SE転職エージェント

SE歴9年が解説!ITに強い転職エージェントおすすめ9選と選び方

IT転職エージェント
  • IT業界に強いおすすめの転職エージェントってどこだろう?
  • 失敗せずに転職エージェントを使うにはどうすれば良いだろう?

今や星の数ほどたくさんある転職エージェント。
数が多いだけに、どの転職エージェントを使うべきか迷ってしまう方も多いですよね。

IT業界に携わる方なら、ITに特化しているかIT業界に詳しい転職エージェントを選ぶのがおすすめです。
とはいえ、そうした転職エージェントの中でも得意とする求人やサポート体制は異なるので、自分に合った転職エージェントはどれだろうと迷ってしまいますよね。

僕も実際に迷ってしまったうちの一人です。

ミツキ
ミツキ
というわけでこんにちは。
IT業界歴10年、フリーランスエンジニア兼Webマーケターのミツキ(@ptnimz1987)です。

僕はこれまでSE歴が9年、エンジニアやWebマーケターとして色々な仕事を経験してきて数多くの転職エージェントを使ってきました。
フリーランス向けのエージェントも合わせると20個以上は登録しています。

今回はそんな僕の経験を踏まえて、現在、IT業界に携わっていて転職を考えている方はもちろん、他の業種からの転職を考えている方にもオススメの転職エージェントを紹介していきます!

この記事を是非読んでほしい方
  • IT業界内で転職したい方
  • 異業種へ転職したい方
  • 未経験の方
  • 過去に経験のある方

ただし、一人の意見だと「偏りがあるのでは?」と感じられる方もいると思います。
そこで、本記事では多くの人が転職時に感じた課題や、良いと感じたサービスを知るため、「IT業界での転職経験がある人」を対象にアンケート調査を行いました。

それらの回答結果をもとに、おすすめの転職エージェントやサイトを紹介していきたいと思います。

上記のようにアンケートを取ったことにより、転職エージェントで失敗する確率を減らすために重要なことが5つわかりました。

  • 転職にうまくいっている人は転職エージェントを複数登録している
  • 中でも、半数以上の方は3つ以上の転職エージェントを使用している
  • 転職エージェントと転職サイトを併用している
  • IT内でキャリアアップしたい場合はIT専門のエージェントがおすすめ
  • 給与アップを目標にする場合も、収入面にのみこだわりすぎない

詳しくは本記事で解説をしていきますが、今回のアンケートで登録者が多かった転職エージェント・転職サイトのTOP5は下記の通りでした。
※転職エージェントと転職サイトの違いは、「そもそも転職エージェントとは?」参照

新型コロナウイルスにより、今後の生き方を見直し転職を検討中の方もいらっしゃるかと思います。
IT業界がおすすめな理由とおすすめな職種でも解説していますが、今後もさまざまな業種がオンライン化していくと考えると、その点でもIT業界はおすすめです。

とはいえ、うまくキャリアを築いていけないとIT業界で生き抜くことは難しくなってしまいます。
なので、失敗せずに転職エージェントを活用できるように一緒に見ていきましょう!

下記の順に解説していくので、気になる部分から見ていただければと思います。

目次
  1. アンケートでわかったIT業界での転職で失敗しないためのポイント
  2. そもそも転職エージェント・転職サイトとは?
  3. 転職エージェントを利用する流れ
  4. SE歴9年が解説!IT業界でおすすめの転職エージェント6社・転職サイト3社を一覧で紹介
  5. エンジニア未経験もOK!IT業界に強い総合型転職エージェントおすすめ4選
  6. キャリアアップしたいエンジニア向け!IT業界に特化した転職エージェントおすすめ2選
  7. 転職エージェントとは異なる求人情報が見つかる!豊富な求人数で使いやすい転職サイト3選
  8. IT業界で転職エージェントを使った36名の体験談まとめ
  9. まとめ

アンケートでわかったIT業界での転職で失敗しないためのポイント

はじめにお伝えすべきこととして、何となく転職エージェントを使って転職活動をするだけでは転職はうまくいきません。
本記事を書くに当たって、以下のようにアンケートを取りました。

その結果、転職エージェントをうまく活用するには、以下の6つのポイントが重要であることがわかりました。

  1. 複数のエージェントや転職サイトに登録する
  2. ネットの情報は参考程度に。まずは気になるサービスを使ってみる
  3. 今後の人生設計を明確にする
  4. フリーランスも頭にあるならフリーランス向けのエージェントも登録する
  5. 柔軟な働き方をしたい場合は派遣も視野に入れておく
  6. 転職するならなるべく若いうちにしておく

各ポイントについて詳しく見ていきましょう。

1.複数のエージェントやサイトに登録する

まず、複数の転職エージェント・転職サイトに登録することです。
アンケート結果を見ても、ほとんどの方が複数のエージェント・サイトに登録していて、半数以上の方が3つ以上の転職エージェント・サイトを使用していました。

登録したエージェント・サイトの数
  • 3社:12名
  • 2社:9名
  • 4社:7名
  • 5社:4名
  • 1社:3名
  • 7社:1名
  • 6社:0名

複数の転職エージェント・転職サイトに登録することにより、下記のような利点があります。

  • 幅広く色々な案件を見ることができる
  • 各エージェントの独自案件の情報を入手できる
  • 比較検討することで、あなたに合う転職サービスを見つけられる

なお、8割の方が転職エージェントと転職サイトを併用しています。
エージェントに求人を探してもらいながら、自分でも転職サイトで気になる求人に応募すると効率的です。

なので、個人的なおすすめとしては、案件数TOPで評判も良いリクルートエージェントdodaは登録必須、あとは興味を持ったエージェントに登録するのが良いでしょう。

2.ネットの情報は参考程度に。まずは気になるサービスを使ってみる

続いて、転職エージェントについて色々と解説してきたのですが、正直ネットの情報は参考程度に、まずは気になるサービスを使ってみた方が良いです。
なるべく多くの方に参考になる情報を発信できればと思っていますが、働き方や生き方は十人十色で人それぞれなので、ネットの情報が100%当てはまるとは限りません。

なので、ネットの情報を参考にしつつ、あなたの状況にも当てはまるかどうか行動して検証してみることをおすすめします。
転職エージェントや転職サイトは無料で使えるので、失敗を恐れずにまず行動するという精神が非常に重要です。

3.今後の人生設計を明確にする

そして、今後の人生設計を明確にすることも大事です。
「キャリアプラン」ではなく、なぜ「人生設計」かというと仕事は人生の一部でありながら、人生の多くの時間を占めます。

どのような人生を築きたいか?から逆算して仕事を選ぶことが大事なので、僕のエンジニア10年の経験から言えることとして、以下の軸で考えると良いでしょう。

  • どれくらいの年収を稼ぎたいか
  • 仕事とプライベートの割合はどれくらいにしたいか
  • どこで仕事をしたいか
  • 何歳まで仕事を続けたいか
  • 誰と一緒に仕事をしたいか

転職=年収を上げるとイメージする方もいるかもしれませんが、年収を上げることが必ずしも正解とは限りません。
本当にあなたが求める人生が何なのかから逆算して転職先を選ぶことが大事です。

なお、転職先の選び方については下記の記事も参考にしてみてください。

SEに転職はおすすめ!転職先の選び方や必要スキルをSE9年の経験から解説SEの転職に関して、おすすめする理由やおすすめの転職先の選び方の方法について解説しています。SEとして9年働いた経験から実体験を元に解説していますので是非参考にしていみてください。...
ミツキ
ミツキ
ちなみに僕は仕事を色々経験しつつ、仕事で尊敬している人に会いに行ったりしながら理想の人生を明確にしてきました。
すぐに人生のビジョンが明確になることはないので、行動しながら考えていきましょう。

社内SEという働き方もうまく活用すること

転職先を選ぶ中で、IT業界の一つの職種として社内SEという働き方を選ぶのも一つの手です。
なぜ社内SEをここで出すかというと、Webエンジニアやシステムエンジニア・インフラエンジニアなど他の職種と比べて残業時間が少ない傾向があるからです。

プライベートと両立したい方や副業したい方など、自分の時間をしっかり確保したい方にとっては良い選択肢となります。
転職エージェント・転職サイトで社内SEの求人を多く扱っている順番でまとめると下記の通りです。

社内SEの求人数ランキング
  1. リクルートエージェント:6,003件
  2. doda(パーソルキャリア):2,239件
  3. リクナビNEXT:1,713件
  4. マイナビエージェント×IT:1,529件
  5. ビズリーチ:1,343件

※求人数は2020/10/20時点

なお、スキルアップやキャリアアップを目指す場合は、社内SEよりクライアント業務の方が良いです。

4.フリーランスも頭にあるならフリーランス向けのエージェントも登録する

転職を検討中の方の中には、フリーランスになることも視野に入れている方もいるかと思います。
もし将来的にフリーランスを目指そうと考えているのであれば、今のうちにフリーランス向けのエージェントに登録しておくのもありです。

フリーランス向けのエージェントは下記にて解説をしています。

フリーランスエージェント
フリーランスエージェントおすすめ16選と選び方の注意ポイントフリーランス向けのエージェントについて、選び方やおすすめの16社を紹介!エンジニア/Webマーケターとしてフリーランス6年の経験・口コミを元にした選りすぐりです。本記事を見れば登録すべきエージェントがわかります。...

ちなみに、僕も転職活動を進めている中でフリーランスになる選択肢があることを知り、結果的に社会人4年目の終わりからフリーランスになりました。
フリーランスになるとどれくらいの市場価値になるのか見てもらうだけでもありなので、興味がある方は登録することをおすすめします。

エンジニアとしての経験が2年以上ある方なら、レバテックフリーランスギークスジョブに登録すると正確な市場価値を知ることができます。

5.柔軟な働き方をしたい場合は派遣も視野に入れておく

人生設計をする中で、「一旦働く時間を減らしたい」「転職で企業へ就職するのではなく短期で働ける職場が良い」という場面があるかと思います。
そういった柔軟な働き方を求める場合は、派遣で働くのも十分ありです。

ミツキ
ミツキ
僕も4年目終わりからフリーランスになったとはいえ、実質的なところでいうと副業の時間をしっかり確保したかったので、IT企業からクライアント先の現場へ配属される派遣のような働き方を長くしていました。

なお、IT業界に強い派遣会社として、下記2つがあります。

※リンクは各派遣会社の評判に関しての記事へジャンプします

modisは無料で受けられるエンジニア養成講座があるため、エンジニア未経験の方でもエンジニアになるためのサポートをしてもらえます。
いずれの派遣会社もITの案件を多く取り揃えているので、十分登録しておく価値があると言えます。

6.転職するならなるべく若いうちにしておく

最後のポイントとして、転職するなら絶対に若いうちにしておいた方が良いです。
早く転職したほうがスキルが積み重なりますし、今後のキャリアアップがスムーズです。

20代であれば、喜んで受け入れてくれる会社も多く選択肢が増えるので、早いうちの転職を本当におすすめします。
若いうちに色々な会社で経験を積んで、歳を重ねたらハイクラス向けの転職エージェント・転職サイトで高収入が得られる会社へ転職するというようなキャリアプランも良いですね。

とにかく、この先の人生で一番若いのは今この瞬間なので、今のうちに行動していきましょう。

そもそも転職エージェント・転職サイトとは?

ここまでおすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介してきました。
ただし、中には「転職エージェントってなに?」「転職サイトってなに?」という方もいるかと思います。

なので、転職エージェントを利用する上での基礎知識についても解説していきます。

転職エージェントとは

まず転職エージェントとは、あなたと求人を募集している企業との仲介をしてくれるサービスです。

実は、日本には400万社を超える企業があります。
そんなたくさんの企業の中から、あなたが希望する条件で働ける企業をピンポイントで見つけるのは非常に難しいですよね。

なので、プロである転職エージェントがあなたのこれまでの経験や今後の希望キャリアを考慮して、企業をマッチングしてくれます。

転職エージェントとは

転職サイトとは

一方で、転職サイトは沢山の求人情報が掲載されている中からあなたが気になる仕事を見つけ、ご自身で応募していくサービスです。

基本的には、ご自身で仕事を探して応募、選考を進めていく形となります。
自分で比較検討した上で応募ができるので、色々な案件情報を見ることができます。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトと転職エージェントの違いを見ると以下の通りです。

転職エージェント
  • あなた専任のキャリアコンサルがついてくれる
  • 仕事を紹介してくれるだけでなく、これまでのキャリアの棚卸しや今後のキャリア形成・転職のアドバイスをしてくれる
  • 転職開始から転職が完了するまでトータルでサポートしてもらえる
転職サイト
  • 自分で募集している求人情報を見て応募できる
  • 面接対策や履歴書の添削などがついているサービスもある
  • 基本的に自分で希望する求人に応募して転職活動を進めていく

初心者の方や効率重視で転職活動を進めたいという方は、専任のキャリアコンサルタントと一緒に転職活動を進めることができる転職エージェントの方が向いていると言えます。

転職エージェントは特にこんな方におすすめ

既に書いた通り、転職エージェントと転職サイトの両方を活用するのが良いですが、転職エージェントを使うのが向いているのは以下のような方です。

  • これまでの経験やキャリアの棚卸しがしたい
  • プロに今後のキャリアの相談をしたい
  • 面接対策を手伝ってもらいたい
  • プロの目線でおすすめの求人をマッチングしてもらいたい
  • 自分で探す時間と手間を省きたい

ちなみに、転職エージェントや転職サイトは完全無料で使うことができます
なので、転職エージェントを使わない手はないですね。

転職エージェントを利用する流れ

実際に転職エージェントを使う際、どのような流れで転職完了まで進んでいくのか解説していきます。

転職エージェントの流れ

上記の図の通り、大きく9ステップです。

SE歴9年が解説!IT業界でおすすめの転職エージェント6社・転職サイト3社を一覧で紹介

それでは、ここからおすすめの転職エージェントと転職サイトの紹介に入っていきます。
その前に、一覧にておすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめ転職エージェント6社と転職サイト3社

ここでご紹介する転職エージェント6社と転職サイト3社は、以下の3点を基準に選定しました。

  • アンケートで登録者数が多かった
  • ITに関する求人数が多い
  • 実際に使った方の評判が良い

アンケート回答者のうち、実際に登録した人が多かった順にご紹介します。

転職エージェント

特に30代~50代で大手や外資系に転職したい方におすすめ。

転職エージェント IT求人数 特徴
リクルートエージェント 67,325件 圧倒的な求人数と登録者数。
3人に2人は登録している登録必須なエージェント。
マイナビエージェントIT 12,026件 マイナビのITに特化したエージェント。
IT業界内でキャリアアップしたい方に人気が高い。
ワークポート 8,122件 元はIT特化の転職エージェント。
そのため、古くからIT分野における信頼が厚い。
レバテックキャリア 6,021件 エンジニア・デザイナー特化のエージェント。
IT業界で知らない人はいないほどの大手。
JACリクルートメント 821件 ハイキャリア向けの総合型エージェント。
type転職エージェント 9,055件 総合型の転職エージェントながらITの職種に力を入れている。

※IT求人数は2020/10/20時点のもの

転職サイト

転職サイト IT求人数 特徴
リクナビNEXT 12,411件 リクルートエージェントに次ぎ登録者数第2位。
3人に2人が使っている転職サイト。
doda(パーソルキャリア) 13,385件 転職サイトで求人数No.1。
2人に1人が使っている。
ビズリーチ 10,240件 テレビCMでおなじみ。
ハイクラス向けの転職サイト。

※IT求人数は2020/10/20時点のもの

各転職エージェント・転職サイトの詳細については次に詳しく見ていきます。

エンジニア未経験もOK!IT業界に強い総合型転職エージェントおすすめ4選

続いて、幅広い職種の求人を扱っている中でIT業界にも強い転職エージェントを4つ紹介します。
既に紹介したマイナビエージェントITやレバテックキャリアは基本エンジニア経験者向けですが、こちらで紹介するエージェントはIT業界未経験でも使うことができます。

リクルートエージェント:求人数がダントツでサポートが手厚く人気No.1

リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 一般求人サイトにない非公開求人が多数
  • 実績豊富で親身に相談に乗ってくれるアドバイザー
  • 独自の手厚い転職サポート
全求人数 209,270件
IT求人数 67,325件
特に求人の多い職種
  • アプリエンジニア
  • 運用SE
  • IT・技術・システム営業
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

リクルートエージェントは、人材業界で知らない人はいないであろうリクルートが運営する安心のエージェントです
求職者の希望を親身になって聞いてくれ、キャリアに最適な会社へ転職できるようにしっかりサポートをしてくれます。

実際にIT業界で転職した方の声から、リクルートエージェントの登録者は最も多く、求人数やキャリアアドバイザーのサポートが手厚いことは明らかです。
これから転職を検討しているという方は登録必須のエージェントといえます。

リクルートエージェントの口コミ

非公開求人が多かったですが、登録すればネットでいつでも閲覧して応募できたのでとても便利でした。
コンサルタントからも求人を強引に勧められることもなく、こちらの希望に合わせてサポートをしてもらえたので非常にやりやすく、スムーズに転職することができました。

(20代男性:人材紹介業からIT業界への転職)

自分の仕事に対するやりがいや希望条件をしっかりと聞いてもらえて、その条件に合う企業のみを提示してもらえました。
転職活動が終了するまで密にサポートをしてもらえたので、希望に合った転職先へ転職することができました。

(20代男性:IT業界から新規事業の経営管理への転職)

詳細な評判は、リクルートエージェントの評判参照

リクルートエージェントのページを見る

ワークポート:エンジニア未経験者向けにもスクールでサポート

ワークポート
おすすめポイント
  • 転職決定人数TOPクラスの転職エージェント
  • 元々IT業界に特化していたエージェントでIT業界に精通している
  • ホテルのコンシェルジュのような手厚い転職サポート
全求人数 27,752件
IT求人数 8,122件
特に求人の多い職種
  • SE
  • プログラマー
  • 営業
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

ワークポートは、元々ITに特化した転職エージェントで現在は総合型の転職エージェントとして、17年以上人材紹介サービスを行ってきた実績があります。
特にSEの求人を多く取り揃えており、ITエンジニア経験者も未経験者にもおすすめのエージェントです。

また、無料でエンジニアになるためのスクール(みんスク)があり、プログラミングやIT業界の基礎知識を身につけた上で転職することができます。

ワークポートのページを見る

ワークポートの評判

JACリクルートメント:年収1千万も目指せるハイクラス向けのエージェント

JACリクルートメント
おすすめポイント
  • 30~50代のハイクラスに特化したエージェント
  • 外資系や海外でも働ける求人が多く取り揃っている
  • 社内SEでも高収入が期待できる
全求人数 4,598件
IT求人数 821件
特に求人の多い職種
  • SE(社内SE含む)
  • その他ITエンジニア全般
  • プロジェクトマネージャー
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、IT業界だとエンジニアに限らずPMなどの管理職、外資系で働きたい方向けの求人が多くあります。
基本的に年収600万以上で30代40代のミドル世代が対象になるので、これまでの実績に自信はあるものの年収がかんばしくないという方におすすめです。

キャリアアドバイザーもレベルが高いので、ハイキャリアな案件をゲットする手助けをしてくれます

type転職エージェント:納得いく転職先が見つかるエージェント

type転職エージェント
おすすめポイント
  • システム開発者だけでなく社内SEの求人情報も多い
  • 内定までのプロセスをキャリアアドバイザーがしっかりサポート
全求人数 18,119件
IT求人数 9,055件
特に求人の多い職種
  • システム開発(オープン・Web系)
  • 社内SE
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

type転職エージェントもIT業界に力を入れた転職エージェントです。
転職活動の進め方がわからない方や自分に合う求人が見つけられないという方にキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

また、無料の転職相談会や転職セミナーを毎週開催しているので、転職が初めてという方でも安心して転職活動を進めることができます。

type転職エージェントのページを見る

キャリアアップしたいエンジニア向け!IT業界に特化した転職エージェントおすすめ2選

まずIT業界に専門の転職エージェントを2社紹介します。
IT業界内で転職を検討している人には、必ず登録をオススメしたいエージェントです。

マイナビエージェントIT:良質な案件と非公開求人多数のIT特化エージェント

マイナビエージェントIT
おすすめポイント
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれる
  • 転職の決定率を上げるための転職支援をしてくれる
  • 他社で扱っていない案件を扱っている
全求人数 34,055件
IT求人数 12,026件
特に求人の多い職種
  • システムエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

マイナビエージェントITは、人材会社として有名なマイナビが運営しているIT特化のエージェントです。
IT業界の案件のみで12,000件以上の求人情報があり、特にIT業界内で転職したい方が多く利用しています。

本ブログからも最も登録者が多いエージェントです。
非公開求人も多く取り揃えているのも特徴で、エージェントに登録することによって非公開・マイナビ独占の案件情報を手に入れることができます。

マイナビエージェントITの口コミ

IT業界の求人に特化して取り扱っている案件数も非常に多く、自分のスキルや地元の案件といった希望に合わせてくれました。
また、キャリアアドバイザーの方が求職者のポテンシャルを引き出してくれて、とても頼り甲斐がありました。

(20代男性:自動車部品会社での機械エンジニアからIT業界への転職)

自分の条件にマッチする案件が多くありました。
システムエンジニアの仕事を続けようと思っていましたが、スキルを活かせる企業へ転職することができました。

(30代男性:システムエンジニアからシステムエンジニア)

詳細な評判は、マイナビエージェントITの評判参照

マイナビエージェントITのページを見る

レバテックキャリア:正確な市場価値を知ってキャリアアップしたい方におすすめ

レバテックキャリア
おすすめポイント
  • ITスキルへの理解力の高いアドバイザーが年収UPのサポートをしてくれる
  • IT業界で15年以上の転職支援実績があるからこその信頼と安心感
  • フリーランス向けのエージェントで業界最大手のレバテックフリーランスも運営しているため、目指すキャリアに合わせてしっかりサポートしてもらえる
全求人数 9,955件
IT求人数 6,021件
特に求人の多い職種
  • アプリケーションエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
対応エリア 北海道、関東、東海、近畿、中国、四国、九州

※求人数は2020/10/20時点

レバテックキャリアは転職支援の実績が長く、幅広い案件を扱っています。
転職がはじめての方でもしっかりと対策できるように職務経歴書や模擬面接で内定に向けた手厚いサポートを受けることができます。

フリーランス向けのエージェントで業界最大手のレバテックフリーランスも運営しているため、今後のキャリアアップをしっかりサポートしてもらえます。
IT業界でキャリアアップしていきたい方は登録必須のエージェントと言えます。

レバテックキャリアの口コミ

女性のエージェントの方が丁寧に対応してくれました。
前職がブラックな職場で色々悩んでいましたが、親身に話を聞いてくれた上で今後のキャリアについて相談に乗っていただけて非常に頼りになりました。

(20代女性:IT業界内での転職)

レバテックキャリアのエージェントに相談したことで、自分の市場価値を知ることができてその後の仕事に大きな自信に繋がりました。

(30代男性:IT業界内での転職)

詳細な評判は、レバテックキャリアの評判参照

レバテックキャリアのページを見る

転職エージェントとは異なる求人情報が見つかる!豊富な求人数で使いやすい転職サイト3選

ここまでは転職エージェントの紹介でしたが、続いて求人数も多く人気な転職サイトを3つ紹介します。

doda(パーソルキャリア):満足度が高く豊富な求人がある転職サイト(エージェント利用も可能)

doda
おすすめポイント
  • 幅広く色々な職種で豊富な案件を取り揃えている
  • 転職エージェントとしても利用することができる
  • ITエンジニアのための転職フェアをよく開催している
全求人数 61,244件
IT求人数 13,385件
特に求人の多い職種
  • システムエンジニア(Web・オープン系・パッケージ開発)
  • IT営業
  • マーケティング・商品企画・広告宣伝
  • 建築施工管理
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

dodaは、パーソルキャリアが運営する知らない人はいないほど有名な転職サイトですね。
この記事のアンケート結果では、リクナビNEXTの次に登録している人が多かったのが、このdodaです。
「とにかく使いやすい」「サポートが厚い」という点で非常に評判が良かったです。

転職サイトながら、エージェントサービスやスカウトサービスがあり、あなたに合った求人をマッチングするためのサポートが手厚いです。
IT業界内での転職だけでなく、IT業界から他業界への転職にもおすすめ。

転職サイトを利用する場合は必ず登録するようにしましょう。

dodaの口コミ

担当者とLINEで逐一連絡することができ、気軽に相談することができました。
最終的に2社内定を頂くことができましたが、変な押し付けがなく自分の今後のキャリアに良いと感じる企業への転職の後押しをしてもらえました。

(20代男性:アパレルからIT業界への転職)

他と比べて、紹介される求人の量と質が圧倒的に違いました。
企業の需要と求職者の供給のバランスを見ながら、しっかりとマッチした求人を提示してくれる力が高いと感じました。

(30代女性:IT営業からIT営業への転職)

リクナビNEXT:転職サイトで人気No.1

リクナビNEXT
おすすめポイント
  • さまざまな職種の豊富な求人数
  • リクルートエージェントと合わせて登録している方が非常に多い
  • 完全非公開の求人からダイレクトでオファーが来ることがある
全求人数 44,517件
IT求人数 12,411件
特に求人の多い職種
  • ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)
  • 営業
  • 機械・機構設計・金型設計エンジニア
  • 建築・土木技術職
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

リクナビNEXTは、すべてのサービスの中でリクルートエージェントに次ぎ2番目に登録者数が多かった転職サイトです。
下記の2つの方法によりあなたにマッチした求人情報を見つけることができます。

  • 独自の求人が豊富
  • キャリアカウンセリングで自分の強みを明確にできる

限定求人が多くあるので、登録するべき求人サイトの一つです。

リクナビNEXTの口コミ

リクナビNEXTは独自の求人が多く揃っていて、他者よりも詳しい会社情報がサイトに掲載されていました。
キャリアカウンセリングや面接対策もしてもらえたので、初めての転職ながら希望に合う転職先に出会うことができました。

(20代男性:SEからWeb会社の社内SEへの転職)

転職エージェントと併用しましたが、エージェントと話したことで自身の強みや弱みを明確にすることができ、自分に合う求人情報に自信を持って応募することができました。
求人の情報量も多く、結果として無事に内定を獲得しました。

(40代男性:社内SEから社内SEへの転職)

リクナビNEXTのページを見る

ビズリーチ:テレビCMで話題のハイクラス向け転職サイト

ビズリーチ
おすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
  • スカウトからの転職成功者が8割以上
  • 企業の中核を担うハイクラス求人に出会える
全求人数 43,972件
IT求人数 10,240件
特に求人の多い職種
  • SE(Web・オープン系)
  • 新規事業企画・事業開発
  • 法人営業
  • 戦略コンサルタント
  • プロジェクトマネージャー
対応エリア 全国

※求人数は2020/10/20時点

ビズリーチは、テレビCMで見たことがある方も多いはず。
ハイクラス向けの転職サイトで、あなたに興味を持った企業から直接スカウトが届くのが特徴です。

IT業界では、プロジェクトマネージャーを始め中核を担う大事なポジションの求人情報があります。
求人情報を掲載している企業は、厳正なる審査を通った企業のみなので他では見かけない求人を見つけることが可能です。

転職で高収入を目指す方には、登録をおすすめしたい転職サイトです。

ビズリーチのページを見る

IT業界で転職エージェントを使った36名の体験談まとめ

最後に転職エージェントを実際に使った方の声を聞きたいという方もいると思うので、何人かの体験談を紹介します。

IT業界内で転職エージェントを使った方の体験談

20代男性:LEDのSE→システム保守

自分自身のそれまでのキャリアを整理することができ、どの程度の年収までアップできるかイメージがつきました。
面談で細かいところまでヒアリングして頂いたので、希望に沿った案件を紹介してもらうことができたのが良かったです。
会社の面接対策もしてもらえたので、希望の会社へ転職できました。

  • 年収の変化:240万円→490万円
  • 使用したエージェント:リクルートエージェント、doda

20代男性:システム運用保守→基盤システム設計・開発

始めにこちらの希望を聞いたうえで、複数社紹介していただけました。
その中から応募したい数社を自分で選択しエージェントへ連絡すれば、あとの手続きは進めてもらえました。
そのおかげで私自身は面接対策に集中することができ、非常にスムーズに転職活動を行うことができました。

  • 年収の変化:300万円→320万円
  • 使用したエージェント:リクナビNEXT、doda

IT業界から異業種へ転職された方の体験談

20代女性:SE→飲食店での接客・調理

登録後すぐの面談がとても丁寧でした。
細かく内容を聞いてくださいましたし、浅い経歴の中からも自己PRに使えるような強みを見つけていただきました。

転職前はIT業界にいましたが、同業種での転職・異業種への転職それぞれについて相談に乗ってもらいました。
キャリアプランや持っているスキルの市場価値なども、詳しく説明を聞くことができたため、客観的に転職を考えることができました。
また、案件の紹介数も多くレスポンスも早いので、テンポよく転職を進められました。

  • 年収の変化:250万円→250万円
  • 使用したエージェント:リクルートエージェント、レバテックキャリア、doda、リクナビNEXT

30代男性:プロダクトマネージャー→新規事業の立案・推進

自分の仕事に対するやりがい・希望条件をしっかり面談で聞いてくれ、その条件に合う企業のみを提示していただけました。

また、しっかりと1社1社の特徴などを教えてもらえたため、自分が働くならどういったところで貢献できるかなどをイメージできました。
面接が終わった際も自分の意向度はどうか・イメージは合っていたかなどすぐに電話でフォローしていただけたため、エージェントと自分の意識がずれずに転職活動を終わりまでやることができました。

  • 年収の変化:600万円→650万円
  • 使用したエージェント:リクルートエージェント

IT業界から異業種への転職については、下記の記事も参考にしてみてください。

SEから転職で異業種にいくおすすめの方法を30代の実体験で解説SEから異業種へ転職するにあたって押さえておくべき点や具体的にどういう職種へ転職すべきかを解説しています。20代30代の方や女性の方は色々キャリアに悩むかと思います。未経験からWebマーケターへ転職した経験を元に書いているので参考にどうぞ。...

未経験からIT業界へ転職した方の体験談

20代男性:物流での倉庫管理→Web制作会社

職種を事前に明確にすれば、大手のリクルートエージェントでは非常に有利に働きます。
年齢が若いほど優秀なコーディネーターが付くので、流行のIT系へ就職を希望するならば、1日でも早い方がよい結果が近づきます。

いろいろなアドバイスをコーディネーターから聞いて、実際に聞かれるであろう面接対策まで行っていただいたので、スムーズな転職活動ができました。
またリクルート系独特の職種に特化した最新情報は、どれも役立つ内容ばかりでメールマガジンとしてだけ捉えるにはもったいないと感じました。

  • 年収の変化:140万円→380万円
  • 使用したエージェント:リクルートエージェント、doda

30代女性:飲食業界→ネットワークエンジニア

未経験での転職でしたので、複数のサイトに登録しました。

当時の印象としましては私の経歴でも応募しやすかったのはリクナビNEXTでした。
学歴の箇所や未経験でも応募が可能な企業を探していたため、当時利用していたなかではリクナビNEXTが応募できる企業が多かった印象です。

年収は前職に比べ低いですが、全く畑違いな場所で、資格も取れて新たな可能性を見いだせた事に感謝しています。

  • 年収の変化:420万円→340万円
  • 使用したエージェント:リクルートエージェント、リクナビNEXT、マイナビエージェント

未経験からエンジニアになるには、プログラミングスクールも効果的です。
おすすめのプログラミングスクールは、下記記事にて解説をしています。

【2021年】プログラミングスクールオススメ7選!99名の体験からわかる失敗しない選び方プログラミングスクールがどこがいいか迷ってる方向けに徹底比較してオススメ7社を厳選。99名にアンケートを取り、転職や副業などに活かすための選び方の基準として言語や料金など7つの基準を解説。失敗せずにプログラミングスキルを身につけたい方は参考にどうぞ。...

まとめ

今回はIT業界でおすすめの転職エージェント・転職サイトの紹介をしてきました。
アンケートを取ったのはほんの一部の方ですが、転職したことで年収を100万以上UPされている方が15%ほどいました。

年収が全てではないですが、収入が伸び悩んでいて転職を検討されている方もいますよね。
転職エージェントは無料で登録できて、利用料もずっと無料です。

なので、自分の市場価値を知るために一旦転職エージェントに登録してみるのも良いですし、今後のキャリアに迷っている方であればキャリア相談してみるのもありです。
まずは行動することから始めていきましょう。

最後に改めておすすめの転職エージェント・転職サイトをまとめると下記の通りです。

未来を変えたいなら行動をしていきましょう!

SEライフログの人気記事