SEの仕事力向上

日本ビジネスシステムズ(JBS)の評判は良い?僕がJBSを退職した理由

フリーランスエンジニアのミツキ(@ptnimz1987)です♪

今回は僕の社会人の始まりの会社、日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)に関して下記のような方に参考になるように書いていきます。

  • JBSってどんな会社なんだろう?
  • JBS入ってるけどしんどいからこの先どうしよう?

日本ビジネスシステムズ(JBS)、現在虎ノ門ヒルズにオフィスを構えるグループ総勢2000人を越えるSIerのIT企業です。(英語表記のJapan Business Systems.incの略でJBS)

上記で書いた通り僕の社会人の始まりはJBSでして、2010/4~2014/1まで働いていました。

少し前じゃんと思う方もいるかもしれませんが、僕が辞めた後も働き続けていた方から聞いたこと、実際僕がJBSを通じて得たことや感じたことを包み隠さず書いていきます。

ちなみに僕がJBSを辞めた理由で一番大きいのは、「労働時間の長さ×見合わない収入」と「会社での自分の将来像が見えなかった」ことです。入社当初は期待とやる気満々だった僕ですが、イメージと現実のGAPを縮めることができませんでした。

下記のおすすめ転職エージェントの記事の冒頭にも書いている通り、僕はJBSを辞めたのをきっかけに人生が大きく好転しました。

SE向け転職エージェント

僕の実体験を踏まえ本記事を読んでくれている方の参考になればと思い書いていきます。

 

日本ビジネスシステムズの評判まとめ

僕の意見だけだと偏見が強いので、まずは色々な方の評判や口コミについて見ておきましょう。

Microsoftのベストパートナーで最前線で仕事をさせてもらっているためやりがいがある。若いうちから色々な経験ができて楽しいと感じる。
主任になったけど役職手当が2万円しかもらえず責任に対する費用対効果が悪い気がする。
独立SIerとは言うけど扱っているものの大多数がMicrosoftでホントにCustomer Firstで提案できているのかどうか…。
社内恋愛推奨で社内で結婚相手が見つかった。子供もできて幸せに感じてる。
風通しがよくノリが良いため楽しい雰囲気で仕事をできている。毎週のように会社の人と飲みに行ってる。
虎ノ門ヒルズというオシャレなところで働けて嬉しい。社食もあるので働く環境として申し分ない。

 

日本ビジネスシステムズ(JBS)を退職した理由

ここから僕の実体験に基づき書いていきます。冒頭でも触れた通り、僕がJBSを退職した大きな理由は下記2つです。

  • 労働時間の長さ×見合わない収入
  • 会社での自分の将来像が見えなかった

それ以外も色々と要因はありまして、少し偏見はあるかもしれませんが、会社のブラックすぎる一面【IT企業の実体験を元に紹介します】にJBSのマイナス面は全て書いてあります。

また下記ツイートの通り、ちょくちょくTwitterで当時のことについて発信しているのでもしよければフォローしてください(笑)

 

ここで改めてお伝えしたいのは、JBSの企業理念は「Customer First」。

お客様のためを考えてBESTを尽くすという意味ですが、その前に「従業員のことをしっかり考えてよ!」と思ってしまったのが僕が退職した理由の根底にあります。噛み砕いて説明すると下記の通りです。

上がらない年収+サービス残業

フリーランスエンジニアの年収の記事でも書いている通り、当時の僕の初任給は23万円/月+ボーナスは給料の4か月分/年で年俸制なので368万円でした。

退職する4年目の終わりの年俸は約411万円、会社のために尽くしているつもりが月1000円ほどしか収入が上がっていかなかったことになります。

一般的な考えとして会社員なら残業代で稼ぐというのがありますが、当時は残業代が出なかったので(2018年1月から出るようになった様子…)、残業ゼロだろうが残業100時間だろうが残業代はありませんでした。

僕は平均月100時間は残業していたのでコスパ悪すぎですね(苦笑)

役職が詰っていて昇進しづらい組織体系

上記の年収が上がりづらい背景として「平社員」だからということがあります。会社全体の年収の平均は500万円を越えている理由として、課長以上の役職に就いている人はある程度稼いでいます。

それなら昇進を目指せばOKでは?と思うかもしれませんが、役職が埋まっているので昇進しづらかったです。元々JBSの生え抜きの人が昇進していくならまだしも、転職してきた人が役職に就くことも多く見られました。

社会人1年目は昇進目指して頑張っていた僕ですが、年々昇進への想いが薄れていったのは言うまでもありません。

 

日本ビジネスシステムズ(JBS)志望した理由

上記でネガティブなことばかり書きましたが(とは言え事実です)、実は第一志望でJBSへ入社しました。おそらくJBSを選択する人の多くが志望する理由で挙げるであろう「人」の部分が僕が一番惹かれた理由です。

会社説明会やその前にあったインターンのようなオープンセミナーで実際に働いている方の人の良さを感じたのはもちろんですが、それ以上に基本は採用担当や選抜された実際に働いてる社員が来る合同企業説明会の場に社長が来ていたのが僕の中では大きかったです。

その社長の姿勢から社員を大切にする会社と感じたのですが、実情は上記で書いたとおりでした。

あとは学生時代から野心があった僕は成長できそうな会社という事でJBSを選んだというのがありまして、その点に関しては1年目から現場で開発の経験などをさせて頂いてスキル的には成長できたと実感しています。

 

日本ビジネスシステムズへの転職はおすすめか?

僕が退職した理由の中で転職してきた人が役職につくことがあると書きましたが、JBSへの転職はおすすめか?と気にする方もいるかと思います。

個人的な感覚ですが、既にマネジメント経験があったりある程度の実績をもたれている方はJBSへの転職を検討するのはありです。一方、中途半端な経験しかない・これから成長していきたいという人にはちょっとおすすめできません

外に出てから気づいたこととして、仕事一筋で残業しまくって成長していくのもいいですが、しっかり自分の時間をとって仕事以外の時間を有効活用していくことも大事です。

会社行きつつ平日夜や土日の時間に熱中できる趣味に没頭する、副業する、会社外の人との出会いを作るなどの時間に割くと良いです。

僕がいた部署が少し特殊だったのは否めませんが、土日出勤して代休とれないなんてことは他の部署でもあることだったので自分の時間は取りづらい会社ですね。

自分のキャリアプランを考えて転職したりフリーランスになるには、エージェントに相談しながら決めるのが良いです。

 

現日本ビジネスシステムズ社員に伝えたいこと

話を聞く限りでは、残業代が出るようになったり虎ノ門ヒルズに引っ越したり昔よりは会社としてよくなったとは聞きます。

ただ合わせて未だに聞くのが下記のような悩みです。

  • パワハラでメンタルやられて苦しんでいる
  • 残業が多くてしんどいけど転職活動する時間もない
  • 辞めたいと言ってもはぐらかされるし辞めさせてもらえない

上記は一例として、悩みが絶えない職場かと思います。

ここまでで何回か書いているように自分に合わないと感じたら辞めるのが良いです。あなたの人生はあなたの人生であって、会社の人生ではありません。

もし僕のように辞めたいのに辞めたいと言い出せない、辞めたいと言ってもはぐらかされたり無視されたりする場合は今流行りの退職代行を使うのも良いでしょう!

退職代行おすすめランキング ※僕の別ブログへ飛びます

また、パワハラで苦しんでいたり残業代出るはずなのに打刻早く押さないと怒られるからサービス残業しまくっているという方は法律のプロに一度相談してみると良いですね。

法律問題相談サポート

ここまでもぶっちゃけまくってますが、多分僕はその気になれば数十万から数百万は会社へ請求出来たんじゃないかと思っています。

上記は「日本法規情報」というページに飛びますが、無料で相談できて適切な法律事務所を紹介してもらえるのであなたの悩み解決のサポートをしてもらえます。

 

日本ビジネスシステムズまとめ

以上見てきた通り、JBSについてでした。個人的にはスキル的な面で学ぶことが多く、その点でSEとしての基盤ができたことに感謝しつつも、本音で言うと4年弱もいる必要なかったかなという気持ちです。

JBSを退職して5年経ちましたが、同期も大分辞めてしまったようでおそらく半分も残っていないです。その辺はIT業界らしいと言えますかね。

全体を通して見ると、あなたが明確にやりたいことがあって、そのやりたいことが実現するのであれば入社・これからもい続けるのはありでしょう。

ただあなたの理想が叶えられないのであれば入社すべきではないですし、今働いてるなら今すぐにでも辞めた方が良いですね。

時間は有限なのであなたにとってベストな時間の使い方をしましょう!

ABOUT ME
ミツキ
Webでの発信や自己探求が好きです。『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』というのが人生のテーマで、今は妻に「仕事をしない選択をしてもらう」ことを目標に仕事をしています。これまでの略歴としては、東京の四大の文系学科を卒業後、独立系SIerに就職し社畜SEを4年した後にフリーランスエンジニアを5年。現在はフリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立てています。プロフィール詳細こちら広告掲載やコンサル等お仕事の依頼こちら
SEライフログの人気記事