フリーランス

フリーランスエンジニア向けエージェントのおすすめ3社【2019年更新】

フリーランスに興味があるSE
フリーランスに興味があるSE
  • SEのフリーランスエージェントは数が多くてどこにするかわからないなぁ。どこがおすすめだろう?
  • フリーランスエージェントを選ぶ際に支払いサイトやマージン率などしっかり見ておいた方が良いのかなぁ?
  • 関西や地方に対応しているフリーランスエージェントでおすすめってあるかなぁ?
  • 評判の良いフリーランスエージェントはどこだろう?
  • フリーランスエージェントはやっぱり大手が良いのかなぁ?

フリーランスエンジニアしつつWebマーケターで生計を立ててるミツキ(@ptnimz1987)です♪

上記のように迷ってる方向けにフリーランスエンジニア向けのエージェント28社を比較しておすすめ3社に絞ったので、本記事で詳しく解説していきます!

おすすめのフリーランスエージェント

上記を選定した理由は下記一覧の通り他社の大手と比較しても優れているからです。

ギークスジョブ Midworks PE-BANK
最高単価 150万円/月 190万円/月 140万円/月
マージン率 10%程度 10~15% 8~12%
支払いサイト 25日 20日 40日
サポートの厚さ
対応地域 東京など関東、
関西、福岡、名古屋
一都三県 東京など関東
関西、福岡、名古屋
静岡、札幌

上記のエージェントは僕も全て登録していまして、全て対応が良かったと身を持って感じているのでおすすめしています。

フリーランスエージェントはあなたの代わりに案件を探してきてくれるのとあなたのキャリアについてしっかり相談を乗ってくれますが、一つ注意点として使うに当たって下記のような条件があります。

フリーランスエージェントを使った働き方
  • 常駐型の案件(リモートはほとんどない)
  • 週5日勤務(週2~3勤務はほとんどない)
  • エンジニアとして少なくとも1年以上経験している方向け

上記のような条件があるもののフリーランスとして一歩を踏み出すには力強い味方です!

実際僕は会社員SEからフリーランスエンジニアになって下記のようなメリットがありました。

  • 年収が200万円アップ
  • 残業時間100時間/月→0時間/月
  • 時間と収入が増えて心にゆとりが増えた
  • 会社外の交流が増えた
  • 上記がきっかけとなって意中の人と結婚

上記のように人生を変化させていきたい方は是非本記事を参考にしてみてください。

なお、下記のように職種によってはおすすめのエージェントが異なるので、目次よりあなたに合った項目を見て頂ければと思います。

  • マーケティング職:ハイパフォーマーコンサルタント
  • Webディレクター:PE-BANK
  • ライター:クラウドテック
  • 組み込み系エンジニア:フォスターフリーランス
  • グラフィックデザイナー:レバテックフリーランス
  • Webデザイナー:ギークスジョブ
  • コンサルタント:フォスターフリーランス
  • プログラマー:エンジニアと同じ

それでは詳しく解説していきます。

ミツキ
ミツキ
僕は上記でも書いている通り、フリーランスエージェントの力を借りて会社員SEからフリーランスエンジニアへなったことで人生が変わりました。

フリーランスエンジニアになると単価を上げていくのがゲーム感覚のように楽しめたりしますし、人生の幅が拡がっていくので是非チャレンジしていただければと思います。

 

目次

フリーランスエージェントおすすめ厳選3社

早速フリーランスエージェントのおすすめな紹介していきます。選定基準は下記の通り、初めてフリーランスになる方でも一歩踏み出しやすいようにサポート重視のものが上位です。

案件数は多くてもマッチした案件がないと意味がないので比重は軽く、収入は基本フリーランスになれば収入上がること間違いなしなので比重を中くらいとしています。

フリーランスエージェントおすすめ3社一覧

No エージェント 総合評価 サポート 収入 案件数
1 ギークスジョブ
2 Midworks
3 PE-BANK

おすすめは上記3社ですが、首都圏であればギークスジョブとMidworksを選べば問題なしです!(複数登録もOK)

それでは各フリーランスエージェントについてそれぞれ見ていきましょう。

フリーランスエージェントおすすめNo.1:ギークスジョブ(geechsjob)

フリーランスになると考えた時に収入が上がるという大きなメリットがある一方で不安に感じる方も多いです。

ギークスジョブは案件の紹介だけでなく、今後のキャリア相談や確定申告についてなどの細かい相談まで徹底フォローしてくれます。人によってフリーランスになると若干孤立してしまうこともあるのでサポート体制が整っているエージェントは良いですね。

おすすめな方 ・初めてフリーランスになる
・サポートの手厚いエージェントを選びたい方
おすすめどころ ・サポートが厚い
・高収入も期待できる
・本ブログからの問い合わせ数No.1
サポート 就業中のサポートが手厚い
収入 直案件の案件が多いため高単価
案件数 3000件以上

評判まとめギークスジョブ詳細

フリーランスエージェントおすすめNo.2:Midworks

正社員orフリーランスで通常は迷うところですが、Midworksはフリーランスでありながら正社員と同等の保証を受けることができるという画期的なエージェントです。

働き方を選択でき、新しい技術への挑戦もできてスキルに見合った収入を得ることも可能。案件数は他と比べると多少劣りますが、条件面で見ると個人的にはダントツにトップです。
おすすめな方 ・サポートを手厚くしてもらいたい方
・自由な働き方がしたい方
・フリーランスに興味ある方
おすすめどころ ・正社員並みに保証が厚い、給与保証がある
サポート 正社員並みの保証、案件探しから就業中のサポートまで手厚い
収入 エージェントが取るマージンが10~15%のため高単価
案件数 3000件以上

評判まとめMidworks詳細

フリーランスエージェントおすすめNo.3:PE-BANK

PE-BANKはフリーランスエージェントの中で一番全国に対応しているエージェントです。

マージン率が8%~12%というエージェントの中でトップクラスの低さも誇っており平均年収が800万円というところも魅力に感じますね。

そして1989年からサービスを開始して老舗なので豊富な案件数を持っています。

おすすめな方 ・地方でフリーランスとして働きたい方
・老舗のフリーランスエージェントを使いたい方
おすすめどころ ・首都圏だけでなく地方に対応
・業界トップクラスの案件数

 

フリーランスエージェントでその他のおすすめな3社

上記の他にチェックしておくべきフリーランスエージェント3社もこちらで紹介しておきます。

フリーランスエージェント大手を選ぶならレバテックフリーランス

レバテックは最近よくテレビ広告や電車の広告などで見かけるようになりましたね。実績もさることながら、豊富な案件から自分のスキルに見合った案件を探すことができます。

業界最大級の案件数と単価100万円以上の案件も多数あるということで自分の収入を上げたい方におすすめですね。

おすすめな方 自分のスキルに合った収入を得たい、とにかく収入にこだわりたい方
おすすめどころ ・高単価な案件への参画が期待できる
・業界トップクラスの案件数
サポート 案件参画中のヒアリングなどのみ
収入 平均862万円
案件数 6000件以上

評判まとめ公式HP

ハイキャリア向けのフリーランスエージェントならハイパフォーマー(High Performer)

ハイパフォーマーはおすすめしたい方がこれまでの経験に自信がある方に限定されますが、経験に自信のある方にとっては収入の上げやすいエージェントです。

エンジニアやコンサルタントとして5年以上経験がある方にはチャレンジする場としてかなり好条件な案件を提示してもらえます。

おすすめな方 ・エンジニアorコンサルタントで経験に自信がある方
・経験を元に収入を上げたい方
おすすめどころ ・直請け、高単価の案件がほとんど
・支払いサイトが15日と短い

上場企業で安心なフリーランスエージェントならフォスターフリーランス

20年の実績と東証一部グループ企業の安心感、直取引による高単価が魅力のエージェントですね。収入を稼ぎたい方は上記のレバテックフリーランスやハイパフォーマーと合わせてチェックしておくといいでしょう。

ただ常駐フリーランスに特化したエージェントなので働き方を色々と選びたいという方にはおすすめできません。

おすすめな方 収入を稼ぎたい方
おすすめどころ ・東証一部グループ企業の安心感
・直取引による高単価案件が多数

 

転職もあり!フリーランスエージェントが合わないと感じた方向け

ここまでフリーランスにおすすめのエージェントを6つ紹介してきました。

続けて地域別や働き方に注目してエージェントを紹介していきますが、ここまで読んでフリーランスはまだ早いかも・・・と感じた方や下記のような方は転職して力をつけるのもありです!

フリーランスより転職向きな人
  • エンジニア経験が1年未満な方
  • スキルにまだ自信が持てない方

2つ目は若干抽象的な表現になってしまって申し訳ないのですが、フリーランスエージェントと面談して月単価が40万以下だったらスキルを磨いた方が良いです!

仮にその状態でフリーランスになっても紹介してもらえる案件が微妙ということも想定できるので転職するかプログラミングスクール行ってスキルを先に磨きましょう。

SE向け転職エージェントおすすめ7社

転職 or フリーランスで迷ったらエージェントにまず相談するのが吉です

上記で一応基準として転職に向いてる人がどんな人か?を解説しましたが、まだ転職になるかフリーランスになるか?で迷ってる方もいるかと思います。

一番はエージェントに相談するのが早いですが、僕の感覚として下記の設問に対して半分以上当てはまる人はフリーランスの方が良いです。

  • ブラック企業で消耗した
  • 確実に収入を上げていきたい
  • 会社員の風土に合っている気がしない
  • 自分の力がどれくらいなのかを試したい
  • なにか枠に当てはめて考えるのが好きじゃない
  • 上司にやんや言われるのが好きじゃない
  • 自分の人生を自分で切り開きたい

いかがでしょうか?ちなみに迷いがある方は転職もフリーランスもどちらもサポートしてくれるMidworksやレバテックに相談するとどちらに転んでもスムーズに進みます。

 

フリーランスエージェントの関西など地域に合わせて対応状況を紹介

ここまでおすすめのフリーランスエージェント紹介してきました。実はフリーランスエージェントは基本的に対応してるのが東京中心となっています。

なのでここでは、首都圏以外の関西や名古屋、福岡など地方にも対応しているフリーランスエージェントをピックアップし、中でもおすすめのフリーランスエージェントを紹介します。

ちなみにどの地域においても先駆者として切り開いてきたのはPE-BANKなので、PE-BANKは必須でおさえておきましょう。

フリーランスエージェントで大阪に対応しているところ

まず大阪など関西に対応しているフリーランスエージェント見ていきます。

関西でのフリーランスエージェント対応状況一覧

基本的に大手のフリーランスエージェントは関西にも対応しているのですが、Midworksなどは対応していないっていうこともあるので、まずは一覧にて対応状況をお見せします。

関西対応のフリーランスエージェント
ギークスジョブ 大阪に支店あり
Midworks 一都三県の対応のみ
レバテックフリーランス 大阪に支店あり
PE-BANK 大阪に支店あり
ハイパフォーマー 大阪に支店あり
フォスターフリーランス 一都三県の対応のみ

上記の通りで、関西は対応しているフリーランスエージェントはまだ多いと言えますね。

関西対応のフリーランスエージェントのおすすめ3社

大体のフリーランスエージェントは関西に対応していますが、中でも一番のおすすめはすでにおすすめの一番として紹介したギークスジョブですね。

合わせてみておきたいのがレバテックフリーランスとPE-BANKです。

ミツキ
ミツキ
余談として、僕の妻の実家が大阪にあるので1年に数回は帰るのですが、関西は仕事をするにしても交通の便が良いので関西で仕事をしたい人も多くいますよね。

ただ関西よりもまだまだ東京の方が単価は高いです。

ギークスジョブであれば関西でも高単価な案件を受注することが期待できますので是非詳細を見てみてください。

ギークスジョブ詳細
レバテックフリーランス詳細
PE-BANK詳細

フリーランスエージェントで名古屋に対応しているところ

続いて名古屋に対応しているフリーランスエージェントについて見ていきます。

名古屋でのフリーランスエージェント対応状況一覧

こちらも同様に対応状況の一覧見て紹介していきます。

名古屋対応のフリーランスエージェント
ギークスジョブ 名古屋に支店あり
Midworks 一都三県の対応のみ
レバテックフリーランス 名古屋に支店あり
PE-BANK 名古屋に支店あり
ハイパフォーマー 名古屋に支店あり
フォスターフリーランス 一都三県の対応のみ

名古屋対応のフリーランスエージェントおすすめ3社

ご飯が美味しいことで有名かつ実際においしい名古屋!

名古屋はトヨタがあったり工業地帯として色々な企業があるので、フリーランスエージェントも色々な所が拠点を置いていますおすすめNo1のギークスジョブも例外なく名古屋に拠点があるので、とりあえずギークスジョブに登録しておけば問題ないでしょう。

合わせてレバテックフリーランスやPE-BANKにも登録しておくとより多くの案件からあなたに合った案件を探すことが可能です。

ギークスジョブ詳細
レバテックフリーランス詳細
PE-BANK詳細

フリーランスエージェントで福岡に対応しているところ

それでは次に福岡に対応しているフリーランスエージェントについても見ていきましょう。

福岡でのフリーランスエージェント対応状況一覧

福岡に対応しているフリーランスエージェントは下記の通りでここから少しずつ対応しているエージェントが少なくなってきていますね。

福岡対応のフリーランスエージェント
ギークスジョブ 福岡に支店あり
Midworks 一都三県の対応のみ
レバテックフリーランス 福岡に支店あり
PE-BANK 福岡に支店あり
ハイパフォーマー 福岡に支店あり
フォスターフリーランス 一都三県の対応のみ

福岡対応のフリーランスエージェントおすすめ3社

名古屋同様に福岡も大手のフリーランスエージェントが多く拠点を置いています

こちらもギークスジョグやレバテックフリーランス、PE-BANKに登録しておけば問題ありません。 福岡も個人的に僕は行ったことあるのですが、博多周辺を栄えてますし働くにしてもすぐにしてもいい街ですよね。

福岡を離れたくないという人がいるのも納得で、福岡でフリーランスをやりたい人はまず2社に登録してみてあなたに合った仕事を探すようにしましょう。

ギークスジョブ詳細
レバテックフリーランス詳細
PE-BANK詳細

札幌の案件があるフリーランスエージェント

続いては札幌に案件があるフリーランスエージェントを紹介します。

札幌でのフリーランスエージェント対応状況一覧

札幌に対応しているフリーランスエージェントはさらに数が減って下記の通りの対応状況となっています。

札幌対応のフリーランスエージェント
ギークスジョブ 札幌は対応なし
Midworks 一都三県の対応のみ
レバテックフリーランス 札幌は対応なし
PE-BANK 札幌に支店あり
ハイパフォーマー 札幌に支店あり
フォスターフリーランス 一都三県の対応のみ

札幌対応のフリーランスエージェントのおすすめ2社

札幌に関しては残念ながらギークスジョブやレバテックフリーランスも案件を扱っていません

その中でPE-BANKは案件を扱っており支店も札幌においているので札幌でフリーランスをやりたい人はまずPE-BANKに登録しましょう

ハイパフォーマーも札幌に拠点があり案件を扱っていますが、上記でも見た通りある程度のエンジニア経験がないと案件を見つけるのが難しいので、 経験に自信がない方はPE-BANK一択と言えますね。

PE-BANK詳細
ハイパフォーマー詳細

フリーランスエージェントで静岡に対応しているところ

続いて静岡に対応しているフリーランスエージェントを紹介していきます。

静岡でのフリーランスエージェント対応状況一覧

下記のとおりで静岡に特化したフリーランスエージェントというのは数が少ないですね。

静岡対応のフリーランスエージェント
ギークスジョブ 静岡は対応なし
Midworks 一都三県の対応のみ
レバテックフリーランス 静岡は対応なし
PE-BANK 静岡の案件あり
ハイパフォーマー 若干数案件あり
フォスターフリーランス 一都三県の対応のみ

静岡対応のフリーランスエージェントのおすすめ2社

静岡に関しては、拠点を置いているフリーランスエージェントはほとんどありません

PE-BANKやハイパフォーマーは案件の扱いがありますが拠点はおいてないということがあり、条件の良い案件はそれほどないかもです。

どうしても静岡で働きたいという方はPE-BANKにまず登録すればいいと思いますが、多少通勤時間に時間かけても良いという方は近郊の名古屋や神奈川などの案件を探してみるのもありですね。

とにもかくにもまずはPE-BANKに登録しておきましょう。

PE-BANK詳細
ハイパフォーマー詳細

長野に対応してるフリーランスエージェント

最後は僕の産まれた地である対応しているフリーランスエージェントを紹介していきます。

長野でのフリーランスエージェント対応状況一覧

下記のとおりで長野に対応したフリーランスエージェントというのはほとんどありません。

長野対応のフリーランスエージェント
ギークスジョブ 長野は対応なし
Midworks 一都三県の対応のみ
レバテックフリーランス 長野は対応なし
PE-BANK 長野の対応なし
ハイパフォーマー 長野の対応なし
フォスターフリーランス 一都三県の対応のみ

長野対応のフリーランスエージェントは限りなく少ない

上記を見る通り、長野に対応しているフリーランスエージェントはありません。

ただ一つ朗報として、フリーランススタートという求人情報サイトであれば長野県の案件も若干数存在します。なので長野在住でフリーランスをやりたい方の選択肢は下記ですね。

  • フリーランススタートで少ない案件からあなたに合った案件を探す
  • 会社員で経験積んだ上でリモートにてフリーランスをやる
  • 東京などへ移住してフリーランスをやる

フリーランススタートで探す

【注意点!】東京でフリーランスエージェントを使うのがベスト

上記の通り東京に限らず地方に対応しているフリーランスエージェントも増えてきましたが、ベストは東京でフリーランスエンジニアをやることです。

理由は大きく下記の2点から言えます。

  • 案件が豊富であなたにマッチした案件が見つかりやすい
  • 地方に比べて月単価10万以上高い

家族がいる方やその地をどうしても離れられない理由がない限りは東京でフリーランスエージェントを活用した方があなたにとってメリットは大きいことが間違いありません。

上記を踏まえてどこでフリーランスエージェントを使うか決めるようにしましょう!

↑おすすめ一覧に戻る↑

 

フリーランスエージェントを比較するポイント

ここまででフリーランスエージェントのいくつか紹介してきましたが、フリーランスエージェントはしっかりと比較した上で選択することが重要です。

基本的に上記はしっかり比較した上で選定しているので問題ないのですが、用心深い方のためにここでフリーランスエージェントを比較するポイントについて見ていきます。

フリーランスエージェントと比較するポイントは下記です。

フリーランスエージェントの比較ポイント!
  1. マージン率が低いこと
  2. 支払いサイトが短いこと
  3. 広告にお金をかけていること
  4. サポートが厚いこと
  5. 単価が高いこと
  6. 案件数が多いこと

フリーランスエージェントを比較した結果

先にフリーランスエージェントを各ポイントで比較した結果として、最も優れているエージェントを一覧にて紹介します。

マージン率が低い 8~12%のPE-BANK
支払いサイトが短い 15日のレバテックフリーランスとハイパフォーマー
単価が高い フォスターフリーランス
広告にお金をかけてる
  • レバテックフリーランス
  • ギークスジョブ
  • Midworks
サポートが厚い ギークスジョブとMidworksが最強
案件数が多い 上記で紹介してるエージェントならどれでもOK

それでは詳しく見てきましょう。

(1)フリーランスエージェントのマージン率(手数料)

まず比較する際にちゃんと見ておくべきことはマージン率です。マージン率が低い順に並べると下記のようになっています。

PE-BANK
8~12%
ギークスジョブ
10%程度
Midoworks
10~15%
レバテックフリーランス
20%
ポテパンフリーランス
非公開
フォスターフリーランス
非公開
フューチャリズム
非公開
ハイパフォーマー
非公開

一番マージンが安いのは、PE-BANKですね。非公開なものが多いですが、実はMidworksやPE-BANK以外は明確に公開はしていません

他のエージェントでマージン率がわかるのは実際使ったことがあったり、直接や間接的に聞いた情報になります。しっかりと公開しているMidworksの安心感は強いですね!

フリーランスエージェントのマージン(手数料)とは

そもそもフリーランスエージェントのマージンとは何なのかを解説しておきます。

エンジニアの目線で見ると下記の図の通りです。あなたと顧客の間に会社や人が入る毎にマージンがかかってきます。

上記の図を見れば分かる通り、商流が浅くてエージェントのマージンが少ないほどあなたに入ってくる収入が多くなるのは間違いないですね。

フリーランスエージェントによっては中間業者を一社もしくは複数社挟んでる場合もあり、そうなってくると当然あなたに入ってくる収入は減ります。マージン率を下げるコツとしては下記になります。

  • そもそもマージン率が低いエージェントを使うこと
  • 下請け案件が少ないエージェントを使うこと
  • 上流の仕事を受けられるスキルを身に付けること

1番目と2番目に関しては、フリーランスエージェントに実際聞いてみれば教えてもらえます。
もし教えてくれないということであれば複数社挟んでいる孫請けやひ孫請けの案件が多い可能性があるので避けたほうが良いです。

ミツキ
ミツキ
実際に僕に起こったこととしては顧客から直請けであれば100万弱の単価になっていたところから中間業者を複数挟んでいたことにより僕に入ってくる額が50万ちょっとでした。

しっかりマージンの仕組みを理解してフリーランスエージェントにぼったくられないようにしましょう。
その面でおいてもギークスジョブやMidworksであれば問題ありません。

(2)フリーランスエージェントの支払いサイト

続いてみるのは支払いサイトです。

会社員の場合も給料日があると思いますが、フリーランスでも同じように給料日をいつにするかという仕組みがあります。

会社員の場合は末日締めの翌月25日払いといった感じで決まることが多いと思いますが、フリーランスエージェントの場合は支払いサイトという言い方で使われています

例で挙げた末日締めの翌月25日払いという場合は、支払いサイトが25日となります。

通常支払サイトは45日から60日が一般的ですが、貯金があまりない方にとっては少し長いと感じますよね。なので、なるべく支払いサイトが短い時間で設定しているフリーランスエージェントが良いです。

支払いサイトが短い順にフリーランスエージェントを並べると下記のようになっています。

レバテックフリーランス 15日
ハイパフォーマー 15日
Midworks 20日
ギークスジョブ 25日
フォスターフリーランス 30日
PE-BANK 40日

30日未満の支払サイトのエージェントはエンジニアのことをしっかり考えてくれてるところと言えるので優秀ですね。

実際僕の友達の中には、貯金を全くしてないところから支払いサイトが55日のエージェント使ってフリーランスになったことでバイトせざるを得なくなった人もいます。

貯金に余裕がある人はそれほど気にする必要ないかもしれませんが、気になる方はしっかりとチェックした上でフリーランスエージェントを選ぶようにしましょう。

(3)フリーランスエージェントは単価が高いこと

単価が高いエージェントを選ぶこともフリーランスにとっては大事になってきます。

上記でも一部解説していますが、単価を上げるためのコツとしては下記があります。

  • マージンが少ないエージェントを選ぶこと
  • 商流が浅い案件に参画すること
  • スキルを上げていくこと

当然といえば当然なのですが、上記3点をしっかりと押さえた上でフリーランスとして生きていくのが大事です。

ミツキ
ミツキ
ちなみにどれか一つで良いかと言うと全てが必要です。実際僕はマージンが少ないエージェントを使ってはいたのですが、商流が深いのとスキルがそれほどなかったので単価抑えめで生活してた時期が長かったです。

どのフリーランスエージェントが単価高いのか?と気にされる方もいるかと思いますが、もちろん案件によって違いはあります。ただ公表されている最高単価があるのでそちらをランキングで紹介しておきます。

1.フォスターフリーランス 最高単価230万円/月
2.Midworks 最高単価190万円/月
3.ハイパフォーマー 最高単価160万円/月
4.ギークスジョブ 最高単価150万円/月
5.PE-BANK 最高単価140万円/月
6.レバテックフリーランス 最高単価125万円/月
7.フューチャリズム 最高単価120万円/月

※2019/11/7時点での実際の案件情報から抜粋

(4)フリーランスエージェントは広告にお金をかけている方が良い

広告にお金をかけていることもフリーランスエージェント比較する上で重要な要素です。

なぜかと言うと広告にお金をかけられない=経営に余裕がないということにつながるからです。経営に余裕がないということは最終的にはエンジニアとして働くあなたの収入にも関わってくる可能性が出てきます

なので、下記のようなところに広告をかけているフリーランスエージェント選択する方が良いです。

  • テレビ広告
  • YouTube広告
  • 電車のつり革広告
  • 検索結果に出てくる広告
  • Googleアドセンス広告
  • アフィリエイト広告

分かりづらいものに関しては下記の画像を参考にしてみてください。

特にレバテックフリーランス、ギークスジョブ、Midworksに関しては多く広告費をかけています。

レバテックフリーランスは一番広告費かけている印象がありますね!

(5)フリーランスエージェントはサポートの厚さも重要

フリーランスエンジニア未経験からフリーランスになる方は特に会社員という名の安定から抜けるということで不安に感じる方も多いかと思います。

僕も最初は不安ではあったのですが、フリーランスエンジニアとして5年経験して感じるのは終身雇用がなくなった今の時代、会社員であることの方が不安定で不安にならないのかな?という感覚です。

とは言え、不安になる気持ちもわからないわけではないのでそういう未経験の方は特にサポートが厚いエージェントを選ぶのがおすすめです。

サポートが厚いエージェントの特徴
  • 給与保証がある
  • 保険に対してのサポートがある
  • 確定申告のサポートをしてくれる
  • プログラミングスクールなどと連携して安く使える
  • その他各種サービスの使用料割引プランがある

フリーランス協会と提携していることでベネフィットプランを使えるエージェントも多くあるので、そちらを利用してみるのがいいでしょう。

サポート面においても1位2位のMidworksやギークスジョブが特にサポートが厚いエージェントと言えます。

(6)フリーランスエージェントの案件数の基準は3000件以上

フリーランスエージェントを比較する最後の基準としては案件数が多いところを選ぶことです。

基本的に本ブログで紹介しているフリーランスエージェントは案件数が3000件以上を持っているところしか紹介していません。基準値として3000件以上案件を持っていれば問題ないと言えるでしょう。

↑おすすめ一覧に戻る↑

 

フリーランスエージェントとの面談をうまく活用するためのコツ

ここまでおすすめのフリーランスエージェントを紹介してきましたが、フリーランスエージェントをうまく活用するにはコツがあります。

下記記事で事細かに解説していますが、ポイントは『フリーランスエージェントをうまく活用して将来的には直接契約取れるようになりましょう!』という点です。

【保存版】フリーランスエージェントとの面談で失敗しないためのコツフリーランスエージェントと面談するに当たってのコツや使う上でのメリットやデメリットなどうまく活用していくための方法を解説しています。うまく活用しないとフリーランスエージェントにこき使われることになるのでしっかりとおさえておきましょう!...

【保存版】フリーランスエージェントとの面談で失敗しないためのコツ

 

フリーランスエージェントはリモート案件が少ないのが課題

下記記事で詳しく解説しているのですが、現状フリーランスエージェントは常駐案件がほとんどでリモート・在宅の案件があまりありません。

フリーランスエージェントはリモートワーク不向き?【実際に聞いてみた】フリーランスエージェントや求人サービスを使ってリモートや在宅で仕事する方法についてまとめました。常駐フリーランスを経て在宅でフリーランスをするようになった経験から必要なプログラミングスキルやステップを解説しているので参考にどうぞ。...

フリーランスエージェントはリモートワーク不向き?【実際に聞いてみた】

リモートワークや在宅に憧れがある方は上記の記事で紹介しているサービスを利用することが現実的ですが、最初はフリーランスエージェントを活用してまず力をつけるのが良いです。

常駐しない働き方の魅力は大きいですがその分リスクもあるので、まずは常駐フリーランスで力をつけていくことが将来に活きてきます。

↑おすすめ一覧に戻る↑

 

フリーランスエージェントを使ってマーケティングなどの専門職に就く方法

ここまでは主にエンジニア向けに見てきましたが、フリーランスエージェントはエンジニアだけでなく、マーケティング職やほかの専門職でも使うことができます

そこで専門職ごとにおすすめのフリーランスエージェントやどのようにフリーランスとして専門職に就くかについて解説していきます。先にポイントをいうと下記ですね。

登録せずに公開案件で該当スキルの仕事があること

非公開で該当スキルの案件を扱ってるところもありますが、基本的に公開案件で1件でも案件がない限りは母数がかなり少ないので微妙と言えます。

そして上記でも見たように複数登録するのが効果的なのでそれぞれ2つずつ厳選して使用価値のあるエージェントを中心に紹介していきます。

フリーランスエージェントを使ってマーケティング職に就く方法

まずはマーケティング職においてフリーランスエージェントを活用する方法を見ていきます。その前にフリーランスでマーケティングというとどのような働き方があるでしょうか?

マーケティングと一口に言っても色々な仕事があり、下記のような仕事がありますね。

マーケティングの仕事
  • ブランディングコンサル
  • SEOコンサル
  • 広告運用
  • SNS運用
  • マーケティングツールの活用
ミツキ
ミツキ
現在、Webマーケターを生業としてSEOコンサルをメインにやってる僕からするとマーケティングの仕事は奥が深くて面白く、今後も需要がある分野なので収入の上げやすい分野と言えますね。

これまでの実績としてマーケティングの仕事をしたことがある人であれば、フリーランスエージェントを利用することで案件を探すことは可能です。

マーケティング職向けフリーランスエージェント1、ハイパフォーマーコンサルタント

マーケティングの経験に自信がある人はハイパフォーマーを使ってみるのが一番いいでしょう。

ハイパフォーマーコンサルタントはあなたの実力に見合った収入を得やすいエージェントでして、上記でも書いている通り年収一千万に一番到達しやすいエージェントと言えるからです。

マーケティングの仕事は上記で書いている通り稼ぎやすい仕事でありますが、その重要性は理解されながらも安月給で働く人も中には残念ながらいます。

自分を安売りしないためにもハイパフォーマーを活用してマーケティングの仕事を探すのは得策と言えるでしょう。

エージェント詳細公式ページ

マーケティング職向けフリーランスエージェント2、Workship AGENT

Workship AGENTは週1から携われる案件を扱っているサービスです。

こちらもマーケティングの経験をある程度持ってる人がありますが、プロジェクト単位の案件マッチングサイトとなっています。

基本的に4000円以上の時給の案件しか扱っていないので、マーケティングのスキルがあるのに時給2000円などの急用で安売りしている方は使ってみるのはありですね。

案件情報を見る

Webディレクターにフリーランスエージェントを使ってなる方法

フリーランスエージェントを使ってディレクターになるのは、マーケティングと似ている部分があります。というよりマーケティングの仕事の中にWebディレクターが含まれるということがあります。

つまりマーケティングと同様 Web ディレクターも非常に稼ぎやすい仕事と言えます。

Webディレクターにとってフリーランスで活躍していくためには重要となってくるのはやっぱりこれまでの実績です。

エンジニアであればスキルを明確に提示することは可能ですが、 Web ディレクターはそれができません。なのでいかに面談で自分のことをアピールできるかが重要になってきます。

これまでにどのような実績を築いたかをわかりやすく表現していくことが必要になってくるわけですね。とはいえ Web ディレクターとして仕事を獲得していくのは他の仕事とあまり変わりません。

人脈があるなら話は別ですが、まずはフリーランスエージェントに登録して仕事を探してもらうのが効率的です。

Webディレクター向けフリーランスエージェント1、PE-BANK

上記でも解説した通り、PE-BANKは首都圏や大阪など中心部だけではなく地方にも対応してるエージェントとして有名です。

業種としても幅広く扱っており Web ディレクター向けの案件も扱っています。基本的には23区内の案件が多くなりますがものによっては地方のものも存在するのでまずは案件情報を見てみると良いでしょう。

エージェント詳細公式ページ

Webディレクター向けフリーランスエージェント2、クラウドテック

フリーランスエージェントではないですが、クラウドテックもディレクター向けの案件を扱っています

ミツキ
ミツキ
クラウドテックを使うことによる利点としては、フリーランスエージェントを使うとリモート案件が少ないですが、クラウドテックはリモート案件や時短勤務・週3勤務の案件などもあります

働き方改革が進んでいる昨今の日本でしっかりとその時代の流れに沿って案件を扱ってるので利用してみる価値はあるサービスと言えますね。

案件情報を見る

フリーランスエージェントはライターは使えない

フリーランスでライターをやっている方もいますよね。周知の事実だとは思いますがフリーランスエージェントでライターの仕事を探すのは難しいです。

よく利用されるのがクラウドソーシングですが、ライターの仕事は安く買いたたかれるところがありしっかりと選んでいく必要があります。文字単価で1円以下というのはかなり安いですよね?

中には文字単価1円以上のものもあるのでそういうものを選びながら使っていくのが効果的です。

そして、どの業種でも言えることですが、ライターにとってもこれまでの実績がとても重要になってきます。

これまでにライターとして執筆したコンテンツがあるのであればしっかりとそれをアピールしていくことが重要です。守秘義務などで、公表できないこともあるかもしれませんが極力は見せられるものを作っておくといいでしょう。

具体的に仕事をとっていくには下記のようなサービスを使っていくと良いです。

フリーランスエージェント以外でライター向けサービス1、クラウドテック

ライターに関しても上記で紹介したクラウドテックを使うと良いでしょう。

二つ目に紹介するクラウドソーシングは上記で書いてある通り、文字単価がかなり低いものあります。

基本的にクラウドソーシングは自分で案件を見つけてくるというスタンスですが、クラウドテックはあなたにマッチする案件を提示してもらうことが可能です。

クラウドソーシングのサービスを使ってると僕も感じるのが案件を色々探していて消耗してしまうという点です。自分に合った案件はないかという観点と文字単価が見合ったものかっていう観点で探すと結構時間が無くなってしまいます。

ミツキ
ミツキ
その時間をライティングに当てればもっと稼ぐことが可能ですし、効率良く働くことができます。そのためのサポートをしてくれるのがクラウドテックです。

案件情報を見る

フリーランスエージェント以外でライター向けサービス2、クラウドソーシング

上記で微妙のような書き方をしていますがクラウドソーシングを使って案件を探すのもありといえばありです。ライターにとって案件を探すときに特に意識すべきは下記2点ですね。

  • 自分の専門性にあったものがないかという観点で探すこと
  • 単発ではなく継続案件であるかどうか

これまでの経験で専門性が高いものの経験がある方は特に文字なんかが上がりやすい傾向があるので、専門性を活かしてライターの案件を探すと良いでしょう。

専門性が高い案件を探すと共に重要になってくるのが継続で仕事をもらえるかどうかという点です。単発の仕事の場合は文字単価が低く終わってしまうこともありますが、継続案件であればあなたの実力が認めてもらうに連れて文字単価が高くなっていきます。

専門性がある・継続案件であるかどうかという観点で特に着目して仕事を探していきましょう。

ちなみにクラウドソーシングで有名なサービスはクラウドワークスとランサーズですね。

クラウドワークス
ランサーズ

フリーランスエージェントで組み込み系エンジニアが案件を探す

組み込み系のエンジニアがフリーランスエージェントを使って案件を探していく場合もありますよね。

ミツキ
ミツキ
個人的なオススメとしては、組み込み系より Web 系の知識を身につけるほうが重要だとは思います。

ただ組み込み系が好きでやっていたりこれまでたくさんの実績を積み重ねているのであれば、これからも組み込み系のエンジニアとして働いていくのもありでしょう。

大体のフリーランスエージェントは組み込み系の案件も扱っていますが、ここでは特に組み込み系エンジニアとしての案件を公開しているエージェントに絞って紹介していきます。

フリーランスエージェントの組み込み系向け1、フォスターフリーランス

フォスターフリーランスは上記でも解説している通り、案件の半数以上が直取引で高単価の案件が多いエージェントとなります。

フリーランスで仕事をすると手数料で結構な額を持ってかれてしまうっていうことがありますが、東証一部上場会社で安心した実績のあるフォスターフリーランスは仕事を頼むのも安心できますよね。

エージェント詳細公式ページ

フリーランスエージェントの組み込み系向け2、フューチャリズム

フューチャリズムはフリーランスエージェントとしてエンジニア向けの案件を扱っている会社です。

特に力を入れているのが現在と未来のバランスをしっかりと保つと言うところです。あなたの今の実績やスキルを考慮した上で案件を見つけてくれますし、しっかりとあなたの将来のキャリアプランを一緒に考えてくれます。

他のエージェントでも同じことは言えますがフューチャリズムは特にこの点に力を入れているエージェントと言えます。なので、これから組み込み系エンジニアを続けるかどうかについても相談することが可能です。

組み込みエンジニアの方でフリーランスを検討している方はまずはフューチャリズムに相談してみるのもありですね。

フューチャリズム詳細公式ページ

フリーランスエージェントでデザイナー向けのおすすめ

最近ではフリーランスのデザイナーの方も増えてきましたね。フリーランスエージェントに限らずいろんなところで仕事を獲得することが可能ですが、デザイナーも気をつけないと安く買いたたかれる可能性があります

しっかりと自分の市場価値を理解した上で仕事を獲得していくようにしましょう。よく使われるのがクラウドソーシングサービスですが、フリーランスエージェントでもデザイナー向けの案件を扱っている所はあります

大手としては一つ目に紹介するレバテックフリーランスです。

個人で受けるよりもフリーランスエージェントなどを活用した方が単価としても高くなる傾向があるのでフリーランスとして経験が浅い方にとってはフリーランスエージェントを活用するが効果的でしょう。

フリーランスのグラフィックデザイナー向けエージェント1、レバテックフリーランス

まずはデザイナーの中でもグラフィックデザイナーに着目して解説していきます。

フリーランスでグラフィックデザイナーの案件を獲得するのに一番いいのはレバテックフリーランスです。上記でも解説している通りレバテックフリーランスはIT業界でも一番と言えるぐらい業界シェアを持っています。

それなのでグラフィックデザイナー向けの案件も扱っており、高単価な仕事も期待できます。

エージェント詳細公式ページ

フリーランスのグラフィックデザイナー向けエージェント2、クラウドテック

二つ目は何度も出てる通りクラウドテックです。

一般的なフリーランスエージェントはグラフィックデザイナーという特殊な仕事の案件まで扱っていないので、レバテックフリーランスかこのクラウドテックを使うと良いでしょう。

クラウドテック

webデザイナー向けのフリーランスエージェント1、ギークスジョブ

続いて Web デザイナー向けのエージェント紹介します。 Web デザイナーに関しては色々なフリーランスエージェントで案件を扱っており、エンジニアと同じ二つのエージェントが特にいいですね。

一つ目はギークスジョブですが、上記でも見ている通り高単価かつサポートが厚いことで有名なエージェントとなります。僕も実際登録していますが ギークスジョブは勢いのあるエージェントと言えます。

エージェント詳細公式ページ

webデザイナー向けのフリーランスエージェント2、Midworks

二つ目のWebデザイナー向けのフリーランスエージェントはMidworksです。ギークスジョブと並んでサポーターの厚いエージェントですが、 Web デザイナー向けの案件も扱っています。

ギークスジョブと比べると Web デザイナーとしての案件は少ないので、二つ同時に登録しておくことでより案件を獲得する確率が高くなるでしょう。

エージェント詳細公式ページ

フリーランスコンサルタントにおすすめのエージェント

コンサルタントとしてフリーランスをやっている方もいらっしゃいますよね。会社員でもある程度の収入を稼ぐことができるコンサルタントですが、フリーランスでコンサルタントやるとさらに稼ぐことが可能です。

年収一千万も普通に到達できる仕事ですし、ITに限らずコンサルタントとして生きていけるようになれば今後も色々な所で幅を利かして仕事をすることができるでしょう。

普通にコンサルタントというと響きがよくて憧れを持つ方も多いですが、フリーランスエージェント活用することで年収を上げていく事や自由な働き方を選んでいくことが可能になります。特にオススメなエージェント二つ紹介します。

フリーランスコンサルタント向けエージェント1、フォスターフリーランス

上記で何度も出てきていますが、フォスターフリーランスは直案件の多いエージェントです。

コンサルタントの案件も扱っており汎用性の高いエージェントですね。20年以上もIT業界で活躍している企業なのでその辺りが信頼できると言えますね。

次に紹介するハイパフォーマーコンサルタントに比べると案件数が劣るところもありますが、中には月収百万を超えるような案件も扱っています

エージェント詳細公式ページ

フリーランスコンサルタント向けエージェント2、ハイパフォーマーコンサルタント

フリーランスコンサルタント向けのエージェントの二つ目がハイパフォーマーコンサルタントです。

上記でも解説している通り、ハイパフォーマーはエンジニア向けとコンサルタント向けの二つサービスを行っており(厳密に言うとエンジニア転職もあり)、コンサルタントに限って言うと月収百万を超えるのが当たり前といった感じになっています。

しっかりとこれまでの経験を積み重ねている人にとってはうってつけのエージェントと言えますね。

エージェント詳細公式ページ

フリーランスエージェントでプログラマーにおすすめはエンジニアと同じ

プログラマーでフリーランスになりたいという方も多いかと思いますが、基本的にはエンジニアとフリーランスエージェントの活用の仕方と同じです。

というよりエンジニアにとってプログラム知識は必須と言っても過言ではないぐらいで、基本的にフリーエージェントの求人検索のところを見るとできるスキルとしてどのような言語は使えるかというチェックボックスが付いています。

プログラミングができれば年収600万円は余裕で行けますし、年収一千万もフリーランスエージェントを活用することで到達することも可能です。

上記で紹介したおすすめのエージェントと重複しますが、プログラマーにとっても利用価値の高いエージェントは下記二つになります。

フリーランスエージェントでプログラマー向け1、ギークスジョブ

ギークスジョブは初めてフリーランスになる方にとってもサポートが厚いですし、平均年収も780万を超えているのでかなり収入が期待できるエージェントといえます。

これまでにプログラマーとして3年以上の経験があるのであれば年収700-800万円は堅いですし、人によっては年収900万円ぐらい行くのではないでしょうか?10年ぐらいプログラマーをやっている方であれば年収一千万も余裕かもしれませんね。

まずはギークスジョブに登録してみてギークスジョブで扱っている市場価値診断をやってみるとあなたの市場価値が分かります。

エージェント詳細公式ページ

フリーランスエージェントでプログラマー向け2、Midworks

上記で解説している通り、Midworksはサポートが特に厚いエージェントと言えます。プログラマー向けの案件も多く扱っており、一都三県で案件を見つけたいという方にとってはうってつけのエージェントです。

残念ながら大阪や福岡の案件は扱っていないのでその地域で案件を探したい方はギークスジョブ一本かPE-BANKなどを利用するといいでしょう。

エージェント詳細公式ページ

 

フリーランスエージェントまとめ

以上の通り、フリーランスエージェントを厳選して6社を比較しつつおすすめの3社をまとめて紹介してきました。

冒頭でも書いている通りフリーランスになることで下記の恩恵をあずかることができます。

フリーランス転身するベネフィット
  • ほぼ100%単価が上がる
  • 自分で生きていく力がつく
  • 保証面で会社員と同等でフリーランスになることも可能

あなたが実際に行動に移すことで上記のような現実の変化を期待することができます。まだ迷っている方もまずはエージェントに無料相談しに行ってみることから始めるのが良いですね。

改めておすすめのフリーランスエージェントを紹介すると下記3つです。

フリーランスエージェントおすすめまとめ

念のため、上記を選定したエージェントが優れてる点を改めて書くと下記になります。

  • サポート面が厚い or 各地域にしっかり対応している
  • 実績がばっちりで商流浅い&マージンが少ないので単価が上がりやすい
  • 実際に使用してみて対応が良い
  • 広告にしっかりと投資してるのでエンジニアへの還元率が高い
  • 案件数が多い

フリーランスになる上でいろいろとメンタルブロックかかってしまうかもしれませんが、一歩踏み出すことで現実はどんどん変わってきます。

一歩を踏み出す後押しが欲しいという方は僕であれば背中を押すことも可能なので気軽にご連絡ください!

ptnimz@gmail.com

ABOUT ME
ミツキ
Webでの発信や自己探求が好きです。『周りの人と自分が生きたい人生を生きる』というのが人生のテーマで、今は妻に「仕事をしない選択をしてもらう」ことを目標に仕事をしています。これまでの略歴としては、東京の四大の文系学科を卒業後、独立系SIerに就職し社畜SEを4年した後にフリーランスエンジニアを5年。現在はフリーランスエンジニアしつつWebマーケターとして生計を立てています。プロフィール詳細こちら広告掲載やコンサル等お仕事の依頼こちら
SEライフログの人気記事