フリーランス

フリーランスエンジニアにオススメな福利厚生サービスまとめ!

フリーランスエンジニアの福利厚生
フリーランスになりたい人
フリーランスになりたい人
フリーランスエンジニアになりたいけど、福利厚生がないのが心配…代替できるサービスはあるかな?

フリーランスになるに当たって不安に感じるのは保証が少ないところ。
収入をアップさせたいけど、保証が少ないことでフリーランスになることをためらっている方もいるのではないでしょうか?

そで今回はフリーランスエンジニアが利用できる福利厚生サービスの紹介をしていきます。
エンジニア向けをメインとして書いていきますが、エンジニア以外のフリーランスの方でも利用できるものを紹介していくのでフリーランスに興味ある方や現役フリーランスの方は参考にして頂ければと。

ミツキ
ミツキ
というわけでこんにちは。
本記事はフリーランス歴6年のミツキが解説をしていきます。

僕は2014年からフリーランスをやっているのですが、実はフリーランスで使える福利厚生サービスを全くと言っていいほど使わずにやってきました…。
そもそも存在自体を知らなかったので使いようがなかったという。。。

なので、これからフリーランスになる方や現役フリーランスの方で福利厚生を使っていきたいという方の参考になればと思い、客観的に見て良いサービスだけをまとめて紹介します。

会社員のような保証も会社員以上の収入も得たいフリーランスの方は是非参考にしてみてください!

今回紹介するフリーランスエンジニアが使える福利厚生サービスは下記の観点で優れているもののみを紹介していきます。

  • 無料、もしくは安価で使える
  • サービスの幅が広く色々な方が使える
ミツキ
ミツキ
  • 僕はエンジニア歴9年(会社員4年/フリーランス5年)
  • 現在はWebマーケターとしてフリーランスで活動中

 

前提:企業が福利厚生に使っている費用はどれくらい?

本題に入る前に企業が福利厚生に使っている費用はどれくらいなのか見ていきましょう。

何も考えずに会社員をやっていると、額面の給料があって保険や諸々の費用が引かれて手取りとしてあなたの口座に入ってきます。
ただ、エンジニアでいうと大体が下記のようなお金の流れになっています。

  1. クライアントから営業が仕事を受注
  2. 受注した仕事にエンジニアをアサイン
  3. 受注した仕事をこなして、会社がクライアントからお金を頂く
  4. 諸々のお金が引かれてあなたに給料として入ってくる

フリーランスをやっていればわかりますが、クライアントから仕事を受注する時の単価は60万~100万越えとかなりの金額です。
仕事やポジションにより単価は違いますが、仮に100万だとしてあなたに入ってくるのは20万そこそこ…という方も多いと思います。

実際僕も会社員時代はそうだったのですが、福利厚生の費用を始め様々な費用が差し引かれてあなたの給料として入ってくる形となっています。

それではどれくらい福利厚生に費用を使っているかというと大体10万円くらいです。
こちらは日本経済団体連合会が調査した結果で、過去3年の企業の1人にかかる1か月当たりの福利厚生費用は下記の通りになっています。

  • 2016年:111,844円
  • 2017年:108,335円
  • 2018年:113,556円

福利厚生とだけ言っても色々な費用がありまして、主に下記のようなものがあります。

  • 健康保険・介護保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険・労災保険
  • 住宅関連
  • 医療・健康
  • ライフサポート
  • 慶弔関係
  • 文化・体育・レクリエーション
  • 通勤手当

フリーランスの場合、国民健康保険・国民年金に入るので、そちらを差し引くと5万円くらいが福利厚生として使われていることになりますね。
なので、同じように福利厚生を受けたいならそれなりにお金を投資する必要があるということになります。

それでは、フリーランスエンジニアが福利厚生を受けるにはどうすればいいのか見ていきましょう。

フリーランスエンジニアが福利厚生を受ける方法

フリーランスエンジニアが福利厚生を受ける方法としては大きく3つあります。

  • 各種福利厚生サービスを自分で契約する
  • 福利厚生を使えるビジネスマッチングサービスを利用する
  • 福利厚生代行業者の株主となり、株主優待でサービスを受ける

3つ目の株主になるというのは少しハードルが高いと思う方も多いと思います。
実際僕も少しハードル高いなと感じるので、前者2つの各種福利厚生サービスを自分で加入する方法とビジネスマッチングサービスを使う方法について詳しく見ていきます。

まずは、自分で契約できる福利厚生サービスを見ていきましょう。

フリーランスエンジニアが自分で契約できるお得な福利厚生サービス

フリーランスが自分で契約できるお得な福利厚生サービスとして3つ紹介します。

フリーランス協会のベネフィットプラン

加入できる人
  • フリーランスとして働いている
  • 小規模企業の経営者と従業員
  • パラレルキャリアで兼業副業をしている会社員
  • フリーランスやパラレルワーカーを目指す人
年会費 1万円~
内容
  • フリーランスDB
    • フリーランス仲間が作れる
    • 仕事を頼む
  • 賠償責任保証
    • 賠償リスクに備えた補償
    • 経済損失などの業務過誤による賠償の補償
  • 所得補償制度
    • ケガや病気による就業不能を補償
    • 医師の診査が不要で加入手続きが簡単
    • 団体割引等適用のため保険料が割安
    • 手間がかからない便利な自動更新方式
    • 健康・介護相談サービスを無料提供
  • 弁護士費用保険『フリーガル』
    • 報酬トラブル時の弁護士費用の補償
    • 円満な解決に向けてコンシェルがサポート
    • トラブルの予防についてアドバイス
    • ※別途年間5,000円~
  • 健康サポート
  • リラクゼーション
  • ショッピング&レストラン
  • スキルアップ
  • レジャー
  • 会計・税務
  • 法務
  • 銀行・カード
  • コワーキングサービス割引

詳細を見る

一般社団法人あんしん財団

加入できる人
  • 中小企業である法人
  • 個人事業主(他の事業所に加入の方)
月会費 2,000円~
内容
  • 怪我の補償
    • ケガによる死亡時:2,000万円(満80歳以上の方は1,000万円)
    • 業務上・業務外にかかわらず24時間の補償
    • 入院、通院、往診の保険金は1日目からお支払い
  • 福利厚生
    • 健康サポートサービス
    • あんしん財団WELBOX
    • 使用者賠償責任保険制度
    • 介護資格取得支援
  • 災害防止
    • 職場の安全衛生の向上をサポートする補助金制度
    • セミナー・研修会・講演会
    • 視聴覚教材の貸与
    • ポスターなどの配布

詳細を見る

全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合(JSC福利厚生制度)

加入できる人
  • 全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合員
  • 満64歳以下の方
月会費 2,850円~
内容
  • 全員一律適用部分
    • 入院見舞金
    • 業務上災害見舞金
    • 介護費用助成金
    • 育児休業補償金
    • 団体生命共済
  • 任意加入部分
    • 所得補償保険
    • 団体生命共済
    • 自然災害共済付火災共済

詳細を見る

どれも年間1万円~3万円強くらいで加入できるので、会社員の福利厚生に比べると安すぎますね…!

フリーランスエンジニアが仕事を獲得すると共に福利厚生を受けられるサービス

上記で紹介したものは、自分でお金を払って入会するものでしたが、フリーランス向けの案件を紹介してくれるサービスを利用することで福利厚生がついているものがあります。
こちらでは、代表的なものとして5つ紹介していきます。

仕事を獲得できるだけでなく、福利厚生を無料で利用できるのでコスパ良すぎです…!

ギークスジョブのフリノベ

フリーランス向けのエージェントのギークスジョブでは独自の福利厚生プログラムとしてフリノベあります。
代表的なサポート内容として下記のようなものがあり、案件参画することで無料で利用することができます。

  • 会計ソフトの割引サービス
  • 確定申告セミナー
  • ヘルスケアやグルメなどの優待利用
  • 各種オンライン学習サービスの割引利用

ギークスジョブのHPで確認する

ギークスジョブの評判を見る

レバテックフリーランスのレバテックケア

フリーランスエージェントとして最大手のレバテックフリーランスも福利厚生パッケージがあります。

  • 安定した収入
  • 税務関連の手続き
  • ヘルスケア

といった3つの側面からサポートしてくれます。

具体的な内容としては下記の通りです。

安定した収入
  • 営業第九
  • 単価・条件交渉代行
  • 専属フォロワー
  • 正社員求人の紹介(レバテックキャリア)
税務関連の手続き
  • 税理士紹介
  • 有名クラウド会計ソフト2か月無料
  • 確定申告セミナー
  • マネープラン相談
ヘルスケア
  • 人間ドック最大30%OFF
  • がん検診5,000円OFF
  • 脳ドック割引
  • スポーツジム利用を特別価格で

一部のサービスは有料で利用するリロクラブなどの提供サービスをレバテックが費用負担をしてくれることで無料で利用できるようになっています。

レバテックフリーランスに登録する

レバテックフリーランスの評判を見る

MidworksはエージェントでTOPクラスの福利厚生

フリーランスエージェントで最も福利厚生に力を入れているところとしてMidworksがあります。
上記で挙げたレバテックフリーランスも提携しているリロクラブだけでなく、フリーランス協会のベネフィットプランもMidworks利用者は無料で使うことができます。

給与保証制度がついているのも魅力の一つで、Midworksの福利厚生としては次のような特長があります。

  • フリーランス協会のベネフィットプランが無料で利用可能
  • イーウェルのWELBOXを利用可能
    • 健康サポート:会員価格で検診や人間ドックの受診ができる
    • 子育て両立支援
    • スキルアップ支援:TOEIC対策・ビジネス法務など
    • リラクゼーション優待
  • 優待価格でバーチャルオフィスを利用可能
  • クラウド会計ソフトfreeeの個人事業主プランを無料利用可能
  • 保険代理店の紹介・案件受注中は保険料半額負担
  • リロクラブを年会費無料にて受給可能
  • 万が一仕事が途切れた際に月額契約単価の80%を受け取れる

Midworks公式HPで見る

Midworksの評判を見る

クラウドワークスのフリーランスライフサポート

クラウドソーシングサービスのクラウドワークスもフリーランスライフサポートとして下記のような福利厚生があります。

  • 健康・ヘルスケア
  • 育児介護サービス
  • スポーツ・フィットネス
  • 食事・グルメ
  • 旅行優待
  • レジャー
  • エンタメ
  • ショッピング
  • 美容・ビューティ

参考:フリーランスライフサポート

利用する条件としては、毎月3,000円以上の報酬を獲得されている方となり、3か月連続で3,000円を越えてから翌々月より利用することができます。

クラウドワークスの登録はこちら

なお、クラウドワークスのエージェントサービスのクラウドテックでも同じようなサポートをしてくれます。
自分で仕事を探すのが面倒な方は、幅広い案件を取り揃えているクラウドテックおすすめです。

ランサーズのフリーランストータルサポート

クラウドワークス同様、クラウドソーシングのランサーズも福利厚生があり、下記のようなサポートが受けられます。

  • 健康・ヘルスケア
  • 育児介護サービス
  • スポーツ・フィットネス
  • 食事・グルメ
  • 旅行優待
  • レジャー
  • エンタメ
  • ショッピング
  • 美容・ビューティ

参考:フリーランストータルサポート

クラウドワークスと同じですね。
条件としては下記のようになっています。

ランサーズで過去3か月連続で5,000円以上の報酬を獲得されている方が対象となります。

ランサーズに登録する

まとめ

今回はフリーランスエンジニアが加入できる福利厚生サービスについて紹介をしてきました。
僕はフリーランスになったのが2014年2月ですが、当時はなかったもの・知らなかったサービスが盛り沢山でもっと早く知りたかったというのが本音です…。

既に仕事が決まっている方であれば自分で加入できる福利厚生サービスに加入すれば良いですが、案件が決まってない方は下記いずれかの福利厚生を使うと良いですね。

福利厚生充実度順
  1. Midworks:充実度 5.0
  2. ギークスジョブ:充実度 4.0
  3. レバテックフリーランス:充実度 4.0
  4. クラウドテック:充実度 3.0
  5. クラウドワークス:充実度 3.0
  6. ランサーズ:充実度 3.0

いずれのエージェントも高単価で案件を獲得できつつ、福利厚生の恩恵をうけることができるのでコスパ抜群過ぎます…!
特にMidworksがピカイチで福利厚生が充実していると言えますが、あなたに合った案件が見つかるかは別の話なので複数のエージェントに登録すると良いですね。

エージェントについては下記の記事でも解説をしているので参考にして頂ければと思います!

フリーランスエージェント
フリーランスエージェントおすすめ16選と選び方の注意ポイントフリーランス向けのエージェントについて、選び方やおすすめの16社を紹介!エンジニア/Webマーケターとしてフリーランス6年の経験・口コミを元にした選りすぐりです。本記事を見れば登録すべきエージェントがわかります。...

おすすめのフリーランスエージェント

SEライフログの人気記事
ABOUT ME
ミツキ
Webでの発信や自己探求が好きです。『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』というのが人生のテーマで、今は妻に「仕事をしない選択をしてもらう」ことを目標に仕事をしています。これまでの略歴としては、東京の四大の文系学科を卒業後、独立系SIerに就職し社畜SEを4年した後にフリーランスエンジニアを5年。現在はフリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立てています。プロフィール詳細こちら/広告掲載やコンサル等お仕事の依頼こちら