails / Java

未経験からエンジニアを目指すのであれば、Ruby・PHP(HTML/CSS)・Python・Java辺りがとっかかりやすく仕事もしやすいです。

プログラミングスクールを比較ポイント(5)受講期間

受講期間に関してもプログラミングスクールによって様々です。

固定で受講期間を決めているプログラミングスクールもあれば、個人の判断に委ねて受講期間を選択可能なプログラミングスクールもあります。(下記の表の通り)

テックアカデミー4週間 / 8週間 / 12週間 / 16週間
テックエキスパート10週間
DMM WEBCAMP3か月間
ポテパンキャンプ2カ月 / 3か月 / 4カ月
侍エンジニア塾1カ月 / 2か月 / 3か月 / 6カ月
テックブースト3カ月~
GEEK JOB1~3カ月(個人の進捗による)
プログラマカレッジ3カ月
0円スクール1~3カ月
コードキャンプ2カ月 / 4カ月 / 6カ月

どこのプログラミングスクールで学ぶにしても適切な学習期間は3ヶ月くらいです。

それより長くなってしまうと間延びしてしまう感もありますし、逆に短いとこんつめてやる必要が出てきてしまうので平均的な方であれば3ヶ月くらいが良いでしょう。

 

プログラミングスクールを比較する前に目的を明確にしよう

プログラミングスクールを比較するポイントについて5点見てきましたが、比較する際にもう一つなくてはならない重要なことがあります。

それはあなたがプログラミングスクールで学ぶ目的を明確にすることです。

推測するとプログラミングスクールで学ぶような目的としては下記のようなものが挙げられますが、学ぶ目的によって最適なプログラミングスクールも若干変わってきます。

  • エンジニアにキャリアチェンジして転職したい
  • 将来的に在宅ワークできるようなスキルを身につけたい
  • 副業としてアプリケーション開発などがしたい

上記は一例となるので、細かいところだとさらに目的が分かれてくるかと思います。

転職向けのプログラミングスクールについては後述にて詳しく解説していますが、目的別に比較して特に適したプログラミングスクールは下記となっています。

転職テックアカデミー、侍エンジニア塾、テックエキスパート
フリーランスを見据えるテックエキスパート、テックブースト、ポテパンキャンプ
副業としたスキルテックアカデミー

それでは比較ポイントとあなたがプログラミングスクールで学ぶ目的を明確にした上で各プログラミングスクールの詳細を比較していきましょう。

 

プログラミングスクールを無料限定で比較

それでは無料のプログラミングスクールに絞って比較して見ていきたいと思います。

無料のプログラミングスクールは色々とありますが、特に見ておきたいのは下記の3社になります。

  • GEEK JOB
  • プログラマカレッジ
  • 0円スクール

各プログラミングスクールの特徴としては下記となっています。

比較ポイントGEEK JOBプログラマカレッジ0円スクール
転職成功率97.8%96.2%非公開
取得スキルPHP / Java / RubyJava / PHP
HTML / CSS
Java
オンライン可否××
転職先優良企業500社以上求人数3500件以上1社のみ
講師現役エンジニア記載なし記載なし
教室の場所四ツ谷、九段下半蔵門札幌、仙台、東京
名古屋、大阪、福岡
評判まとめ評判まとめ評判まとめ評判まとめ
公式HP公式HP公式HP公式HP

基本的に教室で授業形式で学ぶスタイルが主となっているので、通学可能かどうかによって学ぶプログラミングスクールが変わってきます。

一応なぜ無料のプログラミングスクールが存在するかと言うと、

  • プログラミングスクールがIT企業と提携してる
  • 人材を紹介するとIT企業からプログラミングスクールへお金が入る

という仕組みが成り立っており、あなたにとってもプログラミングスクールにとってもIT企業にとってWin-Win な関係が気づけるようになっています。(下記図参照)

無料のプログラミングスクールに通うのはいいと思いますが、本腰を入れたい方は有料のプログラミングスクールの方がいいです。

有料の方が良い理由
  • お金を投資したことで格段とやる気が上がる
  • 転職先の会社のクオリティが高い
  • 講師の方のクオリティが高い

二番目と三番目に関しては、一つ一つを見るとそれほど違いがないかもしれませんが、無料だと多少クオリティが低くてもしょうがないという信念が働いてしまいます。

妥協したくないということであれば有料の方が良いですね。

 

オンラインに強いプログラミングスクールを比較

続いて受講スタイルとしてオンラインに強いプログラミングスクールに絞って比較してみてみましょう。

代表的なオンライン限定のプログラミングスクールは、

  • テックアカデミー
  • 侍エンジニア塾
  • テックブースト

です。

各項目で比較したほうがわかりやすいのでまずは比較して見てみます。

テックアカデミー侍エンジニア塾テックブースト
受講スタイルオンライン限定オンライン限定オンラインor通学
料金4週間:139,000円
8週間:189,000円
12週間:239,000円
16週間:289,000円
1カ月:168,000円
2カ月:292,000円
3カ月:438,000円
6カ月:698,000円
入学金:184,800円
月額:29,800円
転職サポート転職支援サービス
転職保証コース有
(転職失敗時に返金)
転職コース有
(転職成功時に返金)
運営会社がキャリアサポートを全面サポート
取得スキルRuby / PHP
Laravel / Java
jQuery / Swift
Kotlin / C#
HTML / CSS
Python / Scala
Node.js / Scratch
GAS
Ruby / PHP
Python / Java
WordPress
HTML / CSS
JavaScript他
HTML / CSS
Ruby / Rails
PHP / Laravel
講師現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア
評判まとめ評判まとめ評判まとめ
公式HP公式HP公式HP公式HP

※料金はコースにより若干異なります

上記の通りで、オンライン限定に絞ってみると学べるスキルや価格帯に違いがあるものの、それほど大きな違いはない無料カウンセリングや無料体験してみて比較して検討するのがベストです。

あとは転職が目的なのであれば転職するという観点において比較してどうか?というところになります。

 

プログラミングスクールを徹底比較して転職に向いてるスクールを精査

転職を目的としてプログラミングスクールで学ぼうとしている方向けに転職サポートという観点で各プログラミングスクールを比較してみてみましょう。

まず転職サポートといっても細かく見ると違いがあるのでどのような違いがあるかについて見ていきます。

プログラミングスクールの転職サポートの内容を比較

表現の仕方はプログラミングスクールによってまちまちではあるのですが、

  • 転職に特化したコースを設けているプログラミングスクール
  • プログラミングスキルを身に付けることを主として転職支援も行なってくれるプログラミングスクール

に分かれます。

また、

  • プログラミングスクールが転職エージェントやフリーランス向けのエージェントと同じ会社が運営しているもの
  • プログラミングスクール単体として転職支援をしてくれるところ

という風に分かれてきます。

代表的なプログラミングスクールで言うと下記の表の通りです。また、転職先としてどのような企業に就職できるかというのも鍵となるので合わせて見ていきます。

プログラミングスクール転職サポートのスタイル転職先
テックアカデミー転職保証コース&
転職サポート
(転職失敗で返金)
IT業界で成長中の企業が中心
テックエキスパート転職保証型
(転職失敗で返金)
自社開発:約60.0%
受託開発:約25.0%
SES:約15.0%
DMM WEBCAMP転職保証型
(転職失敗で返金)
300社以上の限定求人
ポテパンキャンプ転職&フリーランス向けエージェントでサポートWEB系
侍エンジニア塾転職コースで転職成功すると全額返金SESが中心
テックブースト転職&フリーランス向けエージェントでサポート幅広い求人
GEEK JOB転職前提の学習優良企業500社強
プログラマカレッジ転職前提の学習3500社の就職先
0円スクール転職前提の学習バンキングシステムズのみ
コードキャンプ転職支援あり日本全国の企業

上記の通りそれほど大きな違いはないのですが、細かく見ると色々と違いがあります。

比較してみてよくわからないという方もいるかと思いますので、転職に効果的なプログラミングスクールとして3社あげました。

プログラミングスクールの徹底比較した転職に効果的なスクール

各プログラミングスクールを徹底的に比較して転職を目的としたときに特におすすめな5社を選定しました。

正直どのプログラミングスクールも素晴らしいので選定が難しいのですが、3種類の方向けにそれぞれ選定しているので是非参考にしてもらえればと思います!

転職先の質で選ぶ:最初から自社開発ができる企業へ就職する

テックエキスパート

転職先の質でいうと平均的に高いのはテックエキスパート一択になります!

未経験で転職できる企業はSESが多い中、テックエキスパートは全体の6割ほどが自社開発の会社へ就職することができます。

SES自体悪くないのですが、最初から自社開発できる会社に就職できるのはとても大きいです。

  • SES:客先常駐がメイン。色々な経験ができるものの希望するスキルを特化しての積み上げが少し難しい。
  • 自社開発:自社での開発なので服装なども自由な会社が多い。自分が伸ばしたいスキルを伸ばしやすい。

自分でサービスやアプリなどを作っていきたい方にとってテックエキスパートがピカ一と言えますね!

詳細を見る無料カウンセリング

リスクを抑えて転職までこぎつける

  • テックアカデミー・・・一番コスパが良い
  • GEEK JOB・・・無料で受講することができる

現時点でそれほどお金に余裕がないという方でプログラミングスクールで学ぼうとしてる方もいるかと思います。

そこでリスクを抑えて転職までこぎつけたい方におすすめなのはテックアカデミーとGEEK JOBです。

上記の通り、テックアカデミーは月々1万円程から受講可能でGEEK JOBであれば完全無料で受講出来て転職のサポートを受けることが可能になります。

テックアカデミー詳細GEEK JOB詳細

転職にコミットして実質無料で受講する

  • 侍エンジニア塾
  • ポテパンキャンプ

転職にコミットするのであれば、侍エンジニア塾やポテパンキャンプのように転職に成功することで受講料が全額キャッシュバックされるプログラミングスクールを選択すると良いです。

両社を比較すると甲乙つけがたいところはありますが、ポテパンキャンプはMacBookを持ってることが必須となるのでMacBookを持ってないなら侍エンジニア塾が良いでしょう!

侍エンジニア塾詳細ポテパンキャンプ詳細

 

プログラミングスクールを料金に絞って比較

最後にプログラミングスクールの料金についても比較してみておきましょう。

ここまででプログラミングスクールをいくつか紹介してきましたが、各プログラミングスクールで料金体系が違うというのに気づいた方もいるかと思います。

プログラミングスクールの料金体系を比較

プログラミングスクールの料金に関して、まずは料金体系を比較してみてみましょう。

料金体系としていうと下記の三つに分かれます。

  • 転職支援込みで完全無料のもの
  • 受講期間によってコースがあり料金が決まっているもの
  • 入会金を支払ってその後は月々の月会費になるもの

支払い方の違いはあるものの結局最終的にいくら支払うことになるのかが大事ですね。

プログラミングスクールの料金相場

各プログラミングスクールを比較して料金の相場を算出すると下記になっています。

プログラミングスクールの料金相場
  • 月々の支払額:2~3万円(24回払いの場合)
  • トータルの支払額:40~50万円

多分高いと思った方もいるかと思いますが、実際コスパを見るとどうなのでしょうか?

プログラミングスクールの料金はコスパ良い!

エンジニアを10年やってきている僕の身からするとプログラミングスクールは十分コスパが良いと言えます。

わかりやすい例で言うと大学に通った方であればどれくらい学費を払ってきたか分かるでしょうか?参考までに東京都内の私立で文系学科に通っていた時の僕の学費は下記の通りになっています。

  • 入学金:890,000円
  • 学費:600,000円

4年間のトータルで言うと約300万円ということになります。

大学に行っている間に何が学べたかと言うと「・・・・・」。
正直僕の場合は野球ばかりしていたので、社会に役立つようなことで学べたことはそれほどありませんでした

プログラミングスクールは大学と比較すると十分実践に通用するスキルを身に付けることは可能なので、コスパとしてはめちゃくちゃ良いと言えますね。

とはいえ、「トータルで60万円とか高いじゃん!」と思う方向けにもう少し補足します。

現在の収入から年収が50万円上がると考えたらどうでしょうか?

遅くとも一年ちょっとでプログラミングスクールの料金を回収することが可能ということになります。

よく言われることではありますが、実際に統計として経済産業省が出している情報によると下記の通り他の業種と比べてエンジニア業界は50万円以上年収が高いです。

情報通信業399.6万円
建設業349.1万円
製造業320.3万円
運輸業289.0万円
卸売業346.4万円

参考:経済産業省が平成30年に調査した業種別の平均年収

もし現時点でお金がないのであれば、分割払い可能なプログラミングスクールを選べば良い話です。(最悪クレジットカードでの分割払いでもOK)

将来のことを考えればエンジニアになるためにプログラミングスクールに投資するのは十分コスパ良いことが分かったでしょうか?

各プログラミングスクールの料金を比較

最後に改めてプログラミングスクールの料金を比較してみておきましょう。代表的なプログラミングスクールを表にしてみていきます。(期間は3か月前後で比較)

合計料金料金分割料金
テックアカデミー239,000円239,000円9,958円/月~
(24回払い)
テックエキスパート598,000円598,000円30,000円/月~
(24回払い)
DMM WEBCAMP628,000円628,000円26,000円/月~
(24回払い)
ポテパンキャンプ250,000円250,000円10,416円/月~
侍エンジニア塾438,000円438,000円18,250円/月~
(24回払い)
テックブースト244,400円入学金:184,800円
月額:29,800円
※オンラインの場合
10,183円/月~
(24回払い)
GEEK JOB0円0円0円
プログラマカレッジ0円0円0円
0円スクール0円0円0円
コードキャンプ478,000円入学金:30,000円
料金:448,000円
19,916円/月~
(24回払い)

上記の通り、プログラミングスクールの中でも料金が安くてコスパの良いスクールはオンライン受講型のテックアカデミーであることがわかりますね。

なお、転職に成功すると受講料が全額キャッシュバックで無料となるプログラミングスクールとしては下記があります。

実質無料にできるプログラミングスクール
  • 侍エンジニア塾
  • ポテパンキャンプ

転職にコミットして実質無料で学びたいのであればこの2社いずれかを選ぶのもありと言えます。

 

まとめ

今回はエンジニア歴10年のフリーランスエンジニアがプログラミングスクールを徹底比較して各目的別に受講価値のあるスクールを選定して紹介しました。

どのスクールも優秀ですが、目的別におすすめなプログラミングスクールは下記となっています。

途中でも解説している通り、プログラミングスキルを身につけてエンジニアへキャリアチェンジすることで平均で見ても年収が50万円以上上がる可能性があります

1~2年実務経験を積んでフリーランスエンジニアになれば年収600~800万まで上げること可能な世界ですので、下記のようにキャリアを積んで自由な人生を手に入れましょう!

エンジニアとして自由を手に入れるまで
  • STEP01
    学習期間

    プログラミングスクールで3か月間しっかり学習する

  • STEP02
    会社で経験積む

    エンジニア転職して実務経験を1~2年積む(この時点でスクール代回収可能!

  • STEP03
    常駐フリーランス

    フリーランスエンジニアとして1~3年ほど企業常駐で働いて更に経験を積む(年収600万以上稼げる!

  • STEP04
    自由な生き方へ

    在宅やノマドワーク可能なスキルや経験が身についてるので、希望する場合はフリーランスとしてリモートワーク可能な案件を受注して自由な生活に!

しっかりとスキルを身につけて一緒に自由な人生を手に入れましょう!

ABOUT ME
ミツキ
Webでの発信や自己探求が好きです。『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』というのが人生のテーマで、今は妻に「仕事をしない選択をしてもらう」ことを目標に仕事をしています。これまでの略歴としては、東京の四大の文系学科を卒業後、独立系SIerに就職し社畜SEを4年した後にフリーランスエンジニアを5年。現在はフリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立てています。プロフィール詳細こちら広告掲載やコンサル等お仕事の依頼こちら
SEライフログの人気記事